このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

「免罪符」の効用

最近、スーパーやコンビニに行くと、さまざまな健康飲料が並んでいるのを目にします。テレビでも、それらがいかに身体にいいかを訴える数十秒のプレゼンが、朝から晩まで繰り返されています。

 

しかし、本気で健康にいい生活をしたいなら、そんなものを毎日飲むより、それなりの運動を習慣づけるとか、酒やタバコを控えるとか、もっと言えば、ストレスの多い仕事をスッパリ辞めて、別の仕事を探すとかした方が、ずっと効果があるのではないでしょうか。

 

でも、健康のために本当にやるべきことを、誰もがためらいもなくできるなら、世界中で健康飲料が大量に飲まれ続けることにはならないわけで、そこには、みんなが健康飲料に手を出さざるを得ない、それなりの理由があるのだと思います。

 

たぶん、私たちにとって、それらは「免罪符」のような存在なのでしょう。

 

かつてヨーロッパでは、人々が教会から免罪符(贖宥状)を買う時代がありました。贖宥状とは、教会への献金と引き換えに、自分がこれまでに犯した罪への償いが軽減されることを証明する書状です。
ウィキペディア 「レオ10世による贖宥状」(贖宥状についての分かりやすい説明があります)

 

ふだんから信仰も言動も非の打ちどころがなく、自分は天国にまっすぐ行けると確信できる人間は、当時も決して多くなかったはずだし、かといって、たとえ地獄に落ちようと、自分はすべてを甘んじて受け入れると開き直れる人もほとんどいなかったでしょう。多くの人は、死ぬまでに延々と償い続けなければならない大小の罪を抱え込んでいただろうし、もしも償いを果たさないうちに死んでしまったら、向こうの世界でいったいどんな苦しみを味わうことになるかと、ひどい不安も感じていたのではないかと思います。

 

だから、とりあえず教会にカネを払うことで、早めに罪を償い、天国入りを確実にしようとするのは、死後のためという以上に、生きている間の安心を得るため、という側面が大きかったのではないかという気がします。

 

当時の人々も、死んだ後にそんなものが本当の役には立たないだろうということは、薄々分かっていたのではないでしょうか。でも、自分が払えるカネと、手に入る安心感を天秤にかけて、とりあえずは、カネで当面の安心を買うことを選んだのではないかという気がします。まあ、私は歴史に詳しくはないので、これはあくまでも素人の勝手な想像に過ぎませんが……。

 

健康飲料にしても、それが万能の秘薬だなどと思っている人はほとんどいないでしょう。しかし、健康にいい生活になかなか踏み切れない事情がある人が、その罪悪感みたいなものを、ささやかなカネと引き換えにいったん忘れ、問題を先送りにするために、それはちょうどいい存在なのだと思います。

 

とりあえずそれらを口にしていれば、体にいいことを何もしていないという心のモヤモヤからは逃げられるけれど、それで問題が解決したとは本人も思っていないでしょう。いつか、もっと本気を出した時には何とかするつもりだけど、今はそこまではできない、だからこれでしばらく静かにしていてね、と、自分の心をうまく丸め込む感じなのではないでしょうか。

 

もしも、そういう免罪符のような働きをしてくれるモノがなかったら、私たちにできることは、すぐさま健康にいいことを始めるか、それができない自分をいつまでも責め続けて苦しむか、それとも、問題があることを否定して、万事OKだと自分にウソをつくか、しかありません。

 

前の二つの選択肢は、どちらも苦しくて大変でしょう。三つ目の選択肢も、自分を偽ることで、より大きなストレスを抱え込むことになりますが、目の前の罪悪感から逃れたい一心で、自己欺瞞に逃げ込んでしまう人は、けっこう多いかもしれません。

 

そう考えると、健康飲料というのは、選択と行動の苦しみからしばらくのあいだ逃げられる、意外に便利な存在で、そういう選択肢がないよりは、ある方がずっとマシなのではないでしょうか。

 

こういうモノがあるおかげで、どちらを選んでも苦しい選択を、いったん保留にすることができるし、問題がまだそのまま残っていることを忘れないよう、リマインダーの役割をさせることもできます。 健康飲料を口にするたびに、それが最終的な解決ではないことを、それとなく自分に思い出させるのです。

 

しかし、習慣というのは、あまりに長いこと続けていると、本人にも、それがもともと何のためだったか分からなくなることがあります。

 

免罪符を購入した昔の人々も、それをカネと引き換えに手にする前の、なまなましい葛藤のようなものは、時が経つにつれて薄れてしまったのではないでしょうか。健康飲料も、何十回何百回と口にしていれば、そのうち、何も考えずに惰性で口にするだけの存在になってしまう可能性はあるでしょう。

