このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『続・世界の日本人ジョーク集』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、しばらく前にベストセラーになった、『世界の日本人ジョーク集』の続編です。

前作同様、この本には、世界各地で語られている日本人ジョークの数々が収録されており、ここ一、二年の間に創られたような最新作も含まれています。

ただ、やはり新しいジョークについては、完成度があまり高くないような気がします。それに時事的なテーマが絡んだジョークでは、解説を読まないと面白みが分からないものもあります。

民話や都市伝説のように、ジョークも多くの人々の間で流通し、作り変えられ、時間の試練にさらされるうちに、聞き手の心に残る面白いものだけが選ばれ、後世に受け継がれていくのでしょう。

この本の全体的な印象としては、「続編」の宿命というべきか、前作よりもパワー不足の感は否めません。また、私には、早坂氏によるジョークの解説もちょっと説教臭く感じられます。

もっとも、肝心のジョークを単純に楽しまずに、ついこんな風にシビアな目で見てしまうのは、この本で指摘されているように、私も「笑いに厳しい」日本人の一人だからなのでしょうか……。

それはともかく、この本を読んでいると、昨今の世界のめまぐるしい変化とか、世界的に活躍する有名な日本人の存在が、ジョークの中にも素早く取り込まれていくのが分かります。

また、世界中の人々が実際に日本人に接する機会が増え、日本やその文化についての情報も広がりつつあるせいか、ジョークに登場する日本人も、これまでのステレオタイプなイメージばかりではなく、多様で個性的なキャラクターをいきいきと演じるようになりつつあるのも、とても面白いことだと思います。

それから個人的には、この本に収録されているジョークが、どういう状況で、どういう人物によって語られていたのかを知りたいと思いました。ジョークが採集された場所や時期、その語り手のことや話された状況なども解説の中で示してもらえたら、それぞれのジョークがどのように生み出されたのか、その背景を含めてより深く理解できるのではないかと思います。

……と、ジョークを笑って受け流すだけでは収まらず、その背景までついつい知りたくなってしまうというのは、これまた私が日本人だからでしょうか……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:48, 浪人, 本の旅〜ことばの世界

comments(0), trackbacks(0)

『世界の日本人ジョーク集』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

最近のベストセラーとして多くの人に読まれた『世界の日本人ジョーク集』。私も遅ればせながら読んでみました。

この本に集められたジョークの中には、国際紛争のホットな部分に関するものなど、かなりブラックで毒のある作品もあります。

しかし、早坂氏の一般教養的な解説や、随所にちりばめられた彼のルーマニア在住時のエピソードのおかげか、全体的にそうした毒気はうまく中和されていて、楽しく読みながら、海外の人々の目に映る日本人のイメージが一覧できるような内容になっています。

個人的には、民族の違いを際立たせるエスニックジョークの数々が一番面白く感じられました。

こうしたジョークはそれぞれの民族に対するステレオタイプに基づいていることが多いので、時と場合によっては相手にネガティブな印象を与えたり、差別的だと受け取られることもあるので注意が必要ですが、よくできたジョークはさまざまな民族に関する一面の真実をついているような気がするし、オチも秀逸で大いに笑えます。

それにしても、この本がベストセラーになったという事実自体が、日本人が世界でどういうネタで笑われているか、ひととおり知っておきたいという日本人の研究熱心さを表しているようで、これもまた、実に日本人らしい現象といえるのかもしれません。

もちろん、この本を手にした私自身も、そういう日本人の一人だということになるわけですが……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 19:01, 浪人, 本の旅〜ことばの世界

comments(0), trackbacks(0)

『口語訳古事記 完全版』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

本書は、古代日本の神話と歴史の書『古事記』の全文を現代語、しかも語り口調で訳すという冒険的な試みです。

訳者の三浦佑之氏は、語り部の古老が若者たちを前に昔語りをするという設定のもとに、老人の語り口調で『古事記』を訳しているのですが、用いられているのは、マンガやアニメでおなじみの「じいさんキャラ」に共通する、「〜じゃった」「〜よのう」という独特の言い回しです。

これが意外なことに、読んでみて全く違和感がないばかりか、ユーモラスで生き生きとした「じいさんキャラ」の力が、堅苦しいはずの古典を楽しい読み物として見事に甦らせています。「こんな方法があったのか!」と、読んでいて目からウロコが落ちる思いがしました。

語り部の古老は、あるときはとぼけてみせたり、またあるときはチクリと皮肉を言ってみたりと、なかなか複雑で味のあるキャラを演じてみせるのですが、そうした「語り部の独白」は、原文の流れを補ったり、本文のエピソードの意味を分かりやすく解釈するために、三浦氏が『古事記』本文に独自につけ加えたものです(そうした補足部分は、オリジナル部分と区別できるよう、すべて脚注で明記されています)。

また、詳細な脚注や解説にも、現在までの『古事記』研究の成果をふまえた上での、三浦氏自身の解釈が濃厚に反映されています。言ってみれば、本書は一定の意図と解釈のもとに編まれた「三浦古事記」とも言うべき作品で、読んでいく上でその点は注意しておく必要があると思います。

しかし、三浦氏がそうした大胆な試みを行った大きな理由は、『古事記』の、文字に書かれたテキストとしての側面よりも、『古事記』が抱えこんでいる「文字とは無縁な世界」、音声を通して世代から世代へと出来事を語り継いできた「語り」の営みという側面を強調することにあります。

そしてそれは、公の歴史書としてよりもむしろ、「神がみや英雄たちの活躍する空想冒険叙事詩」として、あるいは「哀しい恋物語や陰謀のうずまく戦さ語り」として、『古事記』を再生してみようとする試みです。

それは、一つの実験的な試みですが、今までになかったユニークで価値のある試みだし、実際に成功していると思います。

いわゆる「古典」の堅苦しさに挫折して、まだ『古事記』を読み通したことがないという方は、ぜひ本書を試してみてください。

なお、本書は文庫化(「神代篇」「人代篇」の2分冊)もされています。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 18:53, 浪人, 本の旅〜ことばの世界

comments(0), trackbacks(0)