このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

広告という罰

今、ネット上では、基本的に無料で、課金すると便利な機能が追加されたり、広告表示が消えたりする、「フリーミアム」と呼ばれるタイプのサービスが普及しています。
ウィキペディア 「フリーミアム」

 

無料という気安さから、とりあえず試しに使ってみることができるし、実際に使い続けても、基本的な機能だけならずっとタダなので、私も、このブログを含め、いくつかのサービスを何年も使わせてもらっています。

 

とはいえ、サービスによっては、やたらと表示される広告が邪魔で、ときどきイラッとすることがあるし、そもそも、私のような貧乏人にいくら広告を見せたところでムダではないかとも思います。

 

考えてみれば、カネに余裕がある、つまり、広告主にとってはお客様になる可能性の高そうな人々の方が、むしろ、課金することによって広告を目にしなくなり、逆にカネがなく、広告を見る意味のあまりない人々ばかりが延々と広告を見せられるという、本末転倒なことになっている気がしなくもありません。

 

そして、興味も意味もない広告を浴びせかけられる多くのユーザーは、それを、無料のサービスと引き換えにガマンしなければならない苦痛みたいなものと感じているのではないでしょうか。少なくとも、私の場合はそうなってしまっています。

 

もちろん、自分がいま利用しているさまざまなサービスが、広告主が負担するコストの上に成り立っていることは理解しているし、その点ではむしろありがたいとも思っているのですが、残念ながら、そういう殊勝な気持ちというのは常に維持できるものではなく、サービスに慣れ、それが日常生活の一部として当たり前のものになればなるほど、かえって広告が目ざわりで余計なものに感じられ、それらを見続けることが、何か、自分に課せられた罰みたいにさえ思えてくるのです。

 

そして、そういうネガティブな気持ちで広告と接していると、広告元の企業や商品に対しても、自分の中でどんどんマイナスのイメージが植えつけられていくような気がします。

 

もしも、私と同じように感じてしまうユーザーが他にも大勢いるなら、広告の本来の意図からすれば、完全に逆効果になってしまっているのではないでしょうか。

 

しかし、例えば民放のテレビでは、昔も今も、番組の途中で頻繁にコマーシャルが入ります。私も、昔はそれを当たり前だと感じていたし、そういう仕組みに違和感を覚えることもほとんどありませんでした。

 

それなのに、ネットの世界では、どうして広告がこんなにも邪魔に思えてしまうのでしょうか。

 

もしかすると、ネットが普及し、そこでさまざまな人々が大量の情報を発信するようになったことで、もともと広告というものがもっているいびつな側面に気づかされるようになったからかもしれません。

 

広告は、商品を売ろうとする側の都合だけに沿った情報を一方的に植え付けようとしますが、今では、ネット上のクチコミを通じて、それが商品の一面に過ぎないことを、みんなが知っています。

 

それに、一方的な情報というものの裏には、政治的な目的にせよ、イタズラ目的にせよ、何かよからぬ意図があるケースが多いものです。ネットでも、多くの人がそうした情報に踊らされたり、痛い目に遭ったりすることでそれなりに学習し、一方的な情報を目にしても、何か不自然だ、怪しい、と反射的に感じる習慣が身についているのではないでしょうか。

 

そのせいか、広告を見ていると、同じような怪しさを感じて身構えてしまうことがあるし、そこであえて触れられていないことの方が、むしろ気になってしまうのです。

 

広告主は、もちろん、そんな反応を引き起こしたいとは思ってもいないのでしょうが……。

 

いずれにしても、ネット世界の多様な視点に慣れ、一面的な情報というものに不自然さを感じるようになった人間にとって、今の広告の多くは、何かバランスを欠いた、見ていてイラッとする存在になってしまっています。

 

バランスを欠いたものを見続けるのは苦痛なので、私たちは、広告に対して意識的・無意識的にツッコミを入れることで、心のバランスを保とうとします。広告が触れようとしない、商品のネガティブな側面を想像し、クチコミサイトの辛辣なレビュアーみたいなコメントを心の中で叫ぶことで、一方的に押しつけられるバラ色のイメージを「解毒」するのです。

