このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< February 2015 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
Locations of visitors to this page
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

進化するテクノロジーと変われない人間

今年の1月から5回にわたって放映された、『NHKスペシャル NEXT WORLD』を見ました。
NHKスペシャル NEXT WORLD 私たちの未来

番組は、コンピュータによる未来予測、寿命の延長、人体のサイボーグ化、バーチャル・リアリティ、宇宙開発など、さまざまな分野の最新テクノロジーを紹介しつつ、そうした技術がさらに進んだ30年後の未来社会を描き出そうというものです。

紹介されていたテクノロジーに関しては、ネット上のニュースなどで、すでに何度か見聞きしていたものが多く、それほどの驚きはありませんでした。ただ、冷静に考えてみると、それらの技術は、数年前なら夢物語にしか聞こえなかったようなものばかりです。このところ、すごいニュースに接するのが当たり前みたいになっていて、私の感覚がマヒしているのかもしれません。

それはともかく、人工知能にせよ、サイボーグ技術やバーチャル・リアリティにせよ、それらはみな、人間の欲望を刺激し、新たなビッグ・ビジネスに育つ可能性を秘めているだけに、今後ますます多くの人々とカネを巻き込み、その結果、技術の進化はさらに加速していくことでしょう。

一方、番組では、2045年の未来社会の暮らしがミニ・ドラマ(というよりミニ・コント?)で描かれるのですが、そちらには大いに違和感を覚えました。未来世界のはずなのに、みんなぞろぞろ揃って職場に「通勤」するなど、人々の思考や行動のパターンが、妙に古くさいのです。

まあ、これについては、びっくりするようなテクノロジーを続けざまに見せられ、頭がパンクしそうな私たち視聴者に、少しはホッとできるような、ベタな人情ドラマを見せてバランスをとろうという趣向なのかもしれません。

あるいはそれは、今後30年でどれだけ技術が進歩しようと、それを使う人間の側は変わらない、というか、変わりたくてもなかなか変われない、ということなのかもしれません。

例えば、30年前の1985年あたりを振り返って、そのころを基準に現在を見れば、たしかに世界は大きく変わったし、技術革新も進みました。私たちは、インターネットという新しい世界を手に入れ、ケータイやスマホを肌身離さず持ち歩くようになったし、それによって、日常生活のパターンにもかなりの変化がありました。ただ、私たちの世界観や価値観、つまり、この世界をどんな風にとらえ、人生において、どんなことを大事だと考え、何に幸せや喜びを感じるのかという基本的な部分では、ほとんど何も変わっていないような気がします。

そう考えると、これから先の未来に関しても、ある程度は、同じようなことが言えるのではないでしょうか。

今後も、人類の中の非常に優秀な人々が、驚くような発明をし続けるだろうし、それらを新しいビジネスに育てていく人もいるでしょう。また、急速に発展しつつある人工知能やロボット技術などが、そうした動きをさらに加速していくことになるのでしょう。

しかし一方で、世の中の大多数を占めるごく普通の人々は、子供の頃に育った環境とか、学校で学んだことなど、若いころにどんな体験をしてきたかによって、世界観や価値観の大枠が固まってしまっていることが多いし、その枠を自ら乗り越えて変わっていけるような人は、とても少ないのではないかと思います。

30年後の2045年になっても、きっと、昭和生まれの人々が、まだ元気に暮らしているはずです。もしかすると、若返りのテクノロジーによって、現役バリバリで働いているかもしれません。そして、その多くは、自分が若いころに身につけた昭和的な価値観を、しっかりと守り続けているかもしれません。

もちろん、それは決して悪いことではないと思います。伝統的な価値観は、それが古いという理由だけで否定されるべきではないでしょう。

ただ、新しいテクノロジーに幼少の頃から親しみ、それがもたらす新しい可能性につねに心を開き、自らを変えていくことを厭わないような「新しい世代」の人々、その中でも特に、人類のフロンティアをどんどん押し広げ、遺伝子操作やサイボーグ化によって、生命としての人間のかたちそのものすら、どんどん変えていこうとする先鋭的な人々と、「古い世代」の人たちとの意識の断絶は、そのころになると、絶望的なまでに大きくなってしまうのではないでしょうか。

これまでの人間のあり方を、人類全体として守り続けるべきなのか、それとも、個々の人間が、自らの欲望に忠実に、多様な可能性を極限まで追い求めていくべきなのかについては、どちらがいいとか悪いとか、単純に答えを出せる問題ではないし、できることなら、さまざまな世代のあらゆる立場の人々が慎重に考え、議論すべきことなのでしょうが、すでに現時点でも、社会的な合意形成やルールの制定が現状に追いつかなくなりつつあり、いずれは、「新しい世代」の人々をコントロールし切れなくなる気がします。

