このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
Locations of visitors to this page
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

おかげさまで9周年

このブログを2006年に始めてから、まる9年になりました。

これまで、記事を読んでくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。

どうもありがとうございました。



9周年といっても、現在、このブログは半休眠状態で、ここ数年は、年に十回ほど記事を書くのがやっとです。

以前、更新の頻度が少しずつ減っていたころには、中途半端に続けるくらいなら、思い切って止めてしまったほうがいいかなと思うこともありましたが、無料ブログで維持費の問題がないこともあって、何となく決断を先送りしたまま、こうして今でも続いています。

現状を維持するだけでもコストがかかる「リアル世界」では、そういうやり方は許されないので、これも「ネット世界」ならではの恩恵といえるかもしれません。

そういえば、今使っているこのブログサービス JUGEM も、ネット企業の激しい栄枯盛衰を乗り越えて、9年前と変わらないサービスを提供し続けてくれているのは、とてもありがたいことです。

これから先、いつまで更新が続くか自分でも分かりませんが、ネタを思いつくかぎりは、マイペースで記事を書いていきたいと思います。



今後とも、このブログをどうぞよろしくお願いいたします。


JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:07, 浪人, 感謝

comments(0), trackbacks(0)

機械が垂らす「クモの糸」

前回の記事にも書きましたが、最近、自動運転車や、人間とコミュニケーションするロボットなど、テクノロジー進化の加速ぶりを示すような話題が、次から次へと飛び込んでくるようになりました。

また、インターネットの世界も日々豊かさを増していて、ニュースや娯楽コンテンツの充実はもちろん、コミュニケーションやショッピングもますます便利になり、いろんなことをオンラインで学べるようになりました。さらに、映像や文章で何かを表現したい人や、新しいビジネスを始めたい人のために、使いやすくて効果的なツールが数多く提供されています。

こうしたテクノロジー進化の背景には、高度な技術で機械化・自動化されたサービスをグローバルに展開し、膨大なユーザーに、無料または安価で提供するという、共通の方向性があります。

そうした商品やサービスは、利益を上げるビジネスとして、才能ある多くの人々を巻き込み、激しい競争を通じて磨かれることで、さらに多くの人々を魅惑し、私たちの日常生活に急速に浸透することによって、世界を大きく変えていくでしょう。

もっとも、機械化・自動化がとめどなく進んでいけば、いわゆる先進国の中間層を経済的に支えていた仕事がごっそりとなくなるかもしれず、それがいま、多くの人を不安にさせているのは事実です。

しかし一方で、テクノロジーとネットの進化は、グローバル企業がこれまでほとんど対象とみなしていなかった世界の底辺層の人々を、潜在的な顧客として、あるいは働き手として、グローバルなビジネスの世界に巻き込んでいくことになるでしょう。

それは、資本主義が世界の隅々まで浸透していくということであり、世界中の人間が限られた仕事を必死で奪い合う、熾烈な「大競争時代」の幕開けなのかもしれませんが、少なくとも底辺層の人々から見れば、それは、人生をよりよく変えていくチャンスを手に入れることでもあるのです。

これまで、豊かな人々の一部は、世界の悲惨や貧困に心を痛め、底辺の人々を助けようと、さまざまな慈善活動を続けてきたし、一定の成果もあげてきましたが、それは彼らが自発的に差し出せる余裕の範囲内に限られていて、決して十分なものではなかったと思います。

しかし、いま、次々に開発され、実用化されて、世界中を覆いつくそうとしている「機械の手」は、直接的には人間の労力や判断を介在しないからこそ、皮肉なことに、すべての貧しい人々に差し伸べられる可能性をもっているように思えます。それは、感情のない機械やプログラムであるからこそ、なまなましい差別や偏見、腐敗や不正とはとりあえず無縁で、しかも、具体的な成果を上げていくスピードもケタ違いです。

