このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

暗闇からの生還

タイ北部の洞窟の奥に閉じ込められていた少年ら13人が、先日、無事救出されました。
ウィキペディア  「タムルアン洞窟の遭難事故」
 

救出活動の最中に、一人のダイバーが亡くなるという不幸な出来事がありましたが、それでも、最後には少年たちが全員そろって助け出されたことで、事態を見守っていた世界中の人々が安堵したのではないでしょうか。

 

この遭難事故は、大勢の子供たちが一度に行方不明になったということで、事件の発端から衝撃的だっただけでなく、救出の過程で少しずつ明らかになった事実も、そして、大詰めの大掛かりで緻密な救出作戦も、とても興味深いものでした。

 

同じサッカーチームの少年たちと若いコーチが洞窟に入った理由は、ある少年の誕生日を祝うためだった、とされていますが、そのイベントを誰が思いついて、誰が主導したのか、ニュース記事によって情報がバラバラなので、はっきりとしたことは分かりません。

 

ただ、地元の子供たちにとっては、洞窟の奥まで行って帰ってくるというのは、日本の若者が肝だめしに夜の廃墟を探検するみたいな、おなじみの冒険行為だったのでしょう。コーチや少年たちも、これまでに何度か同じことをしていたようで、今回、まさか自分たちが閉じ込められるとは夢にも思っていなかっただろうし、当然、食料や装備もきちんと用意してはいませんでした。それが、思いがけない増水によって出口を塞がれ、洞窟の奥から動けなくなってしまったわけですが、もしも少年だけのグループだったら、パニックになり、無茶な行動をとったりして、最悪の結果になっていたかもしれません。

 

しかし、一緒にいたコーチは、少年時代に両親を失い、お寺に預けられて長い間お坊さんをしていた人物で、そのときに覚えた瞑想の仕方を子供たちに教えることで、全員がずっと冷静さを保ち続けることができたようです。これは実にタイらしい展開といえるし、人それぞれの人生経験が、どこでどんな形で役に立つか分からないということを、深く印象づける話にもなっています。
タイ洞窟のサッカー少年たち、心身を支える瞑想で耐えた9日間 ニューズウィーク日本版

 

洞窟の外では、ポンプを並べてひたすら水を抜く一方で、遭難事故を知った優秀なケイブ・ダイバーたちが世界各地から結集し、危険な捜索活動を重ねてついに少年たちを発見します。しかし、子供たちの無事は確認できても、彼らを安全に洞窟から救出するのは非常に困難でした。

 

当初は、雨季が終わって水が引くまで数か月間ひたすら待つ、という案も選択肢のひとつだったようです。一人のダイバーの事故死もあって、専門家たちも、泳げない少年を含む完全な素人に洞窟潜水をさせるのはさすがにリスクが大きいと考えたのではないでしょうか。また、洞窟の上から穴を掘るとか、未知の出口を探すとか、その他のいろいろな可能性も試したようですが、いずれも有力な選択肢となるまでには至りませんでした。

 

結局、雨によるさらなる増水の恐れや、洞窟内の酸素濃度の低下、そして少年たちの体調などを考えて、残された時間は限られているという判断になり、13人にダイビングをさせるという、リスクの高い方法をとることになったようです。

 

しかし、目の前の状況について、もっとも正確な情報を把握していた専門家たちがそう判断したということは、その時点で実行可能な選択肢の中では、それが最も安全で確実な方法だったということなのでしょう。だとすれば、少年たちは相当危険な状況に置かれていたということです。ダイビングによる救出作戦がどれほど複雑で神経を使うものだったのか、その詳細なプロセスまではまだ明かされていないようですが、結果的に13人全員が無事に救出されたわけで、何はともあれ、私たちはそのことを素直に喜んでいいのかもしれません。

 

2010年に、チリの鉱山の落盤事故から33人が生還したときにも思ったのですが、こういう事故が起きるたびに、この地球上で、私たち人間がどれだけちっぽけな存在か、圧倒的な自然のパワーの前に、自分たちがいかに無力かを痛感させられます。
ウィキペディア 「コピアポ鉱山落盤事故」
記事 地中からの生還