世の中の多数派である、なかなか「変われない」人々と、ごく少数だけれど、非常に高い能力をもった、「変われる」、もしくは「変えてしまう」人々。その価値観の根本的な相違は、やがて、私たちの「人類」としての一体感すら失わせ、SFやアニメの世界でおなじみの「独立戦争」みたいに、立場や考え方が異なる人々の生活圏を分断して、別々の世界を生み出していくことになるのかもしれません。もしかすると、新たなテクノロジーがこの地球上のどこか、あるいは宇宙のどこかに、人間の住める新しい土地を用意し、かつてのように、狭い土地をめぐって壮絶な殺し合いをすることなく、そうした住み分けを可能にするかもしれません。

いずれにしても、「変われる」人々なら、どんな未来がやってこようと、そこに可能性や面白さを見つけ出し、それなりに楽しくやっていけるのでしょう。しかし、それが難しい人間にとっては、社会のめまぐるしい変化自体がストレスになって、せっかく長生きできても、人生をあまり楽しめないのではないかという気がします。

私も昭和生まれの一人ですが、もし30年後に生き残っていたら、未来社会を心から受け入れることができるでしょうか……。

ただ、第2回の放送で紹介されていた、「脳を柔らかくする」薬(バルプロ酸)のような研究がもっと進んで、年齢を重ねた人でも、学習能力や環境への適応力を高められる方法が見つかれば、テクノロジーの力を借りて、多くの人間が「変われる」ようになるかもしれません。

でもまあ、そのころには、映画の『三丁目の夕日』みたいな古きよき昭和の世界が、バーチャル・リアリティで完璧に再現できるようになっているはずです。時代の流れについていけず、かといって、薬を飲んでまで世の中に適応したくない「古い世代」の人々も、バーチャルな昭和時代に引きこもり、その中で昭和っぽいキャラクターの人工知能と「交流」すれば、それなりにストレスなく生きていけるようになるかもしれません……。


JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

at 18:50, 浪人, テレビの旅

comments(0), trackbacks(0)

謹賀新年 2015

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、リアル世界・ネット世界のあちこちから飛び込んでくるニュースに目を奪われているうちに、あっという間に終わってしまった感じでした。

悲しみを誘う出来事があれば、笑うしかないドタバタ劇があり、謎めいた事件や不穏な動きもありました。

ニュースに接していて、いつも頭をよぎるのは、こうしたあわただしい出来事の陰で、もっと重要な社会変化が着実に進行しているのではないか、それは別に、誰かが故意に隠しているわけではなくて、私たちの誰もが、現時点ではそれをうまく言葉で把握できないために、何がどうなっているのか、はっきりしたイメージを持てないでいるのではないかということです。

何が起きているか認識できない以上、それが自分たちにとっていいことなのか、悪いことなのかも分からず、当然、それに対するリアクションのとりようもないのですが、あるときふと気がついたら、今までとはまるっきり違う、全く新しい世の中が姿を現していて、そのときにはもう、それを受け入れるしかなくなっているのかもしれません。

何十年後かの未来を生きる人々なら、その変化がどんなものかよく分かっているはずで、彼らと同じ知識を持って今の時代を生きられたら、余計な心配もせず、目の前で歴史が動いていくさまを心から楽しめそうですが、もちろんそんなことは不可能です。私たちは、それぞれのちっぽけな個人の視点から、ものすごい速さで変わっていく世界を呆然と眺めつつ、先の見えない決断を繰り返すしかありません。

そんな状況で、私たちにできることがあるとしたら、それは、どんな動きにも素早くついていけるよう、身の周りをシンプルに保ちつつ、いろいろな方向にアンテナを張り、そして、あとで悔いのないように、自分が本当にやりたいと思っていることを、(もちろん他人の迷惑には配慮しつつ)できるだけ実行に移していくことくらいでしょうか。

何だか、いつも同じようなことを書いている気がしますが……。

2015年が、皆様にとって、有意義な一年でありますよう、お祈り申しあげます。


JUGEMテーマ:日記・一般

at 11:04, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

異物混入

先日、ある有名なカップ焼きそばにゴキブリが混入している写真がネット上を駆けめぐり、メーカーが商品の販売中止と回収、工場の操業停止に追い込まれました。

回収騒ぎは他社にも飛び火しているようで、食品業界の関係者は、しばらくのあいだ、いろいろと神経をすり減らす日が続くのではないでしょうか。

一連のニュースをきっかけに、もうずっと昔、ラオスのヴァンヴィエン(バンビエン)に滞在していたときの、ささやかな出来事を思い出しました。

ヴァンヴィエンは首都のヴィエンチャンからバスで数時間のところにある、山間の小さな町です。周辺では洞窟めぐりや川下りなど、それなりのアトラクションを楽しめますが、どちらかというと、何もない田舎でボケーッとしたい人向けの場所で、バックパッカーの間では「沈没地」としても有名です。
ウィキペディア 「ヴァンヴィエン」

