このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

「旅人」しか信用できない

もうずっと前のことですが、あるときふと、これまで自分がどんな本に影響を受けてきたのか知りたくなって、記憶に残っている作家の名前や本のタイトルを書き出してみたことがありました。

 

そしてすぐに、それが「旅人」と、その作品ばかりだということに気がつきました。

 

子供の頃から旅行記を読むのが好きだったので、旅をテーマにした作品とか、その著者の名を思い浮かべるのは、自分にとってはごく自然なことでしたが、旅行記以外のジャンルの作家についても、かつて長い旅をしていたり、しばらく海外で暮らしたりと、その経歴の中に、旅人だった時期があるのです。

 

たぶん、いろいろな本を読んでいるうちに、作者に長い旅の経験があるかどうかを、何となく嗅ぎ分けるコツみたいなものが自然に身についてしまったのでしょう。旅人の書いた本ばかりを、無意識のうちに偏重してしまうこの傾向は、今でも変わっていません。本だけでなく、ブログや twitter などにしても、特に面白く感じ、読むのを楽しみにしている書き手は、やはり旅人であることがほとんどです。

 

彼らの書く文章には、視野の広さや、自由で柔軟な考え方が窺えるだけでなく、現実的で、地に足のついた生活感があり、適度なユーモアも感じられます。

 

彼らは、文化や生活習慣、あるいは価値観が全く違う人たちと長く接したり、一緒に暮らした経験を通じて、この世界が多様な人々によって成り立っていること、そして、一つのルールや考え方で世の中全体を仕切ることなど不可能だということを、骨身にしみて理解しています。だから、基本的に他者には寛容だし、物事が自分の思い通りにならない経験を重ねてきたせいか、いい意味であきらめがよく、肩の力がほどよく抜けています。

 

また、彼らは好奇心旺盛でフットワークが軽く、どんなときも、できるだけ自分の目で現実を確かめ、自分の頭で判断しようとします。 いわゆる公式見解や、世間の常識みたいなものを鵜呑みにはせず、日本の社会についても、自分のルーツとして深い愛情をもちつつ、同時に、突き放した視点からも自由に考え、語ることができます。ちょっと褒めすぎかもしれませんが……。

 

そして、そういうパーソナリティが反映された本ばかりを好んで読んでいるうちに、いつしか、そういう文章でないと、どうも波長が合わないというか、読んでいて居心地が悪く感じたり、書いてある内容を信用することができなくなってしまったような気がします。

 

でも、自由で寛容な感じの文章が大好きだからといって、それ以外のタイプを拒絶するようになれば、逆に自分自身の内面はどんどん不自由で不寛容になっていくわけで、何とも皮肉というか、おかしなことになってしまいます。さすがにそれではまずいので、立場や価値観の違うさまざまな人々の文章に触れるようには心がけているのですが……。

 

それと、誤解のないようにつけ加えておくと、私は、旅人として海外で長く過ごした人を無条件で信頼する、というわけではありません。

 

例えば、海外経験の結果、特定の国に入れ込みすぎて、その国の利益代表みたいになってしまったり、逆に、他のすべての国が嫌いになり、日本至上主義者になってしまう人もいます。そういう人たちも、旅の経験は豊富なのですが、さすがに、こだわりが強すぎて、ついていけないものを感じてしまいます。

 

あるいは、世界各国の表も裏もいろいろ見てきたせいか、普通の人は知らないような事情に精通し、何だかよく分からない仕事でうまく稼ぎながら、この世界のおいしいところをつまみ食いして、楽しくやっているような人もいます。そのスマートな身のこなしに羨ましさを感じるのは事実ですが、やはり、多少のうさん臭さは隠しきれないものがあるし、実際、表に出せない秘密がある人もいるのかもしれません。

 

ただ、彼らがそうなっていった理由なり経緯なりを考えると、現在の姿だけを見て、彼らを一方的に否定することもできない気はします。もしかすると自分だって、どんな経験をしたかによっては、そして、それをどう受け止めたかによっては、彼らのようになっていたかもしれないし、今後、自分がそうならないという保証もないのですから。

 

