このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

ネット上では、もはや当たり前となった感のあるフリー(無料)の商品やサービス。人間、タダという言葉の響きには逆らえないもので、私も無料と知るとつい手を出してしまうのですが、一方で、いつかどこかでこのツケを払わされるんじゃないかとか、このままいろんなものがタダになったら世界の経済はどうなるんだろうとか、心のどこかで一抹の不安を感じるのも確かです。

いま、インターネットを席巻している無料化の流れに乗っかることは、果たしていいことなのか、それとも、長い目で見れば良くないことなのか……。これはたぶん、けっこう重大な問題だと思うし、見かけの損得にはとらわれずに、できるだけ広い視野で自分なりに考えてみる必要があるように思います。

まあ、私の場合、そうやって偉そうなことを言うわりには、この本が出版されて1年以上経った今頃になって、ようやく手にとっていたりするわけですが……。

それはともかく、この本では、IT技術の革新が生んだ新たなフリーの形を中心に、無料経済に関するさまざまなトピックが取り上げられています。

著者のクリス・アンダーソン氏によれば、ネットの世界では、コンピュータの情報処理能力、デジタル記憶容量、通信帯域幅の三つが、今や安すぎて気にならないレベルに達しつつあります。

そうした環境では、デジタル化された商品なら、ほとんど限界費用ゼロで大量に複製・供給できるため、そこに新たなフリーの形が生まれています。

彼は、いま存在しているフリーのパターンを、以下の四つに分類しています。

 …樟榲内部相互補助(すでにおなじみのマーケティング手法で、何かを無料にすることで客の気を引き、他の商品で利益を出す)
◆〇絢坿峪埔譟淵謄譽啅匹肇好櫂鵐機爾隼訥絢圓隆愀犬冒蠹)
 フリーミアム(基本版や基本利用料を無料にし、少数のユーザー向けのプレミアム版やプラスアルファのサービスで利益を出す)
ぁ“鷁瀛昌埔譟並M燭簗欺の労働、不正コピーなど、貨幣市場の外にあるもの)

インターネットにおける△領磴箸靴討發辰箸睛名なのは、オンライン広告の利益でさまざまな無料サービスを展開するグーグルでしょう。また、△砲弔い討蓮20世紀に生まれたマスメディアのビジネスモデルが、ネットの出現によって、他の産業に拡大しつつあるともいえます。に関しては、フリー化が急速に進むオンラインゲーム市場などの例が紹介されています。
ウィキペディア 「フリーミアム」

ただ、△皚も、見かけこそ目新しいものの、フリーの訴求力で潜在的な顧客を集め、そこから何らかの形で収益を上げるという点では、決してこれまでの資本主義のルールを逸脱しているわけでもなく、,里茲Δ塀祥莊燭離侫蝓爾函∨楴租な違いはないのかもしれません。

こうして、ウェブの世界では、フリーを中心とする新たな経済生態系が出来上がりつつあり、すでに無視できない規模になっています。アンダーソン氏によれば、それは控え目に見積もっても 3,000億ドルに達するといいます。

しかし一方で、ネット上で無料で読めるニュースが新聞社の経営を悪化させたり、ウィキペディアが百科事典の市場をまたたく間に縮小させたりと、急速なフリー化が猛威をふるっているように見えるのも確かです。そうした例を見ていると、その進行を手放しでは喜べない気がします。それは、やがて数多くの産業に壊滅的な打撃を与え、多くの人から仕事を奪う結果になるのではないでしょうか?

アンダーソン氏によれば、フリー化は、従来の市場における売り上げなど、見かけ上の価値を縮小させているように見えるものの、無料化によって多くの利用者にメリットがもたらされるなど、富が、計測しにくい形で再配分されているのだといいます。

また、興味深いことに、インターネットの出現で、「評判」や「注目」という、これまでは計量できなかった漠然とした概念が、目に見える量として扱えるようになりつつあります。例えば、ウェブ上では、リンクをされた数は「評判」、トラフィックの量は「注目」と見なすことができるのです。