もちろん、機械化・自動化されているとはいえ、もともとそれらをデザインし、プログラムするのは人間なので、その仕組みの中に、何らかの偏った価値判断が組み込まれてしまう可能性はあります。しかし、そうした偏りは、世界中の人々からの指摘・批判を受けてすぐに修正されることが多いし、生身の人間の仕事のように、一度改善されたはずのものが、いつの間にかグダグダになってしまうこともありません。

たしかに、現時点では、「機械の手」に非人間的な印象を受ける人は多いと思います。それに、それらがつねに膨大な人間を相手にしている以上、個々のユーザーに対して、かゆいところに手が届くような、ていねいな対応もできません。それは、誠実で熟練した人間が心をこめて行うサービスには到底及ばないでしょう。

ただ、そうした誠実で理想的な働き手は、残念ながら、この地上ではそれほど多くありません。だからこそ、そうした人々が提供してくれるサービスは稀少・高価で、一部のリッチな人にしか届かないものでした。そう考えると、多少至らないところがあろうと、いくらでも量産がきく「機械の手」が世界にもたらしてくれるメリットは非常に大きいと思います。

こういう考えは、あるいは、あまりにも楽観的すぎるのかもしれません。機械やプログラムに覆いつくされた世界というのは、たいていのSF作品ではディストピアとして描かれるものだし、実際、機械化・自動化の方向性を間違えて、そうなってしまうリスクはつねにあります。

それに、機械がどれだけ進化しても、それが人間の心の領域にまで踏み込んで、例えば、傷ついた心を癒したり、さらには、この世界に生きることに伴うさまざまな苦しみから人間の「魂」を救うことまでは、さすがに難しいと思うし、万が一、それが可能になったとしても、それはそれで、大いに抵抗を感じる人は多いはずです。

それでも、現在のインターネットが多くの問題を抱えながら、一方で、そこに託されたよりよい世界への夢が人々に希望を与えているように、いま世界を覆いつつある「機械の手」も、自らの努力で人生を変えたいという前向きな意志を持つ人々にとっては、つねに自分のそばにあって、いつでもつかむことのできる、天上界からの「クモの糸」のような存在になり得るのではないでしょうか。

それは、糸をつかんだ先の結果までは保証してくれませんが、少なくとも、人生を前向きに進んでいくためのチャンスは与えてくれるでしょう。

……ただ、よく考えてみれば、そもそも、自分の意志で「クモの糸」をつかむような人なら、「機械の手」があろうがなかろうが、どこかで何かのきっかけをつかんで、それなりにうまくやっていけるのかもしれません。

そして、そういう強い意志をもった人間というのは、残念ながらそれほど多くはなく、それ以外の圧倒的多数の人間は、私自身も含めて、もっと成り行きまかせで、周りに合わせて受け身で生きているのが現実なのだと思います。

「クモの糸」がたくさんぶら下がっていて、これからさらに増えていくとしても、それが、「上」を目指す気概のある、ほんの少数の人間しか救い出せないのだとすれば、それは結局のところ、私たちみんなにバラ色の未来を保証してくれるものにはならない、ということなのかもしれません。

それでも、「機械の手」が世界を覆いつくし、富の生産の自動化が進めば、その富はやがて、一部の成功者が独占するにはあまりにも巨大なものになってしまうでしょう。そうなると、社会の機能不全を起こさないためにも、そのありあまる富をどのように分配するかが、新しい問題になっていくような気がします。

現在、ほとんどの人間にとって、富とは、金銭的な価値を生み出す仕事と引き換えに得られるものであって、そうした仕事につくことこそ、社会人であることの大前提となっていますが、今後、人間の仕事と富とのバランスが崩れる中で、そうした前提を維持しようとすれば、やがて、 減っていく仕事をみんなが奪い合うサバイバル社会になるか、あるいは、国や大きな組織が、服従や忠誠と引き換えに仕事を「配給」するような世界になってしまうかもしれません。

これから世の中がどういう方向に進んでいくのか、私には全く予想がつきませんが、個人的には、高度なテクノロジーがもたらす圧倒的な豊かさを、地球上のすべての人間が享受できるような社会、つまり、成功者がリッチな暮らしをするのは当然としても、それ以外の人々も、日常生活の維持に悩まされることなく、それぞれが身近でささやかな楽しみを見出しながら、のんびりまったりと生きることが許されるような社会になればいいな、と思います。

もちろん、そのためには、私たち自身の価値観が大きく変わらなければならないし、そんな夢のようなことが、かりに実現するとしても、それにはまだまだ長い時間がかかるのかもしれません。それに、機械が生み出す富がどれだけ巨大なものになろうと、それらが、人類のあらゆる種類の欲求を都合よく満たしてくれたり、すべての問題を自動的に解決してくれるわけでもないでしょう。

むしろ、「機械の手」がもたらす豊かさが、あらゆる人間から、衣食住の確保という日常的な悩みを取り去ってくれたとき、私たちは改めて、今ここに生きているという不思議に目覚め、それと同時に、それぞれが、この世界でどのように人生を全うすればよいかという、ある意味では、より人間らしい悩みに直面することになるのではないでしょうか。

もしかするとそれは、生活苦よりもずっと深い悩みをもたらすのかもしれませんが、未来の人間にとっては、それこそが、各人が果たすべき、大事な仕事になるのかもしれません……。


JUGEMテーマ:日記・一般

at 19:24, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

進化するテクノロジーと変われない人間

今年の1月から5回にわたって放映された、『NHKスペシャル NEXT WORLD』を見ました。
NHKスペシャル NEXT WORLD 私たちの未来

番組は、コンピュータによる未来予測、寿命の延長、人体のサイボーグ化、バーチャル・リアリティ、宇宙開発など、さまざまな分野の最新テクノロジーを紹介しつつ、そうした技術がさらに進んだ30年後の未来社会を描き出そうというものです。

紹介されていたテクノロジーに関しては、ネット上のニュースなどで、すでに何度か見聞きしていたものが多く、それほどの驚きはありませんでした。ただ、冷静に考えてみると、それらの技術は、数年前なら夢物語にしか聞こえなかったようなものばかりです。このところ、すごいニュースに接するのが当たり前みたいになっていて、私の感覚がマヒしているのかもしれません。

それはともかく、人工知能にせよ、サイボーグ技術やバーチャル・リアリティにせよ、それらはみな、人間の欲望を刺激し、新たなビッグ・ビジネスに育つ可能性を秘めているだけに、今後ますます多くの人々とカネを巻き込み、その結果、技術の進化はさらに加速していくことでしょう。

一方、番組では、2045年の未来社会の暮らしがミニ・ドラマ(というよりミニ・コント?)で描かれるのですが、そちらには大いに違和感を覚えました。未来世界のはずなのに、みんなぞろぞろ揃って職場に「通勤」するなど、人々の思考や行動のパターンが、妙に古くさいのです。

まあ、これについては、びっくりするようなテクノロジーを続けざまに見せられ、頭がパンクしそうな私たち視聴者に、少しはホッとできるような、ベタな人情ドラマを見せてバランスをとろうという趣向なのかもしれません。

あるいはそれは、今後30年でどれだけ技術が進歩しようと、それを使う人間の側は変わらない、というか、変わりたくてもなかなか変われない、ということなのかもしれません。

例えば、30年前の1985年あたりを振り返って、そのころを基準に現在を見れば、たしかに世界は大きく変わったし、技術革新も進みました。私たちは、インターネットという新しい世界を手に入れ、ケータイやスマホを肌身離さず持ち歩くようになったし、それによって、日常生活のパターンにもかなりの変化がありました。ただ、私たちの世界観や価値観、つまり、この世界をどんな風にとらえ、人生において、どんなことを大事だと考え、何に幸せや喜びを感じるのかという基本的な部分では、ほとんど何も変わっていないような気がします。

そう考えると、これから先の未来に関しても、ある程度は、同じようなことが言えるのではないでしょうか。

今後も、人類の中の非常に優秀な人々が、驚くような発明をし続けるだろうし、それらを新しいビジネスに育てていく人もいるでしょう。また、急速に発展しつつある人工知能やロボット技術などが、そうした動きをさらに加速していくことになるのでしょう。