 

でもまあ、そんなことを続けていると、どんどん性格が悪くなってしまいそうな気がするし、いちいちそんな面倒なことをしたくない人は、広告を非表示にするツールを使ったり、課金して広告を回避したりするのでしょう。しかし、それができない人は、自分を守るために、目の前の広告にひたすらツッコミを入れ続けなければならないのです。

 

それはまさに、無料サービスを得るための、精神的な労働なのかもしれません……。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

at 18:54, 浪人, ネットの旅

comments(0), trackbacks(0)

怒りに呑み込まれたアメリカ

アメリカの大統領選挙で、共和党のドナルド・トランプ候補が勝利しました。


選挙の直前まで、さまざまなメディアでは民主党のヒラリー・クリントン候補が優勢だと伝えられていたので、想定外の結果に本当に驚き、同時に、これから世界がどうなってしまうのか、先の見えない不安を感じています。


これはあくまで素人の想像でしかないのですが、今回のトランプ氏の躍進は、冷戦終了後に加速したグローバル化による大きな社会変化や、テクノロジーの急速な進化の波に乗ることができなかった多くの人々の怒りや、その裏にある恐怖が、はっきりと目に見える形をとって現れたものだという気がします。


しかし、トランプ氏が大統領になったからといって、そうした怒りの原因が根本的に解消されるとは思えません。グローバル化も技術の進歩も、誰かの手で無理やり止められるものではないし、壁を作って内側に閉じこもろうとしても、長い目でみれば、それは自分たちをさらに苦しい立場に追い込むだけではないでしょうか。


それにしても、アメリカのマスメディア関係者は、今回の事態に、何重もの意味で衝撃を受けていると思います。


まず、トランプ氏の勝利を予想できなかったこと、つまり、今、アメリカ国内で暮らす多くの人々の目に、世の中がどのように見えているのか、それを知り、伝える専門家であるはずの彼らが全然把握できていなかったということに。


そして、マスメディアが束になってトランプ氏へのネガティブ・キャンペーンを行っても、結果として世論を動かすことができなかった、つまり、彼らがこういう重大な場面での影響力を失っていることがハッキリしてしまったことに。


でも、定期的な選挙という機会がなければ、こうしたさまざまな事実が平和的に示されることもなかったわけで、どれだけ衝撃的な結果であれ、それをきちんと受け止め、何かもっと生産的な形で人々の怒りを鎮める方法を探るきっかけになるのなら、民主主義という制度にもまだまだ希望は残されているのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 21:52, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

宇宙で建国!?

先日、ネット上に面白いニュースが流れ、世界中の好事家の間でさまざまな反応が巻き起こっているようです。

 

宇宙国家「アスガルディア」構想が始動:軌道上から地球を防衛、国民も募集中 ニューズウィーク日本版

 

上の記事によれば、ロシアや米国の宇宙開発の専門家たちが、衛星軌道上に独立国家「アスガルディア」を建設する壮大な構想を発表、国連への加盟をめざして、さっそく「国民」も募集しており、すでに多数の人が応募しているようです。

 

まずは来年以降に人工衛星を打ち上げ、将来的には宇宙空間を拠点に、小惑星の資源開発や、さまざまな危険から地球を守る活動を行うとのことですが、素人目に見てもツッコミどころがいろいろあって、本気で受け止めていい話なのか、判断に迷うところです。

 

例えば、宇宙空間に独立国を作るというのは、そもそも、天体を含む宇宙空間の領有を禁じた宇宙条約の第2条に完全に抵触しそうだし、宇宙での資源開発や地球防衛というのも、SF映画の設定ならともかく、近い将来の地球人に、そうした分野への切実なニーズがあるとはとても思えず、そうであれば、アスガルディアの基幹産業はいつまでたっても立ち上がらないということになります。
ウィキペディア 「宇宙条約」

 

