このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『雨天炎天 ― ギリシャ・トルコ辺境紀行』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、作家の村上春樹氏が1988年の秋に、ギリシャのアトス山(アトス自治修道士共和国)とトルコを旅した記録です。

アトス山はギリシャ正教の聖地で、ギリシャの中にある独立国のような変わった地域です。古くから女人禁制となっており、男の修道士だけが神への祈りに明け暮れる、「こちらがわの世界とはまったく違った原則によって機能している世界」です。

村上氏の一行は三泊四日の入域許可を取り、アトス半島の修道院を徒歩でめぐることになるのですが、そこにはさまざまな種類のトラブルが待ち構えていました。

それが何であったかは、実際に本文を読んでいただきたいのですが、彼らの味わった、数日間の旅とは思えないほどの濃密な体験の連続は、異世界への旅というものの面白さを改めて感じさせます。

本書の後半は、パジェロを運転し、三週間かけて時計回りにトルコを一周した旅の記録です。

かつて短時間だけ訪れたトルコの「空気の質のようなもの」に惹かれ、それ以来トルコに強い興味を抱くようになった村上氏は、運転免許をとり、初歩的なトルコ語も習い、トルコについての本もいろいろと読んだりと、周到な準備を重ねた上でトルコに乗り込みます。

村上氏の一行は、紛争地帯である東部アナトリアでかなり危険な目にも遭うのですが、そんな深刻なトラブルの数々を、ユーモアも交えながらサラッと描いているのは、さすが文章のプロという感じがします。

ところで、村上氏がこのタフな旅をしていた頃、日本はバブル景気に酔いしれていました。また、旅の1年前、1987年に出版された『ノルウェイの森』は、空前のベストセラーになっています。

当時のそうした状況を考えると、この時期にあえて修道士たちの世界をかいま見、旅行者が立ち寄らないような辺境を旅していたというのは、いかにも村上氏らしいという気がするのですが、逆に言えば、売れっ子作家らしくない、リスクの高い、苛酷な旅をしていたとも言えるかもしれません。

ちなみに、村上氏がトルコのどこか一つの地域を選んでもう一度行くとすれば、黒海沿岸なのだそうです。そこに何か珍しいものがあったからではなく、そこは穏やかで静かで、そして何もないところで、いちばんのんびりと寛いで時間を過ごせたからだそうです。

この本に、有名な観光地は出てこないし、目をみはるようなエピソードが満載というわけでもないので、人によっては地味な印象を受けるかもしれませんが、村上氏の旅に対する姿勢や、実際の旅のスタイルを知ることができる興味深い一冊だと思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 19:35, 浪人, 本の旅〜ヨーロッパ・中東

comments(0), trackbacks(0)

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

本書は、村上春樹夫妻のエッセイと写真による、「ウィスキーの匂いのする小さな旅の本」です。写真が多く、文章も簡潔なのですぐに読み終わってしまいますが、コンパクトながら雰囲気のある本に仕上がっているのはさすがです。

シングル・モルトの聖地スコットランドのアイラ島と、アイリッシュ・ウィスキーと黒ビールの有名なアイルランドを訪ねる2週間の旅。美しい風景と素朴でおいしい食事、頑固なまでに個性的でうまい酒とのめぐり会い、というのは、ある意味では旅人の理想かもしれません。

ちょっと時間の空いたときなど、グラスを片手にくつろいでページを繰りながら、上品な旅の予感を味わってみてください。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします





at 18:30, 浪人, 本の旅〜ヨーロッパ・中東

comments(0), trackbacks(0)

『深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン』

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン
深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン
沢木 耕太郎

評価 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です

『深夜特急』の第6巻は、イタリアのブリンディジから、旅の終着点であるロンドンまでを描いています。

イタリアを北上しフランスへ抜けた沢木氏は、残り少なくなった旅行資金を元手に、モナコのカジノでマカオのリターン・マッチに挑もうとしますが、ある事情でそれはかなわず、そのままマルセーユまでやって来ます。

そこからパリ、ロンドンまでは目と鼻の先でしたが、沢木氏はこのまま旅を終えることに納得がいかず、そのまま西へ、マドリッド、リスボンへと疾走します。そこでもやはり満足できなかった彼は、ついにユーラシア大陸の果ての果て、サグレスに辿り着き、そこでようやく旅の終わりを実感することができたのでした。

一体どこに行けば満足できるのか、出口も見えず、何も分からないままに走り続け、ついに行き詰まった極限の果てにやすらぎを見い出すという、サグレスでのシーンは非常にドラマティックです。沢木氏のペンによる巧みな演出もあって、実際以上の劇的効果をあげていることも確かでしょうが、ここまで読んできた読者は大きなカタルシスを感じることでしょう。

その後、すでに気持ちの上では旅を終えたとはいえ、沢木氏は律儀にも「最後のピリオド」を打つためにロンドンに向かいます。そして……。

ここでもさらなるオチが用意されていて、読者を楽しませてくれるとともに、さらに広がっていく大きな世界へ読者を導いてくれるようでもあります。

沢木氏はこの『深夜特急』を完結させるのに、実際の旅から十数年の歳月をかけています。第5巻、第6巻を読んでいると、その理由が分かるような気がします。

旅をしている時、自分に一体何が起こっているのか、私たちはすべてを把握しているとはいえません。何年も経って当時を振り返った時に初めて「なるほど!」と分かってくることもあるし、当時は自分でも不可解だった行動の意味がようやく説明できるようになることもあります。

旅を実際に生きるということと、多くの人に「旅の物語」を語れるようになることとの間には大きな違いがあります。表面的な紀行文を超えて旅の本質を描き出そうとするならなおのこと、そこにはある程度の歳月と自分自身の内面での咀嚼が必要になるのでしょう。

『深夜特急』は、若者らしくいささか荒っぽい、時にはユーモラスな行動の記録と、それを落ち着いて語れる「語り部」としてのバランス感覚がうまく調和していて、何となく、話上手なおじいさんの語る冒険物語を聞いているような感じさえします。

それはもちろん悪い意味ではなく、読んでいるうちに、昔話に耳を傾ける子供のように話に引き込まれてしまい、いつしかそれは、一人の若者の旅の記録という体裁を超えて、話自体がまるで人生の隠喩のようにさえ感じられてくるということです。

読み通すには少々長いのですが、旅の好きな人には特におすすめしたい本です。

『深夜特急〈1〉香港・マカオ』の紹介記事
『深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール』の紹介記事
『深夜特急〈3〉インド・ネパール』の紹介記事
『深夜特急〈4〉シルクロード』の紹介記事
『深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海』の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 19:47, 浪人, 本の旅〜ヨーロッパ・中東

comments(0), trackbacks(0)