 

そうなると、はた目には、本人にとって何の得にもならないことを延々と続けているようにしか見えないかもしれません。それでも、本人はやるべきことをやっていないという罪悪感からはとりあえず逃げ続けていられるわけだし、問題などないと自分を偽る苦しみも抱え込まずに済んでいます。そういう意味では、たとえ惰性であっても、そこにはそれなりのメリットがあるのです。

 

とはいえ、それが問題の先送りであることに変わりはないし、永遠にそれを続けられるものでもありません。

 

それに、健康のために生活を本格的に改めていけば、最初こそ苦しいけれど、やがてしっかりとした成果も見えてきます。本気で始める決意をして、できることから少しずつ取りかかり、あせらず着実に続けていくなら、しばらくは大変でしょうが、やがて新しい習慣が、自分の心身を少しずつ変えていってくれるでしょう。

 

せっかくそういう選択肢があるのに、健康飲料を飲み続けることで、それを保留にしたまま放置してしまうのは、とてももったいないことなのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 20:16, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

過去に光を当てる

以前にこのブログで、Spotifyを「懐メロ」プレイヤーとして使っているという話を書いたのですが、今でもたまに気が向くと、Spotifyで昔の曲を漁っては、自分用のプレイリストを作って楽しんでいます。
記事 Spotifyと「懐メロ」
記事 「懐メロ」の効用

 

今は、良くも悪くも激動の時代で、日々、驚くようなニュースには事欠かないし、新しいコンテンツも世界中で次々に生み出されています。若い人たちからすれば、最新の話題についていくだけでも大変だというのに、古ぼけた音楽にわざわざ目を向けている時間などないかもしれません。

 

しかし、もう若くない人間は、むしろ逆で、世の中のめまぐるしい動きについていけないからこそ、思いは自然と、古き良き過去へと向かっていくのです。

 

ある調査によれば、多くの人は、自分が中学生だったころの曲ばかり聴いているようだし、30代になると、新しい音楽を探すのもやめてしまうみたいです。つまり、ある程度歳をとった人間は、みんな懐メロばかり聴いているということになります。もちろん、例外はあるでしょうが。
大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている FNMNL
新しい音楽を楽しめるのは30歳まで? ニューズウィーク日本版
記事 過去に惹かれる心

 

Spotifyの公式プレイリストも、年代別のものがどんどん充実してきていますが、それも、中高年のユーザーの利用データなどを分析したうえで、彼らのニーズにそれなりに応えようとしてくれている、ということなのかもしれません。

 

個人的には、そうした年代別のプレイリストが増えたおかげで、昔の曲を探すのがさらに簡単になりました。

 

目当ての曲名やアーティスト名をはっきり覚えているなら、そのままダイレクトに検索すれば済むのですが、そういう曲は多くないし、自分で思いつく範囲のものは、もうだいたい検索し尽くしてしまっています。それに、そこまで深い思い入れがなく、曲名もアーティストも全く覚えていないけれど、当時、ラジオとか街頭で何度も流れているのを聞いて、サビのフレーズだけは記憶に残っている、みたいな曲は、めぼしいヒット曲を集めたプレイリストを片っ端からチェックするようなことでもしないと、なかなか見つけられないのです。

 

ただ、年代別のプレイリストは、Spotifyのトップ画面から何度かクリックしないとたどり着けないような、ちょっと分かりにくい場所に置かれています。例えば、デスクトップ版だと、現時点では、トップ画面の「Browse」から「ジャンル&気分」を選択し、そこからさらに「年代別」のコーナーを開き、多数のプレイリストの中から、どれか一つを選ぶ必要があります。

 

でもまあ、Spotifyを懐メロプレイヤーとして使う私のようなユーザーは、課金して月に何十時間も音楽を聴いたりはしないので、運営側も、ビジネスとして、そういう人々のためのサービスを重視することはないでしょう。むしろ、それにもかかわらず、年代別のプレイリストをいろいろ用意し、随時更新してくれていることに、大いに感謝しなければならないのかもしれません。

 

それはともかく、そうやって昔の曲をあれこれ聴いていると、ふと興味がわいて、ときどき、曲名をウィキペディアで検索してみることがあります。

 

