このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

もしも今、自分が旅に出ていたら

昨年末に中国で見つかった新型コロナウイルスが世界各国に広がり、先日、ついにWHOがパンデミックを宣言しました。

 

日本でも、全国レベルの学校閉鎖や大規模イベントの自粛など、次々に対応策が打ち出され、中国や韓国からの入国にも大きな制限がかけられました。

 

しかし、そうした制限が、海外からの観光客の減少に拍車をかけることになり、旅行業界は、今、「激震」どころでは済まない状況になっています。

 

一方で、日本から海外への旅行についても、かなりの国々が日本人の入国を拒否したり、入国後の行動を制限したりしており、さまざまな国を自由に行き来することが難しくなっていますが、旅をすること自体は、まだ不可能にはなっていません。

 

最近では、オーストラリアなど、自国民に海外渡航を禁止する国も出てきているようだし、日本政府が近い将来、そうした措置に踏み切る可能性もないとは言えませんが、さすがに、すでに国外に出てしまった旅行者が、帰国を強制されることまではないだろうと思います。

 

とはいえ、海外旅行を間近に控えていて、まだ出発を断念はしていないという人や、すでに旅を始めて、どこかの国に滞在中の人にとっては、ここ数日、各国が国境を閉じる動きを加速している状況を見て、日に日に外堀が埋められ、追い詰められていくような気分になっているのではないでしょうか。

 

まあ、グループツアーの場合だと、悩むまでもなく、すでにツアーが延期または中止になっているケースが多いだろうし、もしもツアー中で、現地の状況が悪化していても、添乗員や現地スタッフができる限りのサポートをしてくれるだろうから、何とか無事に旅を終えられると思います。

 

しかし、個人旅行の場合は、基本的に、何もかも自分で決断し、対処しなければなりません。

 

用意していたビザが、ある日突然無効になったり、入国拒否や長期間の隔離をされたり、フライトが一気に減らされて、変なところで身動きがとれなくなるかもしれません。また、目的の国に何とか入国できても、現地では外出禁止令が出されていたり、観光施設や食堂、商店などが軒並み休業していて、観光どころか、まともな食事さえままならなくなってしまうかもしれません。地元の人々のストレスのはけ口として、差別の標的にされる可能性だってあります。

 

それに、万が一、自分がウイルスに感染し、重症化してしまった場合に、外国人はどこに相談すればいいのか、そもそも現地の病院に受け入れる余裕があるのか、治療や入院の費用をどうするのかなど、薄れる意識の中で、いくつもの難しい問題に迫られることにもなりかねません。

 

そうしたことを考えると、現在、こういう状況で、バックパッカーたちが、旅に出るか、あるいは旅を続けるかについて、それぞれどういう判断をしているのか、他人事ながら、かなり気になります。

 

もちろん、その答えは人それぞれなのでしょうが、もしも今、自分が長い旅をしていたなら、何とか旅を続けようとするのでしょうか。それとも、さすがに今回は、旅を切り上げて帰国する決断をすることになるのでしょうか。

 

先ほども書いたように、今、先がまったく見えない状況で、旅を強行することのデメリットはいくらでも挙げられますが、一方で、世界中で観光客が激減しているこの時期だからこそ、割安な料金で、混雑とは無縁のゆったりとした旅を楽しめるという、見逃せないメリットもあるでしょう。それに、現地で観光業に携わる人々からも、貴重なゲストとして歓迎されるかもしれません。

 

言うまでもなく、それは、ネットでリアルタイムの情報収集を怠らず、万が一のときには、完全に身動きがとれなくなる前にそこから脱出できるよう、具体的な「プランB」をつねに検討しておくことが大前提ですが、うまく立ち回ることができれば、何とか旅を続けられるはずだし、激動の2020年の出来事とともに、生涯忘れられない、印象深い旅になるのではないでしょうか。

 

ただし、それは、かなりの上級者向けの旅だと思います。もしも旅先で感染し、入院せざるを得ないような病状になれば、その後の隔離を含めて面倒な事態に巻き込まれるだけでなく、たとえ自分に非はなくても、現地の人々からは、諸悪の根源みたいに扱われ、白い目で見られる可能性さえあります。

