このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

裏起毛ワールド

毎年、冬になると、服の安売りチェーンやスーパーの洋服売り場に、「裏起毛」という独特の用語があふれるようになります。

 

「ウラキモウ」という読み方が「裏鬼門」に似ているせいなのか、私はその言葉を見るたびに、そこはかとない不気味さを感じてしまうのですが、一方で、裏に毛が立っている、という言葉の意味からは、ちょっと生々しく、それでいて、どこかコミカルなイメージも浮かんできます。

 

そんな奇妙な言葉が、まるで何かの呪文みたいに売り場を埋め尽くしている様子を目にしていると、私たち人間の、暖かさへの執念がむき出しになっているみたいで、滑稽なようでもあり、切なくもあるような、何だか複雑な笑いがこみ上げてくることがあります。

 

もちろん私も、暖かさへの執着を抱える人間の一人です。歳をとるにつれて、襟や袖などの隙間や、薄い生地を通して侵入してくる冷気に敏感になってきました。というか、体が熱を生み出す力が衰えてきたのか、寒い場所にいると、その冷たさに負けて、全身がじわじわ凍えていくような感じがします。特に、節約のために暖房を消した部屋の中で長時間パソコンにかじりついていたりすると、体が芯まで冷え切ってしまいます。

 

そうなる前に、体を動かす家事をするとか、もっと運動をしてみるとか、やるべきことはいろいろあるのでしょうが、長年にわたって染みついた生活パターンはなかなか変えられません。結局、いちばん安易な防寒対策ということで、ここ数年、「裏起毛ワールド」に足を踏み入れつつあります。

 

裏起毛の服は、内側がフワフワ、モコモコしていて、着た瞬間から暖かさを感じます。厚手のものになると、まるで毛布を体に巻きつけているようです。暖かい場所にいたり、体を常に動かすような場合は、むしろ暑苦しくなってしまいますが、寒い部屋でずっと座りっぱなしみたいな生活パターンなら、かなり快適です。

 

といっても、これは別に、怠け者のためのアイテムというわけではありません。寒さが厳しくて、とにかく厚手の防寒着が必要な土地などいくらでもあるし、足腰にトラブルがあって歩いたり動き回ったりすることができず、体が温まらないとか、仕事のために、寒い場所で一日中じっとしている必要があるなど、日頃から裏起毛の服を愛用している人には、さまざまな事情があるのでしょう。

 

また、気候や体調や生活パターンとは関係なく、暖房費を徹底的に節約するためというニーズもあると思います。実際、最近の防寒テクノロジーの進歩はすごいので、寒さの厳しい土地でなければ、さまざまな防寒グッズを使いこなすことで、一日中、ほぼ暖房なしで過ごすことができるのではないでしょうか。

 

その点、化繊の裏起毛というのは、人間が何万年もの間、試行錯誤を繰り返しながら生み出してきた、安価で手入れのしやすい、最新版の毛皮のようなものなのかもしれません。

 

それに、裏起毛の服は、まわりが寒いときに暖かな服に身を包み、ぬくぬくするからこそ感じる幸せみたいなものも味わわせてくれます。

 

世界には、暑くもなく、寒くもない、常春と呼ばれるような理想的な温かさが一年中続く土地がありますが、そういうところで長年暮らしていると、かえってそのありがたみをなかなか感じられないのではないでしょうか。

 

逆に、日本のように季節のハッキリとした土地では、蒸し暑さの中で涼しい風を感じたり、寒い夜に温かい湯に漬かるようなとき、ふとした幸せを感じたりします。身を切るような寒さの中でこそ、私たちは裏起毛のありがたさをしみじみと実感できるし、その温もりを通じてじわじわと感じる幸せは、ささやかなようでいて、実はけっこう大きなものなのかもしれません。

 

私は、もう若くはないし、今さら冬の寒さに正面から立ち向かおうとも思いません。これからは、中高年の先輩方にならって、裏起毛ワールドにさらに深く分け入り、さまざまな素材の着心地を試しつつ、ぬくぬくとした幸せに身をゆだねたいと思います。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

at 20:24, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

旅行熱遺伝子

先日、ネットでちょっと面白い記事を見かけました。

 

運転が下手?なまけもの?実はそれ、遺伝子のせいかもしれない。親から子へ遺伝する意外な10の性格・性質 カラパイア
 

人間の遺伝にまつわるさまざまな小ネタを集めたものですが、その中に、旅に関するものがありました。ドーパミン受容体の遺伝子に、「旅行熱遺伝子」と呼ばれる変異(DRD4-7R)があって、その変異を持つ人は冒険スピリットに富んでいる、というのです。

実は、この「DRD4-7R」については、以前から、ネットメディアでは何度か取り上げられているようです。
世界人口の20%がかかっている「病気」- ワンダーラストとは? HUFFPOST
 

