このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

探求と選択と自覚のプロセス

◆ ネット上の情報選択

 

以前にもこのブログで何回か書きましたが、私はネット上での情報収集のために、今でもRSSリーダーを愛用しています。
記事 カレイドスコープ・メディアの時代?
記事 RSSリーダーの「断捨離」
記事 最強のエンターテインメント?

 

ずっと昔、RSSリーダーを使い始めたころは、登録したサイトの数もそれほどではなかったので、ちょっとした散歩でもするような気持ちで、見出しをざっと眺めてみたり、気になった記事を読んでみたりという作業を、行き当たりばったりに繰り返していました。

 

しかし、チェックしたいサイトの数がどんどん増えて、フィードの数も膨大になると、気分にまかせてあちこち寄り道するようなやり方を楽しむ余裕がなくなりました。それではとにかく疲れるし、時間がかかりすぎます。いったん始めたチェック作業がいつ終わるのか目処が立たず、好きなことをしているはずなのに、だんだんイライラしてくるのです。

 

それでも、毎日膨大なフィードを処理しているうちに、おのずと、作業の流れのようなものが確立されていきました。今は、RSSリーダーを立ち上げるのは一日2〜3回ほどに制限し、そのさいにはできるだけ時間をかけず、自分の興味関心にうまく当てはまるものとか、特に理由はないが何となく気になるものを、流れ作業で瞬時に選別する感じで、読む記事と読まない記事とをどんどん振り分けていきます。

 

この時点で、一度読まないと判断された記事を、あとで読むような機会は二度とありません。明日になれば、いや、数時間後には、RSSリーダーに次の新しいフィードが大量に溜まっているので、もはや、過去にさかのぼって記事の再チェックをしているような時間はないのです。だから、一瞬の判断で読まないと決めた記事については、初めから縁がなかったということで、すっぱりと忘れ去るしかありません。そして、読むと決めた記事だけを、後で時間をみつくろって、少しずつ読んでいきます。

 

とはいえ、こういうフィードのチェック作業には、かなりの集中力が必要だし、目も頭もけっこう疲れます。それに、こうした作業に毎日かなりの時間もかかっているので、それらが自動化できたら、かなり楽だろうな、とは思います。実際、ネット上のさまざまなサービスも、そういう方向に向かって開発と進化が進んでいるように見えます。

 

 

 

◆ 探求と選択と自覚のプロセス

 

そして、日常生活において、こうしたチェックや選別のプロセスというのは、至るところに存在します。

 

例えば、テレビのザッピング。私たちは、ひとりでボーっとテレビを見ているときなど、チャンネルを目まぐるしく変えながら、見たい番組を決め、それと同時に、いくつもの裏番組という別の選択肢を捨てていきます。

 

あるいは、私たちは、巨大なショッピングモールやネット通販のサイト上を、特にあてもなくぶらついたりします。そして、ゆっくりと時間をかけ、膨大な商品の山に目を泳がせながら、その中のごくごくわずかな、自分が本当に欲しいと思うものだけを選び出していくわけですが、それは同時に、他の無数の商品を購入する可能性を、バッサリと切り捨てていくことでもあるのです。

 

私たちは日夜、ムダとしか思えないような多大な時間と手間暇をかけて、目の前に広がる数え切れない選択肢に目をやり、それを自分の興味関心や必要性とつき合わせ、その中から、選ぶべきわずかなものだけをすくい上げています。そのプロセスはふつう、ほとんど無意識のうちに行なわれているので、自分の心の中で何が起きているか、きちんと自覚されることはめったにありません。しかし、実際には、そうやって無意識の選別が行われるたびに、自分はどういう人間で、何を欲しているのか、つねに自分自身への問いかけがなされているはずです。

 

そしてそれは、自分の興味や関心という、そのままでは漠然としてとりとめのないものを、見たいテレビ番組とか、欲しい商品を選ぶという行動を通じて、具体的なイメージやモノという、目に見える形に変換していくことでもあります。

 

私たちは、そういう活動を毎日のように繰り返すことで、自分がどんな人間であり、何を求め、どこに向かって進もうとしているのかを確認し、それを分かりやすいイメージとして自覚していくのだと思います。実際、私たちが、自分はどういう人間かと考えるとき、頭の中には、これまで自分が選び、好きになった商品やコンテンツ(の集合体)が浮かんでくることも多いのではないでしょうか。

 

もちろん、この世界全体が常に変化しつつあるように、私たちの興味や関心も、自分自身のイメージも、時間とともに少しずつ変化していくわけですが、日々休むことなく繰り返される、そうした探求と選択のプロセスを通じて、これまでの自己イメージにはなかった、新しい自分の姿がおぼろげに見えてきたりすることもあるでしょう。