それに、アスガルディアが一般的な国家の要件を満たせるのかという問題もあります。国家の三要素とされている、領域・人民・権力のうち、現時点では「領域」が存在していないし、ある程度の「人民」が暮らせる大きさの宇宙ステーションをこれから作るにしても、長い時間と途方もない費用がかかります。さらに、その費用を誰が負担するのかという問題もあります。
ウィキペディア 「国家」

 

まさか、今回ネット上で募集した「国民」に、そのための税金が課せられるなんてことにはならないと思いますが、ちょっと皮肉な言い方をすれば、そういう話が出たとたんに逃げ出すような人々なら、国家を支える「人民」とは言えないのだろうし、彼らに税金を払わせることができないのなら、「権力」も存在していない、ということになります。

 

また、かりにアスガルディアが国家としての体裁をなんとか整えることができたとしても、宇宙空間に住む人々のグループを、国連の一加盟国みたいな形で扱うのが適切なのかという問題もあるでしょう。彼らが暮らす環境は地球上とは全く違うわけだし、彼らが携わる事業も、地球環境や、地上で暮らす人々に大きなリスクを与えうるものです。そういう、ちょっと特別な存在を、地上の国々とまったく同列のものとみなしていいのでしょうか。

 

こういったことを考えていくと、あくまで素人の個人的な感覚にすぎないのですが、宇宙国家の立ち上げというのは、いろいろな意味で、まだ時期尚早という感じがします。

 

宇宙を人類の新しいフロンティアとみなして、そこに新しい発想や組織で乗り出していきたいという関係者の気持ちも想像できなくはないのですが、先走って独立を云々するよりも、まずは人類の共同作業として宇宙空間での活動実績を積み上げていくのが先だと思うし、現時点で国旗とか国歌を決めたところで、当面、国家としての承認が得られる見込みがない以上、それは個人が勝手に独立を宣言して、独自の切手やらコインやらを土産物として売っている、いわゆるミクロネーションと変わらないことになってしまいます。
ウィキペディア 「ミクロネーション」

 

でもまあ、こういう素朴な疑問については、発起人である専門家の方々も当然想定しているはずで、彼らとしては、どれだけ空想めいた話に聞こえようとも、今、宇宙国家の構想を語り、世界の注目を集めることに、それなりの意義があると考えているのでしょう。それに、今の世の中の変化の速さを考えれば、数年後、数十年後には、こうした構想がごく当たり前に受け取られるような世界になっているかもしれません。

 

……と、あれこれ考えているうちに、アスガルディアみたいに、ストレートに宇宙国家建設の夢を語る人々よりも、google とか facebook のような新興巨大IT企業の方が、条件的には、よほど宇宙国家の実現に近いところにいるのではないかという気がしてきました。

 

そうしたIT企業も、もちろん、現時点では国家の三要素を満たしているわけではありませんが、彼らは生活に密着した便利なサービスを提供することによって、億単位のユーザー(人民)の心をがっちりとつかんでいるし、「利用規約」を独断で決定し、それに従わないユーザーを締め出すことのできる力(権力)ももっています。

 

そして、さまざまなサービスによる売り上げや、企業の将来性と引き換えに集めた巨額の資金を、新たな分野への投資や研究開発に充てることができています。彼らの多くは、今のところ、宇宙開発にのめり込んだりするようなことはありませんが、ビジネスとして有望であると判断すれば、可能なところから着実に手をのばしていくだろうし、その結果として、将来的に、いくつかのIT企業が宇宙開発の分野に大きな影響力をもつようになる可能性もあるのではないでしょうか。

 

ただ、それは宇宙への夢やロマンを感じさせるものというよりは、冷徹なソロバン勘定に基づいて、さまざまな企業が主導権を争い合う、殺伐としたものになりそうな気がします。とはいえ、人類のこれまでの歴史と同様、そうしたドロドロした欲望こそが、時代を先へ先へと動かしていくのかもしれません。

 

もっとも、そうした企業は、さらなる利益の追求を可能にする自由なフロンティアとして宇宙を目指すことはあっても、そこにわざわざ国家を建設し、多数の国民を食わせていく義務や不自由を抱え込もうなどとは考えないだろうという気はしますが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:04, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)