 

さらに、そのことが日本国内で報道されれば、こんなときに不要不急の旅行をするなんて「不謹慎だ!」ということで、派手に炎上するかもしれません。まあ、今は、それ以外にも驚くようなニュースには事欠かないので、一人のバックパッカーが海外で感染した程度のことは、ほとんど話題にもならないでしょうが……。

 

そうやって、メリットとデメリットをいろいろと考えてみると、トラブルに遭遇する可能性がかなり高く、そのダメージも大きそうなので、もしも私が旅行中だったら、やはり、旅を途中でやめて帰国するだろうな、と思います。若いころならともかく、今はずっと慎重というか、ヘタレになっているので……。

 

もっと若かったら、現地で隔離されたり足止めされたりする体験さえ、貴重な機会だと面白がれたかもしれません。さすがに、自分が感染するような事態まで面白がれたかどうかは分かりませんが、若いころは、そういうトラブルに遭ったらどうなるかという知識も経験も想像力もなかったから、その怖さに気づかなかったかもしれません……。

 

いずれにしても、ここで書いたことは、あくまでも現時点の私が、いろいろなニュースを聞きかじった上で漠然と想像してみただけの話だし、もちろん、その判断が、一般論として、すべてのバックパッカーに当てはまるものではないでしょう。

 

旅人自身の年齢とか、旅の目的とか、今どこにいて、それまでにどんな旅を、どのくらい続けてきたかによっても、判断は大きく違ってくると思います。まだ若かったり、旅を始めたばかりだったり、どうしても行きたい場所がいくつもあったり、旅の資金や心身のエネルギーが満ち足りていれば、多少無理をしてでも旅を続けたいと思うだろうし、身体の無理がきかない年齢になっていたり、すでに旅に飽きていたり、資金が底を尽きかけていたりすれば、今回のパンデミックを格好の口実にして、旅を終わらせたいと思うかもしれません。

 

そして、それに加えて、旅人自身の性格とか、価値観とか、ふだんの行動パターンによって、判断の基準とか結論には、さらにさまざまな違いが出てくるだろうと思います。

 

例えば、人によっては、性格的に、常にあちこちを動き回らずにはいられず、もしも、どこかの国の当局から、2週間ほどの隔離生活を強制されたり、移動制限でどこかの小さな街に閉じ込められたりしたら、まさに地獄だと思うかもしれません。そういう人は、自由に動ける場所を求め、安全な国を探して必死で旅を続けるかもしれないし、あるいは逆に、それではかえってリスクが高いと冷静に判断し、どこかで全く動けなくなるよりはずっとマシだと、ある程度の不自由は覚悟で、日本に帰国することを選ぶかもしれません。

 

でも、考えてみれば、新型コロナウイルスのことで、これだけ世界中が大騒ぎをしている最中でも、日本に観光に来ている外国人はそれなりにいるようだし、逆に、入国制限をしていない国に出かけていく日本人もそれなりにいるようです。

 

そういう人たちは、いろいろなことを慎重に考えた結果として、薄氷を踏む思いで旅に出ているのかもしれないし、どうしても会いたい人がいるなど、やむを得ない理由があって、強い覚悟で旅をしているのかもしれません。あるいは、よほどの高齢で持病を抱えたりしていなければ、たとえウイルスに感染しても、重症化する可能性は低いとされているので、現地でもっと深刻な他の感染症にかかったり、交通事故に遭ったりすることにくらべれば、それほど脅威だとは感じていないのかもしれません。

 

もっとも、ただ単に、何も考えていないだけかもしれませんが……。

 

実際、何も考えずに、いつも通りの行動を続けていても、何の災難にも遭わずに旅をまっとうし、無事に帰国できる人の方が、そうならない人よりも圧倒的に多いはずです。

 

いずれにしても、感染拡大防止のために、各国が次々に打ち出してくる移動や行動の制限、店舗や施設の閉鎖、それらの結果としてのさまざまな不便や混乱、そして、人々のパニックやイライラが引き起こす差別や嫌がらせの標的になることなど、今はむしろ、新型コロナウイルスそのものよりも、ウイルスに対する社会的なリアクションの激しさによって、旅人が不便や不快感に苛まれることが多々あると思います。