 

そうやって、時間とともに移り変わっていく私たちの自己イメージの分かりやすい輪郭を形作り、また、新たな自分の可能性につながっていく、という意味では、一見ムダに費やされているようにしか見えない、そうした探索と選択の時間は、私たちが思っている以上に大事な時間だったりするのかもしれません。

 

 

 

◆ プロセスを効率化したいという欲求

 

ただ、そうした作業は、いつもほとんど無意識のうちになされているし、はっきりとした方向性の見えない、行き当たりばったりのものであることも多いので、本人としては、それを単純にムダなことだと思い、そういう時間を何とかして減らせないかと考えてしまいがちだと思います。膨大なTV番組の中からどれを見るかという選択にしても、ショッピングにしても、自分でじっくりと迷いながら決めていくよりも、何を選んだらいいか、失敗しない最良の選択肢を誰かに示してほしいと思う人は多いのではないでしょうか。

 

また、ネット上の情報収集にしても、RSSリーダーにサイトをいちいち登録したり、それを毎日チェックしたりするよりも、自分のネット上の活動から生まれる膨大な個人データをAIに分析させ、自分が特に何もしなくても、オススメの情報が自動的に提示されるようにしてほしい、その方がずっと楽だし時間も節約できるから、と考える人は多いと思います。

 

ただ、近い将来、そうしたプロセスがどんどん自動化されるようになれば、私たちは、これまでほとんど無意識のうちにおこなってきたさまざまな探求活動に対して、さらに無自覚になってしまうでしょう。そして、無自覚になれば、そういう探求の本当の価値に気づかないまま、それに費やしていた膨大な時間を、単なるムダな作業として簡単に捨て去ってしまうかもしれません。

 

しかし、そうなれば、自分が何者であるかという根本を、つねに問い直し続けるという重要なプロセスを、人間以外の何かにゆだねることになってしまいます。大げさな言い方をすれば、それによって、自分がどんな人間かを自覚するきっかけすら失う人も出てくるかもしれないし、いったんそうなれば、自分が何者かを決めるのは自分ではなくなり、誰かに与えられた「自分の定義」から抜け出せなくなってしまうのではないでしょうか。

 

それは、いつまでも覚めることのできない夢のようなものであり、ある意味では悪夢とさえ言えるのかもしれません。

 

 

 

◆ 「何となく満たされない」という思いが導くもの

 

しかし、テクノロジーの発達によって、膨大な個人データをもとに、アルゴリズムがすべてを先回りして示してくれる世界、言いかえれば、親切すぎる機械に囲まれた息苦しい世界ができあがったとしても、私たちがそこから永遠に抜け出せないということはないでしょう。

 

私たちは、そうしてあてがわれた世界の中でずっと過ごすことになるとしても、そのうちにきっと、何となく面白くない、満たされない、という形で、違和感を感じ始めるはずです。

 

そして、違和感をもった人々の一部は、おせっかいで埋め尽くされた日常の外側にどんな世界が広がっているのか、その未知の世界を見てみたいという衝動に駆られ、実際にそれをせずにはいられなくなるのではないでしょうか。

 

 


◆ すでにあるものを選ぶだけでは限界がある

 

もちろん、ここまでの話は、説明しやすくするためにかなり単純化しています。

 

そもそも、いくら世界中を探索しても、私たちそれぞれにピッタリの選択肢が、何かのコンテンツや商品という形で、どこかに必ず見つかるという保証はありません。誰かがすでに表現した何か、誰かが商品として発売した何かを検索し、それらの中から自分の好きなものを選ぶだけで、自分が何者であるかについてすべてが分かってしまうほど、この世界は簡単ではないと思います。

 

私たち自身について、本当に肝心なところは、そうやって誰かがすでに表現したものを超えて、私たち自身にしか表現できない、あるいは、表現することなどできない、もっとオリジナルで微妙な「何か」としてしか見出せないのかもしれません。そして、そうした、まさに自分だけのために用意されていたような何かをかいま見たときに初めて、人は本当に、それを何とかして表現したいという欲求にかられるのではないかという気がします。

 

もっとも、そのオリジナルな何かを自分なりに形にするのは、たぶん、出来合いの商品を選択するような行為よりも、はるかに困難なプロセスになるのでしょうが……。

 

それでも、たぶん私たちは、「何となく満たされない」という思いに導かれる形で、やがてはそうした表現活動にも踏み込んでいかざるを得なくなるだろうし、近未来の世の中では、そうした活動こそが、人々の興味関心の中心になっていくのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

at 20:02, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

美しいから欲しいのか、高価だから欲しいのか

先日、非常に面白いだけでなく、実に考えさせられる記事を読みました。

 