自由で寛容な精神を培いつつ、つねに現実感や生活感も失わずにいるためには、居心地のいい世界の外に踏み出して、さまざまな見聞を重ねるだけでなく、その体験とどう向き合っていくかも重要なのでしょう。そして、それがうまくいくかどうかは、実際にやってみなければ分からない、賭けみたいなものなのかもしれません。

 

それはともかく、心の自由な旅人たちに、私が憧れを感じ、彼らの文章や発言に強い影響を受け続けているのは確かですが、それは、世の中の一般的な価値観からは、かなりズレているのだろうと思います。

 

自由とか寛容とか言うとそれなりに聞こえはいいかもしれませんが、世間では、そういう腹の足しにならないことにこだわる人よりも、もっと実際的な人間の方がずっと重んじられるものです。お得な情報や面白いネタを教えてくれる人はもちろん、多くの人に受けのいい言葉やストーリーを紡いでみせる人とか、何か大きな目標に向かって突き進む人の方が、ずっと人気があるのではないでしょうか。

 

それでも、今後、世界全体がますます激しく変わっていくことは間違いないので、上に挙げたような「旅人」的なパーソナリティも、変化を受け入れ、この世界を生き抜いていくうえで、多少の役には立ちそうだし、その意味では、彼らのようなモノの見方や考え方に、ふだんから親しんでおくのも悪くはないのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 20:36, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

旅行熱遺伝子

先日、ネットでちょっと面白い記事を見かけました。

 

運転が下手?なまけもの?実はそれ、遺伝子のせいかもしれない。親から子へ遺伝する意外な10の性格・性質 カラパイア
 

人間の遺伝にまつわるさまざまな小ネタを集めたものですが、その中に、旅に関するものがありました。ドーパミン受容体の遺伝子に、「旅行熱遺伝子」と呼ばれる変異(DRD4-7R)があって、その変異を持つ人は冒険スピリットに富んでいる、というのです。

実は、この「DRD4-7R」については、以前から、ネットメディアでは何度か取り上げられているようです。
世界人口の20%がかかっている「病気」- ワンダーラストとは? HUFFPOST
 

「旅行熱遺伝子」とはいうものの、これは別に、旅や冒険みたいな行動ばかりを誘発するわけではなくて、要は、目新しいものに強く心を惹かれるようになる、ということのようです。それが旅への衝動となって現れることもあれば、いつも新しい恋人を探し回っていたり、あるいは、興味関心の対象がコロコロ変わって落ち着きがない、というパターンになることもあるのでしょう。

 

ちなみに、欧米人と比べると、日本人でこの変異を持つ人の割合は低い、という調査結果もあるようです。
「日本人は遺伝的に挑戦が苦手」脳科学でわかる国民性を中野信子氏が解説 ログミー
 

これらが科学的にどれだけ裏づけのある話なのか、懐疑的にとらえる人もいるようだし、私も専門家ではないので、結局のところどうなのか、ハッキリとは分かりません。それでも、「旅行熱遺伝子」の話はともかく、パーソナリティの形成に遺伝がかなり関与しているのは確かなようです。

 

人には、それぞれに持って生まれた性格みたいなものがあるんじゃないかと感じている人は多いと思いますが、そういう生活知のようなものが、最近になって徐々に科学的な根拠を得つつある、ということなのだと思います。

 

ただ、人間の性格が、ある程度遺伝子によって決まってくる、ということが科学的に明らかになり、その詳しいメカニズムが説明可能になったとしても、個人的には、だからといって、自分の遺伝子を詳しく調べてみたい、という気持ちにはならないだろうという気がします。

 

たしかに、遺伝子が人間の心の働きにどのように関わっているのか、それを一般的な知識として知っておきたいとは思いますが、そのことと、実際に自分の性格とどう付き合っていくかということは、全く別の問題だからです。

 

例えば、旅好きの人が遺伝子検査をして、かりに「旅行熱遺伝子」を持っていると判明すれば、「ああ、やっぱり」と思うでしょうが、持っていないと判明しても、「それなら、ほかに何か別の原因があって旅好きになったんだろう」と思うだけの話で、どちらにしても、何か新しい展開がそこに生まれることはないでしょう。

 