評判や注目を数値として扱えるなら、やがて、それを貨幣的な価値に変換することも可能になるかもしれません。つまり、フリーを効果的に用いるなどして高められた評判や注目などの非貨幣的な価値が、何らかの形で経済的な収益に結びつく可能性があるわけです。

もっともそれは、本来カネとは無関係だった世界のものごとが、資本主義経済の枠組みの中に、次々と飲み込まれていくということなのかもしれませんが……。

この本は、単純なフリー礼賛論というわけではありませんが、読んでいるとやはり、ウェブを中心としたフリー化の流れは止めようがないのだというメッセージが伝わってきます。また、デジタル化されたものは遅かれ早かれ無料になる運命なのだし、フリーの周辺でお金を生みだす方法はあるのだから、今後もこの世界で生き延びようとするなら、フリーを前提とした新たなしくみに適応するしかない、という気がしてきます。

ただ、それはそうなのでしょうが、その一方で、近い将来、ホワイトカラーの仕事がどうなっていくのか、ちょっと不安になります。

アンダーソン氏は、「無料のモノやサービスが有料のものと釣り合って発展する必要がある」と言ってはいるものの、無料で有用な商品が次々に供給されるようになり、人々の生活やビジネスがそれを前提とするようになれば、20世紀型の高コスト体質の巨大企業がこれまでのようにサバイバルするのはどんどん難しくなっていくだろうし、現在人間の手によって行なわれている膨大な事務作業の多くも、仕事としての意味や価値を失っていくのではないでしょうか。

そうなると、いわゆる先進諸国の人口の多くを占め、新興国では新たに続々と生まれつつある中産階級というものは、これからどうなるのでしょうか? グローバル化によって世界レベルの競争が激化し、フリー化も進んだ世界において、彼らすべてを十分に養っていけるだけの仕事は残されているのでしょうか?

かつての工業化社会のような、稀少な資源を管理するための論理と倫理で今なお動いているリアル世界の経済と、インターネットから広がりつつある、21世紀的な潤沢さの論理と倫理によって動くフリー経済とを、どのような形で共存させ、バランスをとればいいのか、そして私たちの社会の将来像がどんなものになるのか、この本では明確な見通しは示されていません。

とにかく、フリーに関しては考えるべきことが多すぎて、この本をひととおり読んでみても、頭の中がスッキリするというよりは、むしろ混沌とした未来を垣間見ているようなモヤモヤ感に襲われます。

まあ、未来のことなど誰にだって分からないわけで、それをあれこれ先走って心配しても仕方がないのでしょうが……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

at 19:08, 浪人, 本の旅〜インターネット

comments(0), trackbacks(0)

『電子書籍の衝撃』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

現在アメリカを中心に普及が加速しつつある電子書籍ですが、それは本の流通や消費のあり方を、どのように変えていくことになるのでしょうか? 

著者の佐々木俊尚氏は、この本の中で、自らの思い描く本の将来像を、電子化で先行する音楽業界などの具体例をまじえながら、分かりやすく示そうと試みています。

前半では、キンドルやiPadなど、電子書籍を快適に読めるタブレットの登場と、そうした画期的なデバイスの市場投入によって、電子書籍の流通プラットフォームを押さえようとするアマゾンやアップルなどの熾烈な競争について描かれています。

ただ、こうした話題については、マスメディアで何度も取り上げられているので、詳しく知っておられる方も多いでしょう。

まあ、私個人としては、どの企業がプラットフォームを支配するにしても、とにかく安くて使いやすいデバイスが出回り、日本でも数多くの電子書籍が楽しめるようになるなら、それで充分だと思っています。

この本で興味深いのは、やはり後半部分、電子書籍のプラットフォームが確立したあと、私たちにとって、本を読むという行為がどのように変化していくのか、その将来像を語っている部分でしょう。

これまで、紙の本を印刷し、書店へ配本するという作業には大きなコストと手間がかかっていましたが、電子化された本ではその必要がなくなるため、出版へのハードルが下がります。それによって、書き手自身が本を出版する「セルフパブリッシング」が可能になります。

また、流通コストが実質的にゼロに近づくので、書籍の価格が大きく変わる可能性があります。実際、アメリカではすでに低価格化が始まっています。

さらに、出版社にとっては、在庫を抱えるコストもなくなるので、過去に出版された本を絶版にする必要もなくなります。

その結果、電子書籍の流通プラットフォーム上では、プロとアマチュア、新旧の本が同じように並ぶ「フラット化」が進行します。

当然、それは本の流通・消費のあり方や、出版社のビジネスモデルに大きな変化をもたらさずにはいないでしょう。

それに関連して、佐々木氏は、現在の日本の出版業界の衰退の大きな原因は、日本の若者の活字離れとかインターネットの普及にあるのではなく、その流通プラットフォームの劣化にあるのだと厳しく指摘しています。雑誌の流通網をベースに形成された、日本独特の本の大量流通の仕組みや、取次や書店が本を買い取るリスクを負わない「委託制」が、出版の質の低下を招いてきたというのです。

これまでのような、マスメディアの広告やベストセラー・ランキングを参考に、みんなが同じような本を読むマス流通の仕組みが衰退していく一方で、ブログやレビューサイト、SNSなど、各種のソーシャルメディアが重要な役割を果たすようになり始めています。

電子書籍の流通プラットフォームの確立に合わせて、今後は、ソーシャルメディアに流れる多様な情報を通じて、読者一人ひとりが、それぞれの好みに合った本を見出せるような新しいマッチングの仕組みが形成されていくでしょう。

このあたりのことは、ふだんからソーシャルメディアを使いこなし、その恩恵にあずかっている方なら、改めて説明するまでもなく、実感として理解できることなのではないかと思います。

私も本好きの一人として、電子書籍の普及とともに新しい読書の世界が広がっていくのはすばらしいことだと思います。また、「読者と優秀な書き手にとっての最良の読書空間を作ること」が最も大切だという佐々木氏の主張や、この本で描かれるポジティブな将来像に、強い共感を覚えます。

ただ、現実に目を向けると、これから何年かのあいだは、欧米から広がる急速な電子化の波と、現状維持をはかろうとする日本の出版業界の動きとが、激しいぶつかり合いを演じることになりそうで、その決着がつくまでのあいだ、日本の読者は、さまざまな不便やまわり道を体験させられそうな気がします……。

あと、この本では詳しく触れられていませんが、電子書籍の普及は、本の流通の仕組みだけでなく、本そのものの体裁も大きく変えていきそうな気がします。

例えば、現在、一般的な本は200ページ前後ですが、印刷や流通上の制約からそうなっている側面も大きいと思います。電子書籍なら、数十ページしかないコンテンツを一冊の本として独立させたり、極端な話、短編小説やエッセイ集をバラ売りすることも可能になります。

また、音楽やビジュアルと融合したコンテンツを開発したり、読み手の好みに応じて、縦書きと横書きを切り替えるようなことも可能でしょう。

それともう一つ。これもこの本の内容とは直接関係ありませんが、読書家はこれまで常に書店をチェックし、欲しい本はその場で確保しないと、他人に買われたり絶版になったりして、二度と手に入らなくなるという恐れにさいなまれてきました。

しかし電子書籍化が進めば、本はいつでもどこでも手に入るので、読者は読みたい本のリストだけ作っておいて、それをもとに、読み始めるまさにその瞬間に本を買えばいいということになります。

そうなると、いわゆる「積ん読」をする必要がなくなるわけですが、これまで「積ん読」のために必要以上に本を買っていた人はかなり多いはずで、その分の需要がごっそり減ることになれば、出版業界に意外と大きなインパクトを与えるかもしれません……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書
 

at 18:41, 浪人, 本の旅〜インターネット

comments(0), trackbacks(0)

『デジタルネイティブ ― 次代を変える若者たちの肖像』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、昨年の11月10日に放送された『NHKスペシャル デジタルネイティブ』の内容を、取材や番組制作のプロセスを交えて書籍化したものです。

13歳で起業し、SNSで世界中から専門技能を集めてカードゲームを開発したアメリカの少年、「ネット上の不特定多数への信頼」をベースにしたさまざまなサービスを生み出す「はてな」創業者の近藤淳也氏、そして、市民運動に関心のある200か国20万人以上が集まるSNSを運営し、ネット上に自分たちの「国連」をつくり出そうとする若者たち……。