ある日の昼下がり、宿の近くをぶらぶら歩いていて、地味な食堂に目が止まりました。

いまとなっては記憶も曖昧なのですが、それは掘っ立て小屋のような、粗末なつくりのみやげ物屋の片隅にテーブルを置いた、いちおう食事も出せます、みたいな感じの店だったと思います。

そのときは店番の若い女性が一人いただけで、ほかに客の姿もありませんでしたが、ふと、そこで昼メシを食べようという気になって、店に入りました。いつもはその近くにある、ツーリスト向けの食堂ばかりに通っていたので、たまには別の店を試してみようと思ったのです。

とりあえず、その店にも英語のメニューくらいはあったのでしょう。私は、その中から、野菜入りのヌードル・スープを注文しました。

値段は、外国人相手の食堂よりも、かなり安かったような記憶がありますが、料理自体はとりたてて特徴もない、ごく普通の味でした。

食べ始めてしばらくして、スープの中に、数センチの茶色い破片が浮かんでいるのに気がつきました。

よく見ると、昆虫の羽根です。バッタかコオロギでしょうか。

でもまあ、そこはちゃんとした壁もないような店だったし、風に吹かれてゴミが飛んできたのかな、まあ、こういうこともあるだろう、と思って、箸でつまみ、土間になっていた床に捨てたのですが、再び食べ始めると、さらに同じような破片がいくつも浮き上がってきます。

ゲッ、と思いました。羽根一枚ならともかく、何枚ともなると、気持ち悪さが半端ではありません。

それにこれは、バッタやコオロギではなくて、「あの虫」の羽根では……。

ただ、スープの中に「本体」は見つかりませんでした。知らないうちに食べてしまった可能性もゼロではないけれど、それらしい歯ごたえや違和感は感じなかったので、たぶん、野菜か何かに紛れ込んでいた虫が、調理の過程でバラバラになって、その一部がスープに入ってしまったのでしょう。

昆虫に詳しくない私には、その虫の正体は分かりません。しかし、分からないだけに、かえって、余計な想像がどんどんふくらんでいきます。

すでに、食欲はすっかり消えていましたが、かといって、店のお姉さんを呼びつけて、クレームをつけるのもためらわれました。

お互いの語学力の問題で、話がうまく通じないだろうと思ったのもありますが、かりに文句を言ったところで、変なスープを飲んでしまった事実がなくなるわけではありません。

それに何より、ここはラオスの田舎です。この程度のことは、文字どおりの「日常茶飯事」ではないでしょうか。店員さんからすれば、何か面倒な客が、虫一匹のことで大げさに騒いでる、くらいにしか思わないかもしれません。

もしそうなら、ことを荒立てても、きっと何の解決にもならないし、むしろ、独り相撲みたいになって、いっそう惨めになるだけなのでは……。

そんなことをあれこれ考えるうちに、すべてがどうでもよくなってきました。

そして逆に、食べかけの料理を残すのも何だかもったいない気がしてきて、虫の破片を全部つまみ出すと、残りを完食し、何事もなかったように店を出ました。

さいわい、その後、「健康被害」はありませんでした。まあ、さすがにその店に再び足を運ぶことはありませんでしたが……。

アジアの田舎の食堂みたいに、衛生面でいろいろ問題がある状況だと、利用者は、常に注意深くなければならないし、何かトラブルがあっても、結局は、自分の判断が甘かったとか、運が悪かったとあきらめるしかありません。そういう環境で暮らしていくのは、誰にとってもけっこうハードだと思うし、私も旅から帰るたびに、日本の清潔さに感動します。

かといって、今回の焼きそばの混入事件みたいに、ゴキブリ一匹で日本中が大騒ぎし、メーカーの存亡に関わるほどの一大事になってしまうのも、それはそれで、ちょっと行き過ぎではないかという気がします。

安心・安全の追求は大事なことではありますが、絶対的な安心を求めても際限がないし、それは当然、手間やコストの増加にもつながります。それに、ミスやトラブルが全く許されない状況は、関係者に異常なまでの緊張を強いることになるでしょう。

今後もきっと、食品に異物が混入している写真などが、ネットにたくさん出回ることになると思いますが、そういうミスをゼロにはできない以上、それが健康に直接被害をもたらすほど深刻なものでないなら、私たちにも、それを冷静にスルーする大らかさが必要になってくるのかもしれません。

 
JUGEMテーマ:旅行

at 19:14, 浪人, 地上の旅〜東南アジア

comments(0), trackbacks(0)