このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

旅行者への拒絶反応?

先日、ベネチアで、旅行者をめぐるちょっとした「事件」がありました。

 

観光名所の橋のたもとで、携帯用のコンロを使ってコーヒーを淹れていた二人組のバックパッカーが、条例に反したという理由で通報され、日本円で11万円にものぼる罰金を徴収された上、市外に追い出されたというものです。

 

ベネチアの新「迷惑防止条例」に要注意、外でコーヒーを淹れたら市外追放? ニューズウィーク日本版
 

この出来事がニュースとして世界中に報じられたということは、記者の人たちも、道端でお湯を沸かした程度の行為への罰として、これは重すぎなのではないか、少なくとも、読者の多くはそう感じるだろうし、そのことで大いに議論を呼ぶはずだと考えたのではないでしょうか。

 

私も、個人的には、バックパッカーたちにかなり同情的です。全く知らない他人のことではあるし、ニュースだけでは詳しい現場の状況が分からないので、あまり一方的に肩入れするのはまずいのでしょうが、それでも、当局の処分は行きすぎのような気がします。

 

ただ、街の側にも言い分は大いにあるでしょう。ベネチアや京都みたいに、世界中から観光客が押し寄せる超有名観光地は、現在、いわゆる「オーバーツーリズム」のネガティブな影響を受け続けていて、住民たちも多大な迷惑を被っています。
ウィキペディア 「観光公害」

 

現地は観光業で大いに儲けているのだから、そのくらいは我慢すべきだ、という意見もあるでしょうが、実際に観光産業の恩恵を直接受けているのは、ごく一部の関係者に限られるのではないでしょうか。もちろん、多くの旅行者がカネを落としていくので、現地の雇用などにもプラスの効果は出ているはずですが、結局、家賃や生活費も高騰するので、その効果は帳消しになってしまうし、街の混雑や旅行者のマナー違反など、観光公害によるさまざまな被害は、観光業の恩恵にあずからない住人にも同じように降りかかってきます。

 

それに、旅行者一人一人から受けるストレスが、どれほどささいなものであっても、それが毎日、朝から晩まで何回、何十回と繰り返され、そんな日々が延々と続いていくならば、いくら寛容な心を持っている人でも、心がささくれ立っていくでしょう。

 

今回の件にしても、観光名所でコーヒーを淹れた程度のことで、短気な住民が怒り狂った、というよりも、これまで住民側は旅行者の行為にひたすら我慢を重ねてきて、それが限界に達し、ついに先日、条例という形でかなり厳しいルールを定めたのに、それでもまだ挑発するかのようにルール違反をする者が現れたので、住民は、まるでケンカを売られた気分になって思わず通報し、当局も見過ごすことができなかった、という感じなのかもしれません。

 

そして、バックパッカーの側もまた、ベネチアの条例や、現地のピリピリとしたムードについて、あまりにも無知だったのでしょう。

 

もしかすると、道端でコーヒーを淹れる行為が、何らかのルール違反になることは薄々知っていて、これくらいなら大丈夫、と思ったのかもしれませんが、もしそうだとしても、住民や当局から、どれほど厳しい反発を受けるかを全く読めていなかったわけで、その甘すぎる見通しは、やはり、異国を旅する人間としてかなり不注意だったと言わざるを得ないのかもしれません。

 

それでも私は、二人のバックパッカーに同情してしまいます。

 

今回の彼らの不幸は、彼ら自身の落ち度によるところもあるとはいえ、もしかするとそれ以上に、世界中の人々が超有名観光地に殺到するという、地球規模の大きな人間の流れと、その動きが必然的にもたらす強烈な反作用の連鎖みたいなものに、彼らが否応なく巻き込まれてしまった、という側面があり、それに関しては、彼らもまた、時代の大きなうねりの犠牲者だと考えられるからです。

 

ベネチアは、今では観光客があまりにも多すぎる状態なのですが、世界中からやってくる観光客の流れを直接コントロールすることは誰にもできないので、その人間の大波をかぶり続ける住民としては、せめて自分たちにできる範囲での対症療法的な処置をとらざるを得なくなっています。しかし、対症療法なので劇的な改善効果は見込めず、それでも何かをせずにはいられない住民側としては、その処置をどんどんエスカレートさせていくしかありません。

 