みんなが知っているような名曲なら、どんな経緯で曲が生まれたのか、とか、どういう風にヒットしていったか、とか、その後どんなアーティストたちにカバーされたか、みたいな、さまざまなこぼれ話が書かれていることが多く、読んでいて面白いだけでなく、当時、何も知らずに聞き流していた一曲一曲の歌の陰に、深い人間ドラマがあったことを知り、同時代を生きていた人間として、さまざまな感慨も湧いてきます。

 

今思えば、自分が中学生や高校生だったころは、学校で習ったタテマエみたいなことを除けば、大人の社会についてのリアルな知識もなく、日々のニュースも何となく受け流しているだけで、それぞれの出来事にどんな意味があるのか、世界で何が起こりつつあるのか、ちゃんと考えたことなんてほとんどありませんでした。それよりも、思春期の不安定な心身を抱えた自分が、毎日を何とか無事に生きていくだけで精一杯だった気がします。

 

そういう意味では、当時の記憶といっても、自分と身のまわりの、ごく狭い範囲の経験に限られたものでしかなく、あとは誰でも知っているような大事件とか流行したモノなどが、断片的に浮かんでくるだけです。それでも、そのころの音楽を改めて聴いていると、その時代の雰囲気のようなものが、ぼんやりと蘇ってくるような気がするし、その曲やアーティストにまつわるエピソードを読んだり、関連するリンクをたどったりしていると、ああ、そういえばそんなこともあったなあ、という感じで、それをきっかけに記憶のフタがあちこちで開いて、昔のことを少しずつ思い出したり、当時は全く知らなかった意外な事実を知って、いまさらのように驚いたりするのです。

 

もちろん、そうやっていろいろなことを思い出したり、過去の事実を新たに知ったりしたところで、生きていくうえで何かの役に立つということはほとんどありません。

 

ただ、そうやって昔の出来事を脈絡なくたどったり、当時の雰囲気をぼんやり思い出したりして遊んでいると、過去の乏しい記憶の世界が、少しだけ色鮮やかに、そしてポジティブで温かな雰囲気に変わっていくような感じがします。

 

私が10代だったころは、とにかく視野が狭くて愚かで未熟だったから、その当時のオリジナルの記憶も、そんな自分の、相当に歪んだ世界観や価値観のフィルターを通して受けとられ、心に刻み込まれたものばかりです。まあ、今思えば、そのひどい歪みこそが、自分が人間として生きていたという証でもあるので、それなりに大切なものではあるのですが、同時に、そうした記憶の歪みが今に至るまでずっと尾を引いて、いろいろとネガティブな影響をもたらしているのも確かです。

 

しかし、いま、私たちには、インターネットが与えてくれる膨大な情報があります。懐メロをはじめとする過去のコンテンツだけでなく、自分以外の無数の人々が過去をどのように生きてきたのか、それぞれの視点によるさまざまな人生経験とその意味づけがネット上にあふれており、それらを通じて私たちは、ちっぽけな自分というフィルターを通した過去だけでなく、多様な人々が生み出す壮大なドラマとしての過去の世界を、その細部にいたるまで飽きることなく見ていくことができます。そして、自分の記憶もまた、人類を主人公にした超大河ドラマのささやかな一部であることが分かれば、苦しかったり悲しかったりした過去の出来事でさえ、ただのムダな経験ではなかったような気がしてきます。

 

もちろん、いくら当時を振り返ったところで、過去をやり直すことはできないし、先ほども書いたように、今は今で、世の中は激しく動いていて、一瞬たりとも目が離せないような状況なのだから、それがどんなに心地よく癒される体験だからといって、過去の世界にばかり浸っているわけにもいかないでしょう。

 

それでも、そうやって、現在のネットが可能にした圧倒的な情報量をもって過去に光を当てることで、過去の出来事を変えることはできなくても、自分の過去をどう意味づけるか、その解釈はもっとポジティブなものに少しずつ変えていくことができます。そして、たとえそこまではいかなくても、過去の世界に何度か親しんでいるうちに、それは、ずっと放置されたままだった、ほこりだらけの物置小屋のような世界から、しばらくのあいだ心を休めることくらいはできそうな、ほんのりと温かみのある世界に見えてくるかもしれません。

 

もしかすると、歳をとった人間が、懐メロみたいなものにだんだん興味が湧いてくるのは、現代の世の中の動きについていけなくなったからだけではなく、心の片隅に封印したり放置したままだった過去のさまざまな記憶とそろそろ向き合う準備ができた、というサインでもあるのかもしれません。

 

恥ずかしかったり情けなかったりしてずっと目を背けてきた当時の出来事も、さすがに何十年も経てば、何とか耐えられるくらいにはなるだろうし、人生経験を重ね、それなりに知恵もついてきた今の自分は、ずっと昔の自分の判断や行動を、あるていど冷静に、寛容に受け止めることができるようになっているでしょう。

