このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『荒野へ』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

1992年の秋、アラスカの荒野に打ち捨てられたバスの中で、一人の若者が餓死しているのが発見されました。

若者の名前はクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(敬称略、以下クリスと呼びます)、裕福な家庭に育ち、2年前に優秀な成績で大学を卒業していましたが、卒業の直後、家族や友人の前から突然姿を消していました。

彼は名前を変え、2年もの間、ヒッチハイクでアメリカ各地を放浪していたのですが、その年の春、アラスカのマッキンレー山の北の荒野へと一人で分け入っていったのです。「数か月間、土地があたえてくれるものを食べて生活する」つもりだと言い残して……。

この本の著者、ジョン・クラカワー氏は、クリスの親族や学校時代の友人、そして放浪中のクリスと親交のあった人々への詳細なインタビューを行い、彼の残した手紙や日記の記述なども交えて、彼の生い立ちからアラスカで亡くなるまでの複雑な経緯を描き出しています。また、彼がなぜ全てを捨てて放浪の旅に出たのか、なぜ荒野へ向かい、そこに何を求めていたのか、そして、彼がなぜ命を落とすことになったのかを明らかにしようとしています。

ちなみにこの本は、数年前に公開された『イントゥ・ザ・ワイルド』という映画の原作にもなっています。もしかすると、そちらをご覧になった方も多いかもしれません(私はまだ見てませんが……)。
Yahoo!映画 『イントゥ・ザ・ワイルド』

クリスの死は、当時アメリカ国内でセンセーショナルに報じられ、貧弱な装備と食料だけでアラスカの原野に入った彼の行動に対しても、賛否両論が巻き起こりました。ある者は彼を、常識がなく傲慢で愚かな若者とみなし、ある者は彼の「異常」な行動の原因について精神分析までしてみせました。またその逆に、勇気と高い理想をもった若者として、彼を擁護する者もありました。

クラカワー氏も指摘しているように、クリスは荒野でサバイバルするためのきちんとした訓練を受けていたわけではないし、その行動も、冷静に検証してみる限り、たしかに軽率なところがあったことは否めません。しかし、食料として持ち込んだわずかな米以外は、野生の動植物だけを狩猟・採集しながら4か月近くもの日々を持ちこたえた点からすれば、彼は決して無能な人間ではありませんでした。

また、クラカワー氏自身、登山家であり、若い頃にはやはりアラスカで死と隣り合わせの体験をしています。彼は、クリスの若さゆえの過ちを客観的な立場から指摘しつつも、彼の中に、自分によく似たものがあると感じていたし、だからこそ、この事件をそのまま簡単に忘れ去ることができませんでした。この本には、クリスの短い生涯とその冒険に対する、クラカワー氏の深い思い入れが感じられます。

もちろん、そう感じるのは、彼ばかりではないはずです。

私も、クリスほど徹底した、エキセントリックで危険な旅ではなかったとはいえ、長い旅を経験したことがあります。だから、彼の生き方には深い共感を覚えるし、少なくとも彼の気持ちの一端は理解できるような気がします。

彼は学業優秀だっただけでなく、スポーツや音楽の才能にも恵まれていたようですが、放浪生活の中でなしえたこと、表現しえたことを見るかぎりでは、彼は歴史に残るような偉大な冒険家だったとは言えないでしょう。むしろ表面的には、彼はどこにでもいるような若い風来坊の一人に過ぎなかったのかもしれません。

しかし、そのことがかえって、彼の存在を身近に感じさせるのでしょうか。この本を読んでいて、クリスの人生が一歩一歩死へと向かっていくそのプロセスに、何ともいえない切なさを感じました。

そこには、私自身も、どこかでボタンを掛け違えれば、彼と同じように旅の途上で死んでいたかもしれないという思いもあります。

それにしても、彼の死がこれだけ大きな反響を引き起こしたのはなぜなのでしょう?

クリスの、ある意味では純粋すぎる生き方、「その勇気と向こう見ずな天真爛漫さとやむにやまれぬ欲求」に駆り立てられて、「既知の世界の果てを越えて」いこうとする生き方は、荒野をめざす若者の典型的なパターンをくっきりと映し出しているし、その短い人生が放つパワーが、心の奥深くに誰もが持っている同じような衝動をくすぐるのではないでしょうか。

そしてそれは、富や社会的な成功によっては決して満たされることのない、人の魂のもっと深いところに潜む衝動です。そこには、世間的な豊かさや、安心・安全を求める小市民的な感覚を吹きとばしてしまうような、どこか危険な香りが漂っています。

クラカワー氏が書いているように、「彼がもとめていたのは、まさしく危険であり、逆境であり、それにトルストイ的な克己」でした。そして、アラスカの荒野には、その「もとめていたものはあり余るほどあった」のです。

「訳者あとがき」にもあるように、クリスの死は「彼とは直接関わりのない人々の価値観をもはげしく揺さぶり、おそらく不安と共感を呼び覚ました」のです。だからこそ、無名の若い放浪者の死が、激しい賛否の声を巻き起こし、多くのアメリカ人に深いインパクトを与えたのでしょう。