逆に、落ち着きがなさすぎる自分の性格に嫌気が差している人が遺伝子検査をして、「旅行熱遺伝子」が見つかっても、「ああ、やっぱり」と思うでしょうし、持っていないと判明したところで、「それなら、ほかに何か別の原因があって落ち着きがなくなったんだろう」と思うだけで、この場合も、やはり何か新しい展開が生まれることはないし、これまでの悩みが解決するわけでもないでしょう。

 

つまり、物心ついて以来、誰もが自分の欲求や行動のパターンに振り回されては、なんとかそれに適応することを繰り返す中で、自分の性格がどんなものなのか、好きにせよ嫌いにせよ、それなりに把握していくわけで、遺伝子検査は、それに科学的なお墨付きを与えるくらいの意味しかないのではないか、という気がします。

 

それに、少なくとも現時点のテクノロジーでは、自分の遺伝子を好きなように変えることなど不可能なので、自分が生まれた時点で両親や先祖から受け継いだ遺伝子と、それがもたらすさまざまなプラスやマイナスを、そのまま受け入れて生きていくしかありません。

 

結局のところ、私たちにとって重要なことは、自分のパーソナリティが遺伝的にどう説明できるか、ではなくて、自分自身のそうした性質の「変えられなさ」とどう向き合い、受け入れ、折り合いをつけていくか、という問題なのではないでしょうか。もちろん、遺伝子がすべてを決定するわけではなく、周囲の環境や自分の努力次第で変えられる部分もあるので、何をどのように変えていけばいいか、よく考えて行動する必要もありますが。

 

そしてそれらは、自分の遺伝子について知らなくても、十分にできることなのだと思います。

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 19:31, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

スマホか、旅の思い出か

先日、ネットでちょっと面白い記事を読みました。

 

旅先でもずっとスマホを覗き込んでいると、 旅の経験から「エンゲージメント」と「非日常性」が失われ、せっかくの思い出が記憶に残らなくなってしまう、という内容です。

 

旅先でもスマホでメール処理…結果、「美しい記憶」が失われる理由 WIRED

 

上の記事には、その裏づけとなる具体的なデータが示されているわけではないし、私も記事のネタ元までさかのぼってきちんと確認したわけではないのですが、旅先でスマホを使うことによって、目の前で起きていることに集中できなくなったり、日常と同じ行為を旅に持ち込むことで非日常性が薄れてしまうという説明は、たしかにその通りだという気がします。

 

ただ、もし旅行者が、旅先でも仕事のメールを見ずにはいられなかったり、SNSで友人たちとの他愛ないやり取りを延々と続けてしまうのだとしたら、本人の心の中では、旅の目新しい体験よりも、スマホを通して得られるいつもの経験の方が、ずっと重要だと判断しているということです。

 

つまり、本人は、旅に出てリフレッシュしたいとか、いつもと違う経験をしたいとか、心の表面ではいろいろなことを考えているのかもしれませんが、それとは裏腹に、心の底ではいつもの日常を手放すつもりなど全くない、ということなのだと思います。

 

上の記事は、旅行中はスマホを控えめにしましょう、みたいな常識的なアドバイスで締めくくられていますが、みんながそれに従って自分の欲求を完璧にコントロールできるなら、そもそもスマホ中毒みたいな問題も起きていないでしょう。

 

問題は、ふだんの生活で肌身離さずスマホを持ち歩き、つねに画面を覗き込んでいるような人なら、まず間違いなく、旅先でもスマホを見ずにはいられないだろうということで、そうである限り、どんなにエキゾチックな異郷に行ったとしても、その人の心の中に、いつもと違う世界が入り込む余地はないということです。

 

逆に、その人が一大決心をして、たとえば丸一日、スマホを見るのをガマンしてみるなら、きっと大変な苦しさを伴うとは思いますが、それは、大金をはたいて海外旅行をしたりするよりも、ずっと非日常的な経験となり、後々まで記憶に残るような、印象的な一日をもたらしてくれるかもしれません。

 

まあ、こんなことを偉そうに書いている私自身も、ネットにつながらない日なんてないのですが……。

 

 

記事 「何もしない」という非日常
記事 日常の非日常化と非日常の日常化

記事 「ネット断食」の試み

 

 

JUGEMテーマ:旅行

at 18:58, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)