「旅行熱遺伝子」とはいうものの、これは別に、旅や冒険みたいな行動ばかりを誘発するわけではなくて、要は、目新しいものに強く心を惹かれるようになる、ということのようです。それが旅への衝動となって現れることもあれば、いつも新しい恋人を探し回っていたり、あるいは、興味関心の対象がコロコロ変わって落ち着きがない、というパターンになることもあるのでしょう。

 

ちなみに、欧米人と比べると、日本人でこの変異を持つ人の割合は低い、という調査結果もあるようです。
「日本人は遺伝的に挑戦が苦手」脳科学でわかる国民性を中野信子氏が解説 ログミー
 

これらが科学的にどれだけ裏づけのある話なのか、懐疑的にとらえる人もいるようだし、私も専門家ではないので、結局のところどうなのか、ハッキリとは分かりません。それでも、「旅行熱遺伝子」の話はともかく、パーソナリティの形成に遺伝がかなり関与しているのは確かなようです。

 

人には、それぞれに持って生まれた性格みたいなものがあるんじゃないかと感じている人は多いと思いますが、そういう生活知のようなものが、最近になって徐々に科学的な根拠を得つつある、ということなのだと思います。

 

ただ、人間の性格が、ある程度遺伝子によって決まってくる、ということが科学的に明らかになり、その詳しいメカニズムが説明可能になったとしても、個人的には、だからといって、自分の遺伝子を詳しく調べてみたい、という気持ちにはならないだろうという気がします。

 

たしかに、遺伝子が人間の心の働きにどのように関わっているのか、それを一般的な知識として知っておきたいとは思いますが、そのことと、実際に自分の性格とどう付き合っていくかということは、全く別の問題だからです。

 

例えば、旅好きの人が遺伝子検査をして、かりに「旅行熱遺伝子」を持っていると判明すれば、「ああ、やっぱり」と思うでしょうが、持っていないと判明しても、「それなら、ほかに何か別の原因があって旅好きになったんだろう」と思うだけの話で、どちらにしても、何か新しい展開がそこに生まれることはないでしょう。

 

逆に、落ち着きがなさすぎる自分の性格に嫌気が差している人が遺伝子検査をして、「旅行熱遺伝子」が見つかっても、「ああ、やっぱり」と思うでしょうし、持っていないと判明したところで、「それなら、ほかに何か別の原因があって落ち着きがなくなったんだろう」と思うだけで、この場合も、やはり何か新しい展開が生まれることはないし、これまでの悩みが解決するわけでもないでしょう。

 

つまり、物心ついて以来、誰もが自分の欲求や行動のパターンに振り回されては、なんとかそれに適応することを繰り返す中で、自分の性格がどんなものなのか、好きにせよ嫌いにせよ、それなりに把握していくわけで、遺伝子検査は、それに科学的なお墨付きを与えるくらいの意味しかないのではないか、という気がします。

 

それに、少なくとも現時点のテクノロジーでは、自分の遺伝子を好きなように変えることなど不可能なので、自分が生まれた時点で両親や先祖から受け継いだ遺伝子と、それがもたらすさまざまなプラスやマイナスを、そのまま受け入れて生きていくしかありません。

 

結局のところ、私たちにとって重要なことは、自分のパーソナリティが遺伝的にどう説明できるか、ではなくて、自分自身のそうした性質の「変えられなさ」とどう向き合い、受け入れ、折り合いをつけていくか、という問題なのではないでしょうか。もちろん、遺伝子がすべてを決定するわけではなく、周囲の環境や自分の努力次第で変えられる部分もあるので、何をどのように変えていけばいいか、よく考えて行動する必要もありますが。

 

そしてそれらは、自分の遺伝子について知らなくても、十分にできることなのだと思います。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:31, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

見るべきか、やめておくべきか

ここ数年の間に、Netflix や Hulu など、定額見放題の動画配信サービスが次々に始まったこともあり、日本でも、ネット経由で映画やドラマを見る習慣がさらに広がりつつあるようです。

 

と言っても、私自身は GYAO! のような無料サービスしか利用したことがなく、有料サービスがどのくらい便利で快適なものなのか、頭の中で想像してみるだけなのですが、無料サービスの方も、以前に比べればずっと充実してきていて、最近では、選ぶのに困るくらいのさまざまな作品が配信されています。

 

これは、私たちにとってすばらしい状況ではあるのですが、一方で、ちょっとした悩みのタネを、新たに生み出しているように思います。

 

それは、私たちの限られた時間を、いったい何に振り向けたらいいのか、という問題です。

 

例えば、ちょっとした空き時間があるとして、それで映画やドラマを見るという行動を選べば、近所に散歩に出かけたり、誰かと話をしたり、ゲームをしたり、音楽を聴いたり、本を読んだり、何か手の込んだ料理を作ってみたりといった、ほかのさまざまな選択肢をあきらめることになるし、映画やドラマを見ると決めた後も、今度は膨大な作品リストの中から、どの作品を選び、どの作品をあきらめるかという決断をしなければなりません。