もっとも、クリス本人が旅の中でいったいどんなことを考えていたのか、将来はどんな人生を歩んでいくつもりだったのか、今となっては、もう本当のところは分かりません。

しかし、少なくとも彼は、自分でもうまく表現できないような、やむにやまれぬ衝動に駆られ、理屈や損得を超えて、未知を探求し、結果として人間という存在のフロンティアを押し広げてきた多くの人々の系譜に連なる存在なのだと思います。

この本には、クリス以外にも、アラスカで命を落としたり、あるいは荒野に姿を消した何人もの人物のエピソードが登場します。そういう点でも、この本は、「既知の世界の果てを越え」ようとする危険な旅の途上で、これまでに命を落とした数え切れない人々への鎮魂の書であるとも言えるかもしれません。

もちろん、彼らの行為のすべてが、手放しに称賛できるものではないかもしれませんが……。



本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします


JUGEMテーマ:読書

at 19:13, 浪人, 本の旅〜南北アメリカ

comments(0), trackbacks(0)

『チャーリーとの旅』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

ジョン・スタインベック氏は、『怒りの葡萄』や『エデンの東』で知られる、アメリカのノーベル賞作家です。彼は、若い頃にアメリカ各地を放浪し、その後も世界のさまざまな土地を旅してきましたが、58歳になったとき再び、激しい「放浪病」に取り憑かれてしまいました。

彼は、ピックアップトラックの荷台に住居スペースのキャビンを載せたキャンピングカーを特注し、1960年、老犬チャーリーとともに、反時計回りにアメリカをぐるりと一周する16,000キロ、4カ月間にわたる長い旅に出ました。

すでに老いを感じ始めていたスタインベック氏にとって、愛犬と一緒とはいえ、一人でひたすらハンドルを握り続ける旅というのは、決して楽なものではなかったようです。ただ、国内では広く顔と名前の知られていた彼が、自分の正体に気づかれることなく、アメリカの現実の姿に直接触れることができるという点では、これは素晴らしいアイデアでもあったのです。

ただ、彼は分別をわきまえた大人なので、旅先で若者のように羽目を外すこともなければ、重大トラブルに巻き込まれるようなミスもしません。また、外国への旅とは違って言葉の問題はないし、自分で運転するとはいえ、あふれんばかりにモノを詰 め込んだ、新品のキャンピングカーによる優雅な旅でもあります。

そういう意味では、この旅行記に、冒険的な荒々しさや、全く未知のもの、エキゾチックなものとの出合いを期待することはできないかもしれません。

それでも、秋から冬にかけての季節の移ろいや、州ごとに異なる風土、そこで出会った印象的な人々の姿が、簡潔で本質をつく鋭さと、同時に温かさとユーモアにあふれた素晴らしい文章で描き出されています。

また、旅先での出来事について、アメリカという国や現代の文明について、そして旅について、折りにふれてさまざまな考察が繰り広げられているのですが、それらはスタインベック氏の豊富な人生経験とバランス感覚に裏打ちされていて、味わい深く、安心して楽しむことができます。

旅といえば、何となく若者の特権みたいなイメージがありますが、この本を読めば、旅は幾つになっても始められるのだということ、また、人生経験を積んだ人間にしか生み出せない旅のスタイルや味わいというものもあるのだということが実感できるのではないかと思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

at 18:54, 浪人, 本の旅〜南北アメリカ

comments(0), trackbacks(0)

『森と氷河と鯨 ― ワタリガラスの伝説を求めて』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

アラスカに魅せられ、その自然と、そこに生きる人々の姿を追い続けてきた写真家の星野道夫氏。彼は1996年、ロシアのカムチャツカ半島でキャンプ中に、ヒグマに襲われて亡くなりました。

この本は、未完に終わった雑誌連載と、死の直前に綴られた日誌がまとめられた彼の遺作です。

この写真紀行は、星野氏がクリンギット・インディアンのボブ・サム氏に出会うところから始まります。スピリチュアルな雰囲気を漂わせる彼との不思議な出会いに導かれるようにして、星野氏は南東アラスカの各地を旅するのですが、アラスカやカナダだけでなく、シベリアのモンゴロイドの神話でも大きな役割を果たすワタリガラスの伝説を追ううちに、彼の旅はアラスカ北部へ、さらにベーリング海峡を超えてシベリアへと続いていきます。

 ぼくは、深い森と氷河に覆われた太古の昔と何も変わらぬこの世界を、神話の時代に生きた人々と同じ視線で旅をしてみたかった。この世の創造主であるというワタリガラスの神話の世界に近づいてみたかった。それとも、自分の心はそれができないほど現代文明の固い皮膜に包まれているのだろうか。


厳しくも美しいアラスカの自然をとらえた、ため息の出るような写真の数々を眺めていると、心が次第に鎮まっていくような気がします。というよりそれは、何か私たちよりも圧倒的に大きな存在というものを感じて、畏怖の念に打たれ、心が沈黙してしまうといったほうが適切かもしれません。

また、星野氏の、素朴で誠実で、スピリチュアルな気配の漂う文章を読んでいると、人間が生きていくうえで本当に重要なものとは何か、本を閉じて、しばらくの間考えずにはいられなくなります。

星野氏の急逝によって、この写真紀行は未完のままとなってしまったし、彼の心の中で表現されないままに存在していたさまざまなものは、もう作品となって私たちのもとに届くことはありません。

それが、とても残念です。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 19:16, 浪人, 本の旅〜南北アメリカ

comments(0), trackbacks(0)