この地球の地下深くには、途方もなく大量のダイヤモンドが存在するらしいが、残念ながら、現代のテクノロジーではそれを掘り出すことができない、という内容です。

 

1000兆トンのダイヤモンドが地中深くに眠っていることが判明 GIGAZINE

 

今の私たちにとって、ダイヤモンドはとても貴重な宝石ということになっていますが、それはあくまで人間側の事情によるもので、宇宙的なスケールで見れば、それはごくごくありふれた鉱物にすぎないし、未来の人類が宇宙に進出していくようになれば、ダイヤモンドなんていうのは、砂利の代わりに庭に撒くような代物になってしまうのかもしれません。

 

というか、現時点でも、技術の進歩によって、天然モノとほとんど変わらないレベルの人工ダイヤを安価に製造できるようになり、専門家でもその違いを区別するのが難しくなりつつあるようです。
記事 古酒促成

 

もしも将来、簡単に採掘したり、いくらでも生産できるようになったりして、ダイヤモンドが道端の石みたいにありふれた存在になるとしたら、それでも人々は、今みたいにそれを美しいと感じることができるのでしょうか。

 

今、私たちがダイヤモンドに感じている美しさは、カット技術の進歩とか、業界による高級イメージの刷り込みの成功もあるでしょうが、それ以上に、希少さによる経済的な価値の高さによって、実際以上に輝いて見えてしまっている部分が大きいのではないかという気がします。

 

私たちがダイヤモンドの輝きに魅せられ、何としてでも手に入れたいと思うとき、それは、ダイヤモンドというモノ自体を欲しているというよりは、それが象徴する豊かさのイメージや、希少なものを独占し、誇示できる社会的地位の証しこそを求めているのかもしれません。

 

そして、そうした欲求を生み出す人々の価値観自体も、歴史的に大きく移り変わってきました。ダイヤモンドに限らず、鉄などの金属にしても、コショウなどのスパイスにしても、ガラスや陶器などの工芸品にしても、時計などの精密機械にしても、それぞれの時代と社会において、そうした希少で価値あるとされるモノに多くの人々が魅せられ、それらを求めるあまり、ときには悲惨な争いさえ起きました。

 

しかし、人類のテクノロジーの進歩、生産の拡大やコストダウン、流通ルートの整備などによって、それらはより多くの人が簡単に手に入れられる、ありふれた存在になっていきました。

 

考えてみれば、それは当たり前の話で、みんなが欲しいと思う素晴らしいモノだからこそ、それらをより安く、より多くの人に届けるために、大勢の人々によってさまざまな探求や工夫がなされ、そうした無数の努力の積み重ねの結果、今の豊かな消費社会が出来上がっているわけです。

 

あるモノが広く行き渡ることによって、その社会的な価値を失えば、次はまた別のモノが社会的な注目を集め、多くの人が欲しがることによって価値が高まり、さまざまな研究開発や企業努力の結果、大量に供給されるようになり、それらもまた、やがて社会的な価値を失っていく、というプロセスが繰り返されていきます。

 

そしてまた、その過程を通じて、世の中の仕組みや人々の価値観自体も少しずつ変化し、やがては社会全体を大きく動かしていくことになります。

 

ダイヤモンドも、他のさまざまなモノと同様、大量採掘や大量生産によって、これからどんどん社会的な価値が失われていき、やがては、ちょっとした装飾品として、便利な素材として、どこでも当たり前に使われる存在に変わっていくに違いありません。

 

ただしそれは、今すぐという話ではないのでしょう。

 

数十年後、あるいはもっと遠い未来にそうなる見込みは高いと思いますが、とりあえず現時点で、ダイヤモンドが希少な存在であるという事実は揺るぎません。そして、未来がどうであろうと、今この瞬間に貴重なモノであれば、やはり多くの人がそれを渇望するのかもしれません。たとえ、この地面の下にダイヤがゴロゴロ埋まっていようと、それが将来ごっそり掘り出されることになろうと、今、ダイヤを欲しいと思う人たちが、それをあきらめる理由にはならないでしょう。

 

もっとも、彼らが将来、タンスの奥にしまい込んでいたダイヤを換金しようとしても、そのときにはすでにすっかり価値が暴落した後で、まるでガラス玉みたいな扱いになっているかもしれませんが……。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:07, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

暗闇からの生還

タイ北部の洞窟の奥に閉じ込められていた少年ら13人が、先日、無事救出されました。
ウィキペディア  「タムルアン洞窟の遭難事故」
 

救出活動の最中に、一人のダイバーが亡くなるという不幸な出来事がありましたが、それでも、最後には少年たちが全員そろって助け出されたことで、事態を見守っていた世界中の人々が安堵したのではないでしょうか。

 