この本では、インターネットの発展と時を同じくして成長し、ネットとリアルを同じ現実としてとらえ、ネットの可能性を信じ、地位や肩書にとらわれず、互いの情熱や能力によってつながりながら、強力なネットワークを生み出していく「デジタルネイティブ」たちの姿が紹介されています。

もちろん、ここに登場する人々は、TV番組としてのインパクトと分かりやすさを求めて選ばれた特別ケースであって、インターネットを利用する若い世代の平均的な姿を示しているわけではないでしょう。

また、新しいタイプの若者が現れつつあることに一般の注意を喚起するうえで、番組は一定の役割を果たしたと思うのですが、「デジタルネイティブ」という言葉が意味するもの、つまり、その具体的な特徴や、彼らがもたらす将来の社会変化の可能性について、明確にその姿を描くところまでは至っていないようです。

ただ、ネット世界にある程度なじんでいる人なら、「デジタルネイティブ」に関する詳細な研究を待つまでもなく、以前からインターネットの可能性として言われつづけてきたことをまさに体現する存在として、彼らのことを驚きよりは共感をもって受け止めるのではないかという気がします。

私はこの本を読んでいて、むしろインターネット「以前」の世代、つまり現在40代より上くらいの、社会的にはマジョリティといえる人々が、こうした新しいタイプの若者たちに対して、今後どのような反応をするかの方が気になりました。

若く優秀な人々が、彼らのネットワークとネットの効率性を駆使して、「大人」たちの経済的・社会的な実力を凌駕する時代が、もしかすると、私たちが思っているよりもずっと早くやってくるかもしれません。

そのような事態に直面したとき、実務能力ではネット世代に到底かなわない年長者らは、今までと同じように古臭い精神論を掲げ、「年長者に従え!」と虚しい説教をくり返すのでしょうか? それとも彼らの地位と権力を賭け、これまでの社会経験で身につけたしたたかさを発揮しつつ、若い世代に対して死にもの狂いの戦いを挑むのでしょうか? あるいは、世の中の激動に抗することもできず、ただそのありさまを傍観することになるのでしょうか……。

インターネットがリアル世界にもたらす葛藤は、決して「世代間闘争」に収斂するものではないと思いますが、それでも、世の中を実際に動かすパワーを誰がどのような形で握るかをめぐって、これから何年にもわたって、世の中が激しく動くのは確実でしょう。

それともうひとつ、ネットの世界で多様なバックグラウンドの人々がフラットにつながるといっても、現実的なコミュニケーション言語としては、圧倒的に英語が使われているという現状があります。

英語圏の人々にとって、これは大きなアドバンテージであり、また同時に、世界中の人々とホワイトカラーの仕事を奪い合うことになるという意味では脅威でもあるのですが、(英語に堪能な一部の人を除く)日本人の場合、ネットの可能性以前の問題として、言語という大きな壁が立ちはだかっています。

これは、私たちにとって決定的に不利なことなのでしょうか? それとも、世界的な大競争に直接巻き込まれない幸運に、しばし安堵すべきなのでしょうか?

まあ、安堵するといっても、与えられる時間的猶予はわずかだろうし、翻訳ソフトが高度に発達すれば、そうした壁もいずれ乗り越えられてしまうのでしょうが……。

それにしても、すでに年齢を重ね、今さら若い人と同じスピードで新しいテクノロジーを吸収することなんてできないと思う人は、こうした本を読んだり、将来の見通しについて考えるだけで脅威を感じてしまうかもしれません。

しかし、すべての世代の人々にとって、インターネットには影ばかりではなく光の側面もあるはずです。

本当に自分が情熱をもってやりたいことを見つけた個人が、出身・性別・年齢・地位や肩書きとは一切関係なく、ネット上のネットワークとインフラによって驚くべき力を手に入れる可能性が広がっているというのは、これまでの社会の仕組みの中で分不相応な特権を享受していた一部の人を除けば、やはり多くの人にとっての希望だと思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 19:23, 浪人, 本の旅〜インターネット

comments(0), trackbacks(0)