 

Spotifyで昔の懐かしい曲を聴いて、久しぶりにゆっくりと過去の感傷に浸ったら、あのころ、わけもわからず精一杯生きていたのは自分だけではなく、まわりの人々もほとんどがみなそうだったのだということを改めて思い、それに免じて、かつての自分の数々のあやまちを許してあげるのもいいかもしれません。もちろん、何でもかんでもOK、というわけにはいかないでしょうが……。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 20:33, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

旅立ちのちょっと大げさな覚悟の効用

先日、紛争地帯で拘束されていた日本人ジャーナリストが、数年ぶりに無事解放されました。

 

ほとんどの旅人は、紛争地帯に足を踏み入れたりはしないので、そこまで危険な目に遭うことはめったにありませんが、まったくゼロとは言い切れません。戦争中の国でなくても、身代金目的などで、旅人が誘拐されるようなケースはあり得ます。だから、彼の体験談は、他人事には思えないところがありました。
記事 バックパッカーと「自己責任」 (1)

 

そして、旅の危険は、誘拐や拘束だけではありません。自然災害や政治的な騒乱や交通事故に巻き込まれたり、強盗や窃盗、詐欺の被害に遭ったり、病気やケガに苦しんだり、道に迷ったり悪天候で遭難したりする可能性もあります。

 

もちろん、いわゆる先進国を周遊するグループ・ツアーとか、リゾート滞在みたいな旅なら、そういう危険に遭うことはまずないので、旅立ちに際して、いざというときのための覚悟とか、身辺の整理をわざわざするような人はほとんどいないと思います。

 

しかし、開発途上国を長期間放浪するとか、登山やトレッキングで自然の中に分け入っていくとか、現地でけっこう危険なスポーツに挑戦するような場合には、ひょっとしたら、という考えが、チラッと頭をかすめる人もいるでしょう。人によっては、そうしたリスクに備えて、サバイバル・グッズを用意するとか、予防接種を一通り受けておくとか、保険に入るとか、緊急時の連絡手段を確保するなどの、さまざまな準備をしたりするのではないでしょうか。

 

また、そうやってしっかりと旅の準備を重ね、もしもの場合について具体的に想定するうちに、それなりの覚悟がおのずとできていく、という側面もあるかもしれません。

 

私もかつて、初めて長い旅に出る前には、家財道具を整理したうえで、何かあったときには身内がすぐに見つけられるよう、役所や銀行関係の書類とか、連絡先のリストなどを、分かりやすいところにまとめておくくらいのことはした記憶があります。

 

とはいえ、さすがに、遺言めいたものを書くとか、家財道具をきれいさっぱり処分するところまではやりませんでした。実際、それではあまりにも大げさで気恥ずかしいし、ひょっとして旅先で死ぬつもりではないかと、周囲から変な誤解をされるかもしれません。それに何より、帰国後に、再び生活を始めるのが大変になってしまいます。

 

そういえば、旅に出るときは、むしろ逆に、部屋を散らかしたままにする人がいるという話を、昔どこかで読んだことがあります。出発前に身辺をきちんと整理すると、何だかそのまま死んでしまいそうな気がするので、ちゃんと戻ってこられるように、あえて部屋をごちゃごちゃにしておくというのです。

 

たしかに、それはそれで面白い発想だと思いますが、自分もそうしようとは思いませんでした。それに、本当に何かあった場合、それでは関係者が大いに迷惑することになりそうです。

 

ただ、現実に旅がどれくらい危険なのかを、統計データなどもふまえて冷静に考えてみると、あえて治安の悪い地域に立ち入ったり、危険な活動をしたりせず、常識的な判断を働かせて行動していれば、危険度は、日本で普通に暮らしているのと、さほど変わらないのではないかと思います。それに、交通網など旅行関連のインフラ整備や、ネット上にあふれる有益な現地情報によって、旅自体も基本的に、年々便利で安全で快適になっていると言えるのではないでしょうか。
記事 危険なイメージと実際の危険

 

だから、自分が旅のさなかに死ぬかもしれないなどと考えることは、現実のリスクにくらべれば、かなり過剰な反応なのかもしれません。旅が昔よりもずっと気楽なものになっているにもかかわらず、私たちは今でも、無意識のうちに、旅を危険や死と強く結びつけてしまいがちなのではないでしょうか。

 

でもそれは、全く意味のない、バカバカしい反応だとは言い切れないと思います。

 