 

それでも、世界中から優秀な専門家が集まり、人間の力で可能な方法を必死で考え、大きなリスクにもひるむことなく、みんなで力を合わせて活路を切り開いていこうとする姿に、そして、その一方で、誰かがきっとそうしてくれると信じて、暗闇の中で希望を失わずいつまでも待ち続ける姿に、私たち人類の美しさとけなげさが、純粋な形で映し出されているような気がするのです。

 

ただ、それと同時に、恐ろしい暗闇の世界に長いあいだ閉じ込められ、お互いに助け合いながら苦しみに耐え抜いた13人が、明るい太陽の下でこの世界を再び目にしたいと、親しい人たちと再会したいと、どれだけ強く思っていたのか、その切実さを想像すると、いまの自分が、この世界でのかけがえのない時間を中途半端な気持ちで過ごしてしまっていることに、何ともいえない居心地の悪さを感じないではいられません。

 

もちろん、そういう反省を強く迫ってくる機会は、今回の遭難事件にかぎらないのですが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:19, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

怒りに呑み込まれたアメリカ

アメリカの大統領選挙で、共和党のドナルド・トランプ候補が勝利しました。


選挙の直前まで、さまざまなメディアでは民主党のヒラリー・クリントン候補が優勢だと伝えられていたので、想定外の結果に本当に驚き、同時に、これから世界がどうなってしまうのか、先の見えない不安を感じています。


これはあくまで素人の想像でしかないのですが、今回のトランプ氏の躍進は、冷戦終了後に加速したグローバル化による大きな社会変化や、テクノロジーの急速な進化の波に乗ることができなかった多くの人々の怒りや、その裏にある恐怖が、はっきりと目に見える形をとって現れたものだという気がします。


しかし、トランプ氏が大統領になったからといって、そうした怒りの原因が根本的に解消されるとは思えません。グローバル化も技術の進歩も、誰かの手で無理やり止められるものではないし、壁を作って内側に閉じこもろうとしても、長い目でみれば、それは自分たちをさらに苦しい立場に追い込むだけではないでしょうか。


それにしても、アメリカのマスメディア関係者は、今回の事態に、何重もの意味で衝撃を受けていると思います。


まず、トランプ氏の勝利を予想できなかったこと、つまり、今、アメリカ国内で暮らす多くの人々の目に、世の中がどのように見えているのか、それを知り、伝える専門家であるはずの彼らが全然把握できていなかったということに。


そして、マスメディアが束になってトランプ氏へのネガティブ・キャンペーンを行っても、結果として世論を動かすことができなかった、つまり、彼らがこういう重大な場面での影響力を失っていることがハッキリしてしまったことに。


でも、定期的な選挙という機会がなければ、こうしたさまざまな事実が平和的に示されることもなかったわけで、どれだけ衝撃的な結果であれ、それをきちんと受け止め、何かもっと生産的な形で人々の怒りを鎮める方法を探るきっかけになるのなら、民主主義という制度にもまだまだ希望は残されているのかもしれません。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 21:52, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)

宇宙で建国!?

先日、ネット上に面白いニュースが流れ、世界中の好事家の間でさまざまな反応が巻き起こっているようです。

 

宇宙国家「アスガルディア」構想が始動:軌道上から地球を防衛、国民も募集中 ニューズウィーク日本版

 

上の記事によれば、ロシアや米国の宇宙開発の専門家たちが、衛星軌道上に独立国家「アスガルディア」を建設する壮大な構想を発表、国連への加盟をめざして、さっそく「国民」も募集しており、すでに多数の人が応募しているようです。

 

まずは来年以降に人工衛星を打ち上げ、将来的には宇宙空間を拠点に、小惑星の資源開発や、さまざまな危険から地球を守る活動を行うとのことですが、素人目に見てもツッコミどころがいろいろあって、本気で受け止めていい話なのか、判断に迷うところです。

 

例えば、宇宙空間に独立国を作るというのは、そもそも、天体を含む宇宙空間の領有を禁じた宇宙条約の第2条に完全に抵触しそうだし、宇宙での資源開発や地球防衛というのも、SF映画の設定ならともかく、近い将来の地球人に、そうした分野への切実なニーズがあるとはとても思えず、そうであれば、アスガルディアの基幹産業はいつまでたっても立ち上がらないということになります。
ウィキペディア 「宇宙条約」