しかし一方で、世の中の大多数を占めるごく普通の人々は、子供の頃に育った環境とか、学校で学んだことなど、若いころにどんな体験をしてきたかによって、世界観や価値観の大枠が固まってしまっていることが多いし、その枠を自ら乗り越えて変わっていけるような人は、とても少ないのではないかと思います。

30年後の2045年になっても、きっと、昭和生まれの人々が、まだ元気に暮らしているはずです。もしかすると、若返りのテクノロジーによって、現役バリバリで働いているかもしれません。そして、その多くは、自分が若いころに身につけた昭和的な価値観を、しっかりと守り続けているかもしれません。

もちろん、それは決して悪いことではないと思います。伝統的な価値観は、それが古いという理由だけで否定されるべきではないでしょう。

ただ、新しいテクノロジーに幼少の頃から親しみ、それがもたらす新しい可能性につねに心を開き、自らを変えていくことを厭わないような「新しい世代」の人々、その中でも特に、人類のフロンティアをどんどん押し広げ、遺伝子操作やサイボーグ化によって、生命としての人間のかたちそのものすら、どんどん変えていこうとする先鋭的な人々と、「古い世代」の人たちとの意識の断絶は、そのころになると、絶望的なまでに大きくなってしまうのではないでしょうか。

これまでの人間のあり方を、人類全体として守り続けるべきなのか、それとも、個々の人間が、自らの欲望に忠実に、多様な可能性を極限まで追い求めていくべきなのかについては、どちらがいいとか悪いとか、単純に答えを出せる問題ではないし、できることなら、さまざまな世代のあらゆる立場の人々が慎重に考え、議論すべきことなのでしょうが、すでに現時点でも、社会的な合意形成やルールの制定が現状に追いつかなくなりつつあり、いずれは、「新しい世代」の人々をコントロールし切れなくなる気がします。

世の中の多数派である、なかなか「変われない」人々と、ごく少数だけれど、非常に高い能力をもった、「変われる」、もしくは「変えてしまう」人々。その価値観の根本的な相違は、やがて、私たちの「人類」としての一体感すら失わせ、SFやアニメの世界でおなじみの「独立戦争」みたいに、立場や考え方が異なる人々の生活圏を分断して、別々の世界を生み出していくことになるのかもしれません。もしかすると、新たなテクノロジーがこの地球上のどこか、あるいは宇宙のどこかに、人間の住める新しい土地を用意し、かつてのように、狭い土地をめぐって壮絶な殺し合いをすることなく、そうした住み分けを可能にするかもしれません。

いずれにしても、「変われる」人々なら、どんな未来がやってこようと、そこに可能性や面白さを見つけ出し、それなりに楽しくやっていけるのでしょう。しかし、それが難しい人間にとっては、社会のめまぐるしい変化自体がストレスになって、せっかく長生きできても、人生をあまり楽しめないのではないかという気がします。

私も昭和生まれの一人ですが、もし30年後に生き残っていたら、未来社会を心から受け入れることができるでしょうか……。

ただ、第2回の放送で紹介されていた、「脳を柔らかくする」薬(バルプロ酸)のような研究がもっと進んで、年齢を重ねた人でも、学習能力や環境への適応力を高められる方法が見つかれば、テクノロジーの力を借りて、多くの人間が「変われる」ようになるかもしれません。

でもまあ、そのころには、映画の『三丁目の夕日』みたいな古きよき昭和の世界が、バーチャル・リアリティで完璧に再現できるようになっているはずです。時代の流れについていけず、かといって、薬を飲んでまで世の中に適応したくない「古い世代」の人々も、バーチャルな昭和時代に引きこもり、その中で昭和っぽいキャラクターの人工知能と「交流」すれば、それなりにストレスなく生きていけるようになるかもしれません……。


JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

at 18:50, 浪人, テレビの旅

comments(0), trackbacks(0)