その結果、住人たちがかなり厳しいルールを旅行者に突きつける、まるで超売り手市場のような状態になっているのでしょう。というか、実際には、超売り手市場よりもさらにバランスの崩れた状況になっていて、もはや、旅行者への拒絶反応さえ出始めているのかもしれません。

 

今回、処罰を受けたバックパッカーの側からすれば、本来なら、いちおうは客人であるはずの自分たちが、想像もしていなかったような激しい敵意を向けられ、住人と当局に言いがかりをつけられた挙句、大金をむしりとられて放り出された、みたいに感じられたのではないでしょうか。

 

それでも、ベネチアへの観光客は、今後も減るどころか、むしろしばらくは増えていくでしょう。だから、オーバーツーリズムがもたらすネガティブな流れも、きっと、当分の間は止めることができないと思います。

 

そうなると、住民からの要望に基づいて定められるルールは、ますます過激なものになり、当局としても、ルール違反をますます厳格に取り締まるようになるのではないでしょうか。住民の多数派が我慢の限界に達して、常にピリピリしている状況では、誰かが寛容の精神を説いたところで、「何言ってんだコイツ……」みたいな反応になるだけでしょう。

 

このように、一度大きな流れができてしまうと、人々の感情も、日常の行動パターンも、街のルールや行政のシステムも、その流れを前提としたものに組み替えられ、固定化されていくので、現場の当事者は、流れに抵抗することがますます難しくなっていきます。そしてやがて、流れに深く巻き込まれ、かなり偏った判断や行動をしていることにすら気づけなくなってしまいます。

 

もともと、オーバーツーリズムがもたらしている、かなり異常でストレスの多い状態が日常になっているので、住人側としては、その異常さを解消するために、かなり過激な対処を求めざるを得ない気分になっているだろうし、それが、生々しい現場の状況を知らず、世界のどこかで冷静にニュースを見ているだけの第三者の目にどう映るかまでは、さすがに構っていられないのではないでしょうか。

 

いちおう誤解のないようにつけ加えておくと、私は別に、ベネチアの住人の方々に対して、悪意とか嫌悪感をもっているわけではありません。

 

彼らは、観光公害で暮らしが悪影響を受けている中で、自分たちの平穏な生活を守るため、できる範囲のことを精一杯やっているだけだし、現在、旅行者に対してかなりネガティブな感情をもっているとしても、それは住人の生まれ持った性質とはほとんど関係なく、単純に、これまで彼らが体験してきた辛い出来事の数々を反映しているだけだと思うからです。

 

私たちを含めて、すべての人間には、個人的に努力することで前向きに変えていける部分と、生まれついた国や地域や時代状況などに大きく影響を受け、運命的にどうしようもなく動かされていく部分とがあり、後者に関しては、個人的な責任を簡単に追及できるようなものではないと思います。

 

それはともかく、これから先、何十年も経って、世界中の人々の価値観や行動パターンが大きく変わっていけば、やがて、ベネチアを訪れる観光客の数が、目に見えて減っていくような時代がやって来るかもしれません。

 

しかしそのときになっても、もしかすると、今、次々に定められている厳しいルールは、そのままになっているのではないかという気がします。ルールというものは、一度決まってしまうと、日本の中学校の意味不明な校則みたいに、長年の伝統として残り続けてしまいがちだからです。

 

だとすると、未来のベネチアの住民たちも、その「伝統的」なルールに基づいて、旅人を厳しく取り締まり続けることになるのかもしれません。

 

もちろん、ネット上では、ベネチアはなぜかよそ者には非常に厳しい街だ、という評価が固まり、多くの旅人が敬遠するようになるでしょうが、それでもごく少数の勇気ある旅人が現地を訪れてみては、やはり邪険な扱いを受けたりして、いつしか、ほとんど人が寄りつかない、伝説的な街になっていくのかもしれません。しかしそれによって、結果的に、ベネチアは昔の静けさを取り戻し、歴史的な街並みも美しいままに残される、という可能性もあります。

 

まあ、こういう未来の話は、すべて、私の単なる妄想に過ぎませんが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:46, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

マツタケ食べ放題の時代がやってくる!?

先日、ネット上で、とても興味深い記事を読みました。

 

多木化学という肥料メーカーが、マツタケに味や香りでひけをとらない「バカマツタケ」の完全人工栽培に成功した、というニュースについての、非常に分かりやすい解説です。

 

株価を急騰させたバカマツタケ栽培成功は、常識破りの大発明だ Yahoo!ニュース

 

いま、スーパーで簡単に手に入るブナシメジやエノキタケなどは、朽ちた木に生えるタイプのキノコで、もともと人工栽培がしやすかったのに対して、マツタケ類は生きた植物と共生するタイプで、人工的な栽培は難しいとされていたし、実際、これまでそれに成功した者はいませんでした。

 

ところが、そのメーカーは、不可能に見えたことを可能にしてしまい、それはつまり、バカマツタケだけでなく、マツタケやトリュフなど、生きた植物と共生するタイプの高級キノコの大量生産への道が開けたことを意味するのではないかと、関係者を大いに興奮させているというわけです。

 

おいしいキノコに目がないのは日本人に限った話ではないので、これはたしかに、世界中の人にとって朗報であるのかもしれません。

 

このままうまく開発が進めば、今後何年かのうちに、バカマツタケが安く手に入るようになりそうですが、仮にそうなっても、今度は、バカマツタケという種名がネックになるような気がします。
ウィキペディア 「バカマツタケ」

 

これは別にバカマツタケのせいではなく、ずっと昔にその名前をつけた人間が悪いのですが、この名前だと、食べているうちに頭が悪くなりそうな感じがします。まあ、このあたりはメーカーの人たちも考えているはずで、たぶん、人工栽培されたバカマツタケには、マツタケの高級感はそのままに、「バカ」感を薄めた、もっとチャーミングな新しい商品名が与えられるのではないでしょうか。

 

それにしても、この地球上でなかなか手に入らない貴重なものを、知恵と工夫によって、多くの人の元に届けようとする人間の努力には、いつも感動させられます。もちろん、貴重なものを大量に生み出し、人々の切実な欲求に応えることができれば、それを実現した個人や企業に莫大な富が転がり込んでくるのもまた事実ですが……。

 

一方で、マツタケのような高級キノコに関しては、おいしいから、というだけでなく、現時点で貴重で高価だからこそ、みんな喜んで食べたがるという側面もあるのではないかと思います。近い将来、高級キノコの人工栽培が実現して、マツタケがスーパーで山積みにされ、一袋100円で売られるようになったら、それなりにうれしいとは思いますが、かといって、それを毎日のように食べたいかといえば、けっこう微妙かもしれません。
記事 古酒促成
記事 美しいから欲しいのか、高価だから欲しいのか

 

マツタケは、中国や北欧など、世界のあちこちでも自生していて、日本人が大量に輸入しているのですが、それは裏を返せば、現地の人はそれほど珍重しておらず、自分たちで食べるよりも、誰かに売ってしまう方がずっといい商売になると考えている、ということでもあります。マツタケがおいしいと私たちが思うのは、世界中の誰もが魅了されるような味や香りがあるからというより、日本でずっと受け継がれてきた食文化によるところが大きいのではないでしょうか。
ウィキペディア 「マツタケ」

 

面白いことに、西洋の珍味トリュフも日本に自生していて、実際にネット上には、それを採って食べてみたというレポートもあるのですが、もともと日本には、トリュフをおいしいキノコとしてありがたがる食習慣はなかったようです。近い将来、仮にトリュフの人工栽培が可能になり、食材としてありふれた存在になるとしたら、日本人はそれを喜んで食べるようになるのでしょうか。
国産トリュフを採ってきた デイリーポータルZ
記事 日本列島に眠る「珍味」

 

もしかすると、マツタケにしても、トリュフにしても、大量生産で誰でもいくらでも食べられる状況になり、みんながひととおり手を出してみたところで、実はそれらが万人受けするものではない、少々マニア向けの味であることがはっきりして、結局は、一部の人々だけが熱愛する、ローカルな食材として落ち着くことになるのかもしれません……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:28, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

暗闇からの生還

タイ北部の洞窟の奥に閉じ込められていた少年ら13人が、先日、無事救出されました。
ウィキペディア  「タムルアン洞窟の遭難事故」
 

救出活動の最中に、一人のダイバーが亡くなるという不幸な出来事がありましたが、それでも、最後には少年たちが全員そろって助け出されたことで、事態を見守っていた世界中の人々が安堵したのではないでしょうか。

 

この遭難事故は、大勢の子供たちが一度に行方不明になったということで、事件の発端から衝撃的だっただけでなく、救出の過程で少しずつ明らかになった事実も、そして、大詰めの大掛かりで緻密な救出作戦も、とても興味深いものでした。

 

同じサッカーチームの少年たちと若いコーチが洞窟に入った理由は、ある少年の誕生日を祝うためだった、とされていますが、そのイベントを誰が思いついて、誰が主導したのか、ニュース記事によって情報がバラバラなので、はっきりとしたことは分かりません。

 

ただ、地元の子供たちにとっては、洞窟の奥まで行って帰ってくるというのは、日本の若者が肝だめしに夜の廃墟を探検するみたいな、おなじみの冒険行為だったのでしょう。コーチや少年たちも、これまでに何度か同じことをしていたようで、今回、まさか自分たちが閉じ込められるとは夢にも思っていなかっただろうし、当然、食料や装備もきちんと用意してはいませんでした。それが、思いがけない増水によって出口を塞がれ、洞窟の奥から動けなくなってしまったわけですが、もしも少年だけのグループだったら、パニックになり、無茶な行動をとったりして、最悪の結果になっていたかもしれません。

 

しかし、一緒にいたコーチは、少年時代に両親を失い、お寺に預けられて長い間お坊さんをしていた人物で、そのときに覚えた瞑想の仕方を子供たちに教えることで、全員がずっと冷静さを保ち続けることができたようです。これは実にタイらしい展開といえるし、人それぞれの人生経験が、どこでどんな形で役に立つか分からないということを、深く印象づける話にもなっています。
タイ洞窟のサッカー少年たち、心身を支える瞑想で耐えた9日間 ニューズウィーク日本版

 

洞窟の外では、ポンプを並べてひたすら水を抜く一方で、遭難事故を知った優秀なケイブ・ダイバーたちが世界各地から結集し、危険な捜索活動を重ねてついに少年たちを発見します。しかし、子供たちの無事は確認できても、彼らを安全に洞窟から救出するのは非常に困難でした。

 

当初は、雨季が終わって水が引くまで数か月間ひたすら待つ、という案も選択肢のひとつだったようです。一人のダイバーの事故死もあって、専門家たちも、泳げない少年を含む完全な素人に洞窟潜水をさせるのはさすがにリスクが大きいと考えたのではないでしょうか。また、洞窟の上から穴を掘るとか、未知の出口を探すとか、その他のいろいろな可能性も試したようですが、いずれも有力な選択肢となるまでには至りませんでした。

 

結局、雨によるさらなる増水の恐れや、洞窟内の酸素濃度の低下、そして少年たちの体調などを考えて、残された時間は限られているという判断になり、13人にダイビングをさせるという、リスクの高い方法をとることになったようです。

 

しかし、目の前の状況について、もっとも正確な情報を把握していた専門家たちがそう判断したということは、その時点で実行可能な選択肢の中では、それが最も安全で確実な方法だったということなのでしょう。だとすれば、少年たちは相当危険な状況に置かれていたということです。ダイビングによる救出作戦がどれほど複雑で神経を使うものだったのか、その詳細なプロセスまではまだ明かされていないようですが、結果的に13人全員が無事に救出されたわけで、何はともあれ、私たちはそのことを素直に喜んでいいのかもしれません。

 

2010年に、チリの鉱山の落盤事故から33人が生還したときにも思ったのですが、こういう事故が起きるたびに、この地球上で、私たち人間がどれだけちっぽけな存在か、圧倒的な自然のパワーの前に、自分たちがいかに無力かを痛感させられます。
ウィキペディア 「コピアポ鉱山落盤事故」
記事 地中からの生還

 

それでも、世界中から優秀な専門家が集まり、人間の力で可能な方法を必死で考え、大きなリスクにもひるむことなく、みんなで力を合わせて活路を切り開いていこうとする姿に、そして、その一方で、誰かがきっとそうしてくれると信じて、暗闇の中で希望を失わずいつまでも待ち続ける姿に、私たち人類の美しさとけなげさが、純粋な形で映し出されているような気がするのです。

 

ただ、それと同時に、恐ろしい暗闇の世界に長いあいだ閉じ込められ、お互いに助け合いながら苦しみに耐え抜いた13人が、明るい太陽の下でこの世界を再び目にしたいと、親しい人たちと再会したいと、どれだけ強く思っていたのか、その切実さを想像すると、いまの自分が、この世界でのかけがえのない時間を中途半端な気持ちで過ごしてしまっていることに、何ともいえない居心地の悪さを感じないではいられません。

 

もちろん、そういう反省を強く迫ってくる機会は、今回の遭難事件にかぎらないのですが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:19, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)