このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『共時性(シンクロニシティ)の宇宙観 ― 時間・生命・自然』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

本書は、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユング氏が提唱した共時性(シンクロニシティ)の概念が、人類の思想史の中でどのような位置を占めているのか、ユングの思想と東アジアの伝統的な思考様式とのかかわりを解説するとともに、近代合理主義の行き詰まりを克服し、新たな自然観と人間観の枠組みを創りあげていくうえで、共時性の概念がどのような役割を果たし得るのか、その手がかりを示そうとする試みです。

 ユングは共時性の概念を、中国哲学の源流である『易経』の思想にもとづいて提唱している。易の基本原理は、人間と自然の間の神秘的共感の体験にもとづいている。この思考様式は、古代から近代に至る中国哲学史の全局面をつらぬく伝統になっていると言っていいであろう。そればかりでなく、自然との心理的共感の体験は、理論的思索の問題であるよりも前に、全人格的な主体的実践の課題である。この問題の波及する範囲は、宗教や哲学から医学や武術・芸道など種々の身体技術、さらに人事や自然とのかかわりに至る広い諸分野に及んでいる。ユングは、共時性の理論を単に思想史の過去を回顧するために提起したのではない。彼は、その生涯にわたって研究を重ねた心理学の臨床的経験と思索とをふまえて、現代の思想と科学の世界に対してその意味を問いかけたのである。


本書を読むと、共時性という概念が、いわゆる「虫の知らせ」や「信じられないような偶然」といった不思議な現象を説明する怪しげな理屈というレベルを超えて、近代科学の枠組みを根本から問い直すような巨大なインパクトを秘めているということがよく分かります。

因果性の原理を前提とする近代科学が、私たちの生活を豊かにすることに大きく貢献してきたことは疑いのない事実だとしても、共時性の原理というもう一つの視点に立ってみることで、因果性の原理が相対化され、それがリアリティを把握する唯一絶対の方法ではないことが分かるのです。

ただ、上の引用にもあるように、東アジアの伝統では、「自然との心理的共感の体験は、理論的思索の問題であるよりも前に、全人格的な主体的実践の課題」でした。理論云々よりも、まずは「人間と自然の間の神秘的共感」を実際に体験することが重視されてきたわけです。

共時性についても、多くの人にとっては、それを知的に納得のいくように説明しようと試みる以前に、まずはそれを実際に体験し、一人ひとりがそこに「人生を生きることの価値や意味」とのかかわりを見出すという側面の方がより重要であるように思えます。

その意味では、すでに共時性の原理を認め、それにかかわる何らかの実践に踏み出している人にとっては、アカデミズムの世界で共時性の原理が広く受け入れられ、今後も知的な検討が加えられるかどうかは、それほど重要な問題ではないのかもしれません。

そうした人にとっては、例えば以前に紹介したフランク・ジョセフ氏の『シンクロニシティ』や、ジェームズ・レッドフィールド氏の『聖なる予言』など、いわゆるスピリチュアル系の本の方が、内容的にさらに踏み込んでいるという点で面白いだろうし、実践上の参考にもなるのではないかと思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:48, 浪人, 本の旅〜共時性

comments(0), trackbacks(0)

『本当にあった嘘のような話―「偶然の一致」のミステリーを探る』

本当にあった嘘のような話―「偶然の一致」のミステリーを探る
本当にあった嘘のような話―「偶然の一致」のミステリーを探る
マーティン プリマー, ブライアン キング, Martin Plimmer, Brian King, 有沢 善樹

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

これは世界各地で起こった、信じられないような「偶然の一致」に関する事例集です。

本書の前半は、「偶然の一致(シンクロニシティ)」に関して、それが単なる偶然にすぎないのか、それともそれ以上の「超常的」なものなのか、という古くからの議論を中心に、やや理論的な話題を紹介しています。

ごく一般の読者を意識してか、いわゆる「オカルト系」の本のようにあまり深入りはせず、イギリス人らしい皮肉もまじえつつ、予備知識として知っておくべき必要最小限の話題を網羅しています。

後半は古今東西の「偶然の一致」事例集です。イギリスの事例が中心ですが、タイタニック号の事件を予言(?)した小説の話や、リンカーンとケネディの驚くべき共通点など、有名な話を含めて様々なカテゴリーの逸話が集められていて、読み物として楽しめます。