 

そして、そういう一時的な不便や不快の数々を覚悟し、あえてそれらを体験し、潜入ルポでも書くつもりで、今、この時期にしかできない旅をする、という考え方もアリだとは思います。

 

それは、決して楽しい旅にはならないだろうし、今の私も、わざわざそういう旅をしたいとは思いませんが、旅先での風景や出来事が、想像をはるかに超える非日常さを見せるという意味で、そうした旅が、ふだんなら絶対にできない体験になることは間違いないでしょう。

 

旅先での隔離だって、突然の入院生活だって、何もかもが旅のうちだと思える人なら、旅を中止する必要はないのかもしれません。

 

決しておすすめはしませんが……。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

 

at 20:45, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), -

旅してみたら分かる……かも

ずっと昔、長い旅をしていたころ、面白い旅人や、すごい旅人たちに何度も出会いました。

 

すでに数え切れないほどの国々を旅した人、自転車を漕いで、地を這うような旅を続けている人、ほとんど休むことなく、ひたすら移動を繰り返している人、現地に長期滞在して、ほとんど根を下ろしてしまったような人、旅先で身ぐるみ剥がされるなど、大変な経験を生き延びてきた人、などなど……。

 

そういう人たちから旅の話を聞くのは刺激的だったし、たとえとりとめのない会話であっても、その端々に、その人ならではのユニークな視点や考え方が垣間見えて、とても興味深いものがありました。

 

今思えば、そういう貴重な機会をムダにせず、もっといろいろなことを突っ込んで聞いておけばよかったな、という気がしないでもありません。彼らの「武勇伝」はもちろんですが、それ以外にも、旅先でのさまざまな試練によって自分の限界に突き当たり、それを乗り越えていく中で学び取ってきたことなど、体験者にしか分からないことが、たくさんあったはずです。

 

そしてそれらは、私たちのような、ごく普通の生活をしている人間にとっても、耳を傾けるに値するものだったのではないでしょうか。

 

でもまあ、そういうことに関しては、旅先で出会う旅人一人ひとりから地道に聞き取っていくよりも、むしろ、これまでの長い歴史の中で人類が残した膨大な探検記や旅行記の名作から読み取っていく方が、ずっと効率的ではあるのかもしれません。

 

それに、紛争地を駆け回るジャーナリストや、辺境で国際的な援助活動に携わる人たちや、極地への探検家、あるいは、さまざまな分野の第一人者として、世界を駆け回る有名人など、普通の旅先ではほとんど会えないような人々の活動や、彼らの内面も、やはり本とかドキュメンタリー映像などを通じてでないと、なかなか知ることができなかったりします。

 

実際、私自身も、旅に出るずっと前から、そうした旅行記を読むのを楽しみにしてきました。

 

しかし、過去の偉大な旅人たちにどれだけ文才があり、自分の体験や学びの数々を、いかにうまく言葉で表現できたとしても、やはり、彼らの経験したことのすべてを伝えることなど不可能です。

 

それに、それらを受け止める側の私たちも、未知の世界への興味や理解力には限りがあるので、彼らの語るすべての話につき合い、それを隅々まで理解することはできないでしょう。

 

というか、そういう問題よりも、もっと本質的なものとして、そこには、実際に何かを体験した者と、それらを言葉という不完全なものを通して伝えられる者とのあいだの、どうしても越えることのできない、大きくて深い溝があります。

 

偉大な旅人たちが、旅の中で何を目にし、何を感じてきたのか、それによって彼らがどう変わっていったのか、言葉の表面的な意味だけではなく、もっと深いレベルでしっかりと理解したいのなら、結局のところ、彼らと同じようなことをやってみるしかないのかもしれません。

 

だから、もしも、これまですごい旅を重ねてきた旅のマスターみたいな人物が、旅の話を聞きたがる人たちに、「旅してみたら分かるよ」みたいな、一見突き放すような言い方をすることがあったとしても、それは、自分の経験を鼻にかける傲慢さとか、言葉で伝えるのを面倒くさがる怠慢からではなく、きっと、純粋な親切心からなのだと思います。