むしろ、自分の死をちょっとでも想像してみたり、たとえ表面的なレベルでも、それに備えた具体的な行動を始めてみることは、現在の自分の生活や生き方を、少し離れた視点から批判的に振り返る、非常にいいきっかけになるのではないでしょうか。

 

ふだん私たちは、まるで永遠に生きられると約束されているみたいに、今日とほとんど同じ明日が、当たり前のようにやってくることを疑わずに暮らしています。そして、変わらない毎日を迎える自分もまた、いつもと変わらないままでいられると思っています。そんな毎日を退屈だと思うこともないわけではありませんが、何もかもが予定調和で展開する安心感に、限りない心の平和を感じてもいます。

 

その一方で、私たちは、自分がこのまま変わらないで済むために、意識的・無意識的に、さまざまな変化の兆しから目を背け、昨日と同じパターンの日常を、何としてでも守ろうとしています。生活の急激な変化や混乱は、私たちにとって、あってはならない恐ろしいことであり、死は、その最たるものです。

 

私たちは、旅に出るときでさえ、多くの場合、生活に大きな変化を与えることを望んではいません。それは、退屈な毎日にちょっとだけ刺激を与えてくれる、娯楽や気晴らし程度であれば十分で、生活を激変させたり、人生を揺るがしたりすることまでは求めていないのです。

 

それでも、人によっては、あるいは、時と場合によっては、そんな変化のない日常にうんざりし、自分の生活に波紋をもたらすことも承知で、もっと挑戦的な旅を求めることがあるかもしれません。

 

もちろんそれは、本人の中に、期待と不安の激しい感情を引き起こすことでしょう。そして、いいことにせよ、悪いことにせよ、旅先で何か予想もしないことが起こるかもしれないと想像するだけで、これまでの強固な日常の感覚に、ちょっとした亀裂が入ることになります。

 

さらに、実際に旅に出れば、ふだんとは全く違う場所や環境や人間関係に身を置いて、全く違う行動をすることになるし、時間の流れ方もぜんぜん違います。当然、そこでは、頭の中を流れていく思考のパターンも、いつもとはかなり違うものになっているはずです。いつもだったら、平和な日常を破壊してしまいそうな気がして、必死で封じ込めているような思考でさえ、意識の表面に現れてくることが可能になります。

 

自分が死ぬかもしれないという考えも、最初のうちは、大げさで突飛で、抑圧すべき不吉な発想にしか思えないでしょう。しかし、旅という非日常に飛び込んで、思考と行動のパターンがいつもと違ってくる中で、人によっては、恐れや抵抗をそれほど感じることなく、けっこう素直に、死について、そして自分の人生について、あれこれと思いをめぐらすこともできるようになるのではないでしょうか。

 

例えば、もしも自分が今ここで死ぬことになったら、これまでの人生を後悔するだろうか、後悔すると思うなら、どこで何を失敗し、何をやり残しているのか、それを今やらないのはなぜなのか……みたいな素朴でストレートな問いは、人によっては、これまでに自分が作り上げてきた平穏な暮らしをひっくり返してしまうようなインパクトがあるかもしれません。しかし、誰もがいつかは人生の終わりを迎えるのだから、遅かれ早かれ、みんながそうした問いに向き合うしかないのです。

 

それでも、旅を繰り返しているうちに、そういう問いは、別に、日常の平穏を脅かすだけのものではなく、むしろ逆に、よりよい日常をもたらすために、自分が今何をしたらいいのか、スッキリとした見通しを得るきっかけになることや、旅という非日常が、そういうことをゆっくり考えるための、いい機会になっていることも分かってくるでしょう。

 

というか、別に旅にこだわる必要はないのですが、非日常をもたらす何らかの機会をたまには自分に課し、しばらくのあいだ日常から離れて、ふだんとは別の視点から自分の生き方を見直すようにしておかないと、いつもと同じ毎日を過ごす安心感に浸っているうちに、何十年もの時間があっという間に過ぎ、ふと気がついたときには、人生の残り時間があとわずか、ということになってしまうかもしれません。

 

安心安全な生活を求めるあまり、変化や混沌や死を毛嫌いするのではなく、むしろ生活の中に、たとえささやかであっても、そうしたものの居場所を与えることこそ、私たちにとっては大事なことなのではないでしょうか。そして、自分にとって少しだけ挑戦的な旅に出るというのは、非日常を通じて、そういうものを生活の中に取り込んでいくきっかけとなる、とてもいい方法のひとつなのかもしれません。

 


記事 旅の名言「気をつけて、でも……」

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:46, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)