この遭難事故は、大勢の子供たちが一度に行方不明になったということで、事件の発端から衝撃的だっただけでなく、救出の過程で少しずつ明らかになった事実も、そして、大詰めの大掛かりで緻密な救出作戦も、とても興味深いものでした。

 

同じサッカーチームの少年たちと若いコーチが洞窟に入った理由は、ある少年の誕生日を祝うためだった、とされていますが、そのイベントを誰が思いついて、誰が主導したのか、ニュース記事によって情報がバラバラなので、はっきりとしたことは分かりません。

 

ただ、地元の子供たちにとっては、洞窟の奥まで行って帰ってくるというのは、日本の若者が肝だめしに夜の廃墟を探検するみたいな、おなじみの冒険行為だったのでしょう。コーチや少年たちも、これまでに何度か同じことをしていたようで、今回、まさか自分たちが閉じ込められるとは夢にも思っていなかっただろうし、当然、食料や装備もきちんと用意してはいませんでした。それが、思いがけない増水によって出口を塞がれ、洞窟の奥から動けなくなってしまったわけですが、もしも少年だけのグループだったら、パニックになり、無茶な行動をとったりして、最悪の結果になっていたかもしれません。

 

しかし、一緒にいたコーチは、少年時代に両親を失い、お寺に預けられて長い間お坊さんをしていた人物で、そのときに覚えた瞑想の仕方を子供たちに教えることで、全員がずっと冷静さを保ち続けることができたようです。これは実にタイらしい展開といえるし、人それぞれの人生経験が、どこでどんな形で役に立つか分からないということを、深く印象づける話にもなっています。
タイ洞窟のサッカー少年たち、心身を支える瞑想で耐えた9日間 ニューズウィーク日本版

 

洞窟の外では、ポンプを並べてひたすら水を抜く一方で、遭難事故を知った優秀なケイブ・ダイバーたちが世界各地から結集し、危険な捜索活動を重ねてついに少年たちを発見します。しかし、子供たちの無事は確認できても、彼らを安全に洞窟から救出するのは非常に困難でした。

 

当初は、雨季が終わって水が引くまで数か月間ひたすら待つ、という案も選択肢のひとつだったようです。一人のダイバーの事故死もあって、専門家たちも、泳げない少年を含む完全な素人に洞窟潜水をさせるのはさすがにリスクが大きいと考えたのではないでしょうか。また、洞窟の上から穴を掘るとか、未知の出口を探すとか、その他のいろいろな可能性も試したようですが、いずれも有力な選択肢となるまでには至りませんでした。

 

結局、雨によるさらなる増水の恐れや、洞窟内の酸素濃度の低下、そして少年たちの体調などを考えて、残された時間は限られているという判断になり、13人にダイビングをさせるという、リスクの高い方法をとることになったようです。

 

しかし、目の前の状況について、もっとも正確な情報を把握していた専門家たちがそう判断したということは、その時点で実行可能な選択肢の中では、それが最も安全で確実な方法だったということなのでしょう。だとすれば、少年たちは相当危険な状況に置かれていたということです。ダイビングによる救出作戦がどれほど複雑で神経を使うものだったのか、その詳細なプロセスまではまだ明かされていないようですが、結果的に13人全員が無事に救出されたわけで、何はともあれ、私たちはそのことを素直に喜んでいいのかもしれません。

 

2010年に、チリの鉱山の落盤事故から33人が生還したときにも思ったのですが、こういう事故が起きるたびに、この地球上で、私たち人間がどれだけちっぽけな存在か、圧倒的な自然のパワーの前に、自分たちがいかに無力かを痛感させられます。
ウィキペディア 「コピアポ鉱山落盤事故」
記事 地中からの生還

 

それでも、世界中から優秀な専門家が集まり、人間の力で可能な方法を必死で考え、大きなリスクにもひるむことなく、みんなで力を合わせて活路を切り開いていこうとする姿に、そして、その一方で、誰かがきっとそうしてくれると信じて、暗闇の中で希望を失わずいつまでも待ち続ける姿に、私たち人類の美しさとけなげさが、純粋な形で映し出されているような気がするのです。

 

ただ、それと同時に、恐ろしい暗闇の世界に長いあいだ閉じ込められ、お互いに助け合いながら苦しみに耐え抜いた13人が、明るい太陽の下でこの世界を再び目にしたいと、親しい人たちと再会したいと、どれだけ強く思っていたのか、その切実さを想像すると、いまの自分が、この世界でのかけがえのない時間を中途半端な気持ちで過ごしてしまっていることに、何ともいえない居心地の悪さを感じないではいられません。

 

もちろん、そういう反省を強く迫ってくる機会は、今回の遭難事件にかぎらないのですが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:19, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)