全体を通じて肩のこらない楽しい本ですが、本格的にシンクロニシティについて理解を深めたいという人にはやや物足りないかもしれません。

それはシンクロニシティが、体験者にとって意味のある(偶然の)一致であるということとも関係するかもしれません。他者に起きたシンクロニシティの事例を読んだり聞いたりすることは楽しいし、興味をそそられることは確かですが、その「意味」の重さは、やはり当事者でないと実感できないところがあります。

そういう意味では、シンクロニシティを深く知るには、自ら体験することにまさるものはないわけです。先日紹介したフランク・ジョセフ氏の『シンクロニシティ』では、「シンクロニシティ日記」をつけるなどの方法で、自ら体験を引き寄せようという実践の方向に一歩踏み出していますが、この現象に興味のある人にとってはその方がより参考になるのではないかと思います。

もっとも、シンクロニシティの探求にのめりこみすぎると、すべての出来事に強迫的に意味を見出そうとするようになってしまう可能性も指摘されています。本書の著者がすすめるように、ほどほどに、健全な範囲内で関心を持ち続けるというバランス感覚も必要でしょう。



本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 21:02, 浪人, 本の旅〜共時性

comments(0), trackbacks(0)

『シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅』

シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅
シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅
フランク ジョセフ, Frank Joseph, 宇佐 和通

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

シンクロニシティは、「虫の知らせ」とか「信じられないような偶然」という言葉で古くから知られているもので、一般的には「意味のある偶然の一致」と定義されることが多いのですが、従来の科学の範疇では説明の困難な、不思議な現象です。

科学的な説明が難しいだけでなく、仮に身近に起こったとしてもその意味を測りかねるケースが多く、たいていの場合は、ちょっと不思議な面白い体験で終わってしまうのではないでしょうか。

ジョセフ氏のこの本は、氏が個人的に収集したシンクロニシティの事例をカテゴリー別に紹介し、後半ではシンクロニシティについて簡単な考察を加えると共に、読者が各自で探求を進めることができるよう、「シンクロニシティ日記」をつけることを勧め、そのポイントも解説しています。

この本は、シンクロニシティに今まであまり興味をもったことのないごく普通の人に向けて書かれており、理論的に考察するというよりは、まずは豊富な事例を通じてその現象の広がりと奥深さを明らかにしています。

その上でシンクロニシティを、神や自然が人間の無意識を通じてメッセージを伝えてくるものととらえ、それを各自の人生に生かす実践的な方法を解説しています。

ジョセフ氏が強調するように、シンクロニシティの意味を読み取るのは体験する本人であり、それを無視するか、意味のあるメッセージとして受けとるかは体験者次第です。また、体験者の感受性が低ければ、シンクロニシティが起こっているのに気がつかない場合もあるでしょう。

そういう意味で、「シンクロニシティ日記」をつけるというのはとてもいいアイデアだと思います。また、「夢日記」を平行してつけることで効果が増すというのもうなずけるところです。

両方を活用することによってシンクロニシティをより多くキャッチできるようになるし、一つ一つの体験を個別に解釈するより、いくつかのシンクロニシティが作り出す意味の関連性や流れのようなものをつかむことで、メッセージをはっきりと受け取ることができるようになるかもしれません。

一方で、ジョセフ氏はこんなことも述べています。

シンクロニシティによって示されたメッセージを逐一理解するというのは、それほど重要ではない。一つひとつの現象を完全に解明するよりも、シンクロニシティを通じてメッセージが示されたという事実を体感するほうがはるかに大切なのだ。頭脳を通じて理解するよりも、深層心理に響いたメッセージを心に留めておくほうが有意義だといえる。


解釈や理論よりも、シンクロニシティの当事者が感じる、何とも言葉で言い表わしようのない不思議な感動を心に留め、味わうことの方が重要だ、というのは鋭い指摘だと思います。

シンクロニシティの本質は、理屈や常識にとらわれがちな表層の意識を超えたものであり、そうだとすれば、シンクロニシティの原因や仕組みについて意識のレベルだけであれこれと詮索したりすることは、ことの本質からずれていくことなのかもしれません。

私も日記をつけることを通じて、どんなメッセージが浮かび上がってくるのか、是非試してみたくなりました。



本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 20:31, 浪人, 本の旅〜共時性

comments(0), trackbacks(0)