 

そしてそれは、本を読んだり、テレビやネットで映像を見たり、人から話を聞いたりして、私たちが表面的に理解できる範囲の物事だけで何かが分かったつもりになってしまうと、むしろ、その向こうにある、もっと素晴らしいものや、もっと大事なものを見逃したままで終わってしまうかもしれない、ということを、できるだけシンプルに伝えようとしているのかもしれません。

 

もちろんそれは、旅に限らず、ほかのすべての分野についてもいえることだと思いますが……。

 

しかし、残念ながら、私たちのすべてが、彼らのそういうアドバイスに素直に従って、過酷だけれど実りも多い旅の世界に飛び込み、その世界にどっぷり浸かろうとするわけではありません。

 

ただ、それは、旅の先達者たちの親切心が伝わらなかった、ということではないと思います。メッセージというものがうまく伝わり、それが相手の心境や行動の変化につながるためには、さまざまな条件がピタッとかみ合う必要があるし、そういう適切なタイミングというのは、いつでもどこでも転がっているわけではないし、誰にでも同じようにやってくるわけでもありません。

 

そして、それはそれで仕方ないというか、この世界というのは、そういうふうにできているのでしょう。

 

それに、旅の達人たちだって、別に、すべての人たちが彼らと同じように旅にのめり込むことなんて期待していないと思います。

 

彼らはただ、旅というものには、人生を賭けるに値する何かがあるかもしれないよ、というヒントを、言葉以上に、自分たちの行動それ自体で雄弁に示してくれているだけだし、それは、他の分野のマスターたちにしても同じことなのだと思います。

 

この世界では、そうしたヒントやさりげない誘いが、あちこちにバラ撒かれたり、仕掛けられたりしているわけですが、それらにどう反応するかは、あくまでも私たち自身に任されているし、その自由さこそが、この世の面白さの一つの理由でもあるのでしょう。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:49, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), -

CDの寿命

ずっと昔に買った音楽用のCD(コンパクトディスク)が、いつの間にか劣化して聴けなくなっていた、みたいな話を、最近、ネット上でポツポツと見かけるようになりました。

 

データが記録されているアルミニウムの薄膜層に空気が触れると、酸化して読み取りができなくなってしまうのだそうで、CDを乱暴に扱って傷つけたり、保存環境が悪かったりした場合はもちろんですが、製造時の品質に問題があって、想定よりもずっと早く劣化が進んでしまうこともあるようです。
CDやDVDの寿命は意外に短い? WIRED

 

最初のCDプレーヤーとソフトが1982年に発売されてから、そろそろ40年になろうとしていますが、1980年代に製造された古いCDの一部が、そうしたさまざまな理由によって寿命を迎えつつある、ということなのでしょう。
ウィキペディア 「コンパクトディスク」
 

私も、かなり昔になりますが、仕事でストレスを抱えていた反動か、CDをやたらに買いまくっていた時期があり、その後、あまり音楽を聴かなくなってからは、それらを押し入れの奥にしまい込んでいました。

 

ずっと昔のカセットテープやビデオテープは、劣悪な環境に放置している間にすっかり傷んでダメになってしまいましたが、CDの方は、特にチェックしたこともありませんでした。ブックレットや歌詞カードはともかく、本体はプラスチック製なのだから、放っておいても大丈夫だと思い込んでいて、いつか気が向いたときにでも、昔の音楽を聴きつつゆっくりと整理しよう……などと考えていたのです。

 

ネット上の情報が正しいなら、そんな日がやってくるずっと前に、ため込んだCDがダメになってしまうかもしれません。さすがに、すぐに全滅してしまうようなことはないでしょうが、劣化が今後、どのくらいの割合で発生するか分からないのは不安です。しかも、ネット上には、CDの外見では劣化に気がつかないことがある、という恐ろしい情報もあり、だとすれば、自分がまだ気がついていないだけで、今この瞬間にも、すでに聴けないCDが出始めている可能性があります。

 

まあ、現在は、手持ちのCDを活用しているとはとても言えない状態なので、かりに多くのCDがダメになっていたところで、ひどい精神的ダメージを負うようなことはないのかもしれません。それでも、自分が生きている間くらいなら余裕で持つだろうと信じて安心しきっていたものが、実は全然そうではなかったと後から分かるのはかなりのショックだし、当時、劣化の件について詳しく知っていたなら、こんなにCDを買い集めることもなかっただろうと思います。

 

しかし、今の時点であれこれ考えてみても仕方のないことです。私がCDを買いあさっていたのは、ネット上の検索一つでいろいろなことが簡単に分かるようになるずっと前のことで、当時の私たちの多くは、実質的に、メーカーの宣伝文句を鵜呑みにするしかありませんでした。

 

それに、この件に関して、かなりショックを受けつつも、それなりに冷静でいられるのは、今では、好きな音楽を聴くための方法が、CD以外にもいろいろあるからなのかもしれません。

 

何よりも、ネット上には定額で音楽聴き放題(または一定時間まで無料)のサービスがあって、「大人の事情」で参加していない一部のアーティストの楽曲を除けば、古今東西の膨大な曲をそこで聴くことができます。もちろん、私がかつて購入したCDの多くも、そうしたサービスでカバーできるので、かりに手持ちのCDが寿命を迎えても、それらの曲を永遠に聴けなくなってしまうことはないでしょう。

 

だから、CDの劣化問題に対する現実的な対応としては、とりあえず、ネット上で聴くことのできない一部のCDだけは、早めに他の記録媒体にバックアップをとっておく、という程度で十分なのかもしれません。

 

現在では、無料でかなり大容量のデータをクラウド保存できるサービスもあるので、この機会に、自分なりに使い勝手の良いサービスを見つけられれば、いざというときの保険になるだけでなく、押し入れの奥からいちいちCDを引っ張り出さなくても、自分の音楽ライブラリーを、ずっと気楽に楽しめるようになるでしょう。

 

実際、そう考えて、とりあえず実験的にデータをアップロードしていて思ったのですが、もしかすると、こうやって個人がどこかに楽曲のデータをため込んでおく必要性自体が、すでに薄れつつあるのかもしれません。

 

ネットにつながることさえできれば、世界中の膨大な楽曲を、非常に低コストでいくらでも楽しめる状況がほぼ実現してしまっている今、私たちにとって重要なのは、楽曲のデータ自体よりも、お気に入りの曲を集めたプレイリストの方です。楽曲のタイトルやアーティスト名のリストさえどこかに保存しておけば、ネット上で、いつでも好きな時にそれらを楽しめるのですから。

 

もしかすると、CDの登場から40年近くを経て、最初期のCDが物理的に劣化し始めるタイミングで、CDという媒体そのものも、そろそろ寿命を迎えつつあるのかもしれません。今後、10年、20年と経過する中で、昭和生まれのCD世代が長年にわたって保管してきたCDが、あちこちで再生不能になっていくのと同時に、CDという媒体に深い思い入れのある人々も、少しずつこの世界から退いていくことになるのでしょう。

 

というか、もしも50年先、100年先までCDを劣化させずに保存できたとして、そのとき、それを再生するCDプレーヤーはこの世に存在しているのでしょうか……。

 

でも、考えてみれば、ネット上の音楽聴き放題サービスにしても、この先、何十年も存続できるかどうかは分かりません。

 

近い将来、人工知能がユーザーの心身の状態をリアルタイムで把握して、本人の好みやそのときの気分に応じたオリジナルの楽曲を、即興で作って聞かせてくれるようになるのではないでしょうか。そしてそれらは、人間のアーティストがあらかじめ制作した楽曲をはるかに上回るポジティブな効果を、私たちの心身にもたらしてくれそうな気がします。

 

そうなれば、私たちは、お気に入りのプレイリストをどこかに保管しておく手間すら必要なくなって、ただ、人工知能の思し召しにすべてをゆだねていれば万事OK、ということになっていくのかもしれません……。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 21:45, 浪人, つれづれの記

comments(0), -