 

そして、度重なる決断を乗り越え、実際に行動に移したところで、それがあまり面白くなかったりすれば、もしもほかの選択肢を選んでいたら、もっとハッピーな気持ちになれたかもしれないのに……と、自分の失敗を後悔することになるわけです。

 

でもまあ、だからといって、こういう問題をいちいち真剣に考えすぎると、日常生活がしんどくなってしまうので、私たち人間は、こういうことを適当にスルーしながらうまくやる術も身につけています。

 

映画を最後まで見てつまらなければ、それなりにガッカリはしますが、それでもムダになる時間は長くて2時間ほどなので、あまり深刻に考えることもなく、そのまま忘れてしまうことができる人は多いのではないでしょうか。

 

問題は、連続ドラマの場合です。

 

1シーズン、十数話の作品でも、全部見れば10時間近くになるので、それだけのまとまった時間を、ほかのことに使えば、ずっと有意義に過ごせたりするかもしれません。

 

ただ、テレビでいま放送中のドラマを見るような場合、そこまで熟慮して決断をする人はあまりいないでしょう。とりあえず最初だけでも……という気軽な気持ちで見始め、それが面白ければ来週も、という感じで何度か試し、かなり引き込まれるようなら、1シーズンの間、週に1時間だけ捻出することを考えればいいわけです。

 

もしかすると、その作品が大ヒットして、将来、続編が作られたりすれば、そのときはさらに時間をとられることになるかもしれませんが、将来のことなんて現時点では分からないわけだから、もしもそうなったら、またその時に考えればいい、と割り切ることができます。

 

つまり、見るべきか、やめるべきかという決断は、最初のうちは、1話見るたびに小出しに行われることになるので、それぞれの時点で、かなり気軽に判断をすることができるわけです。

 

しかし、ネットの見放題サービスなどで、過去の大長編ドラマに手を出そうとするような場合には、話が違ってきます。

 

過去の大ヒットドラマの中には、何度もシーズンを重ねた結果、全部で100話を超えるようなものさえあり、最後まで見たらトータルで何十時間消費することになるのか、あらかじめそれを正確に計算できてしまうだけに、思い切って見始めるべきか、やっぱりやめておくべきか、まるで「究極の選択」のような決断を迫られ、実に悩ましいのです。

 

それらは、絶大な人気があったからこそ次々に続編が作られ、大長編になったわけで、 あえて解説や他人のレビューなど読まなくても、大長編だという事実そのものによって、面白さは保証されているといえます。実際、第1話を試しに見てみると、どんな作品であれ、それなりに面白いし、引き込まれます。次が見たくなり、その世界に浸りたくなり、結末を知りたくなります。だから、後で面白くなかったと悔やむような可能性はほとんどないと思うのですが、逆に言えばそれは、途中でやめるにやめられない、ということでもあります。

 

さすがに何十時間ものまとまった時間があれば、そのドラマを見る以外にも、面白いことがいろいろできるでしょう。何か自分にとって全く新しいことを学んだり、始めたりすることさえできるかもしれません。果たしてそういう楽しみや可能性をあきらめてまで、その作品を見始めるべきなのか、いろいろと考え込んでしまうのです。

 

もちろん、大長編を見終われば、豊かな作品の世界に浸り切った満足感や、何かを成し遂げたという充足感を味わうことができるでしょう。しかし、それは同時に、人生の貴重な時間を、ある特定のドラマに捧げたということでもあるのです……。

 

そして、これは長編ドラマに限ったことではなくて、長編小説とか、ゲームとか、ほかのさまざまなことについても同じなのかもしれません。

 

自分の自由になる時間は限られているのに、世界中のさまざまな素晴らしいコンテンツが、あの手この手で私たちを誘惑しようと手ぐすねを引いて待ちかまえています。その一つひとつに足を踏み入れるまでの敷居はどんどん低くなりつつあり、その一方で、一度足を踏み入れてしまえば、それは、それ以外のさまざまな選択肢をあきらめることを意味します。

 

何かを得ようとすれば、何かを捨てるしかない……。それは、この世に生きる上で常につきまとうジレンマですが、長編ドラマにチャレンジしようか、やっぱりやめておこうかと悩むたびに、それがこの世界の現実を象徴しているようで、何とも言えない切ない気持ちになるのです。

 

でもまあ、何を選ぶべきか悩んでいるだけでも、時間は同じように失われていくわけだから、失敗や後悔を恐れず、いまの自分が「これだ!」と思った選択を信じて、どんどん行動に移していくしかないのですが……。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

at 19:10, 浪人, ネットの旅

comments(2), trackbacks(0)