 

それに、アスガルディアが一般的な国家の要件を満たせるのかという問題もあります。国家の三要素とされている、領域・人民・権力のうち、現時点では「領域」が存在していないし、ある程度の「人民」が暮らせる大きさの宇宙ステーションをこれから作るにしても、長い時間と途方もない費用がかかります。さらに、その費用を誰が負担するのかという問題もあります。
ウィキペディア 「国家」

 

まさか、今回ネット上で募集した「国民」に、そのための税金が課せられるなんてことにはならないと思いますが、ちょっと皮肉な言い方をすれば、そういう話が出たとたんに逃げ出すような人々なら、国家を支える「人民」とは言えないのだろうし、彼らに税金を払わせることができないのなら、「権力」も存在していない、ということになります。

 

また、かりにアスガルディアが国家としての体裁をなんとか整えることができたとしても、宇宙空間に住む人々のグループを、国連の一加盟国みたいな形で扱うのが適切なのかという問題もあるでしょう。彼らが暮らす環境は地球上とは全く違うわけだし、彼らが携わる事業も、地球環境や、地上で暮らす人々に大きなリスクを与えうるものです。そういう、ちょっと特別な存在を、地上の国々とまったく同列のものとみなしていいのでしょうか。

 

こういったことを考えていくと、あくまで素人の個人的な感覚にすぎないのですが、宇宙国家の立ち上げというのは、いろいろな意味で、まだ時期尚早という感じがします。

 

宇宙を人類の新しいフロンティアとみなして、そこに新しい発想や組織で乗り出していきたいという関係者の気持ちも想像できなくはないのですが、先走って独立を云々するよりも、まずは人類の共同作業として宇宙空間での活動実績を積み上げていくのが先だと思うし、現時点で国旗とか国歌を決めたところで、当面、国家としての承認が得られる見込みがない以上、それは個人が勝手に独立を宣言して、独自の切手やらコインやらを土産物として売っている、いわゆるミクロネーションと変わらないことになってしまいます。
ウィキペディア 「ミクロネーション」

 

でもまあ、こういう素朴な疑問については、発起人である専門家の方々も当然想定しているはずで、彼らとしては、どれだけ空想めいた話に聞こえようとも、今、宇宙国家の構想を語り、世界の注目を集めることに、それなりの意義があると考えているのでしょう。それに、今の世の中の変化の速さを考えれば、数年後、数十年後には、こうした構想がごく当たり前に受け取られるような世界になっているかもしれません。

 

……と、あれこれ考えているうちに、アスガルディアみたいに、ストレートに宇宙国家建設の夢を語る人々よりも、google とか facebook のような新興巨大IT企業の方が、条件的には、よほど宇宙国家の実現に近いところにいるのではないかという気がしてきました。

 

そうしたIT企業も、もちろん、現時点では国家の三要素を満たしているわけではありませんが、彼らは生活に密着した便利なサービスを提供することによって、億単位のユーザー(人民)の心をがっちりとつかんでいるし、「利用規約」を独断で決定し、それに従わないユーザーを締め出すことのできる力(権力)ももっています。

 

そして、さまざまなサービスによる売り上げや、企業の将来性と引き換えに集めた巨額の資金を、新たな分野への投資や研究開発に充てることができています。彼らの多くは、今のところ、宇宙開発にのめり込んだりするようなことはありませんが、ビジネスとして有望であると判断すれば、可能なところから着実に手をのばしていくだろうし、その結果として、将来的に、いくつかのIT企業が宇宙開発の分野に大きな影響力をもつようになる可能性もあるのではないでしょうか。

 

ただ、それは宇宙への夢やロマンを感じさせるものというよりは、冷徹なソロバン勘定に基づいて、さまざまな企業が主導権を争い合う、殺伐としたものになりそうな気がします。とはいえ、人類のこれまでの歴史と同様、そうしたドロドロした欲望こそが、時代を先へ先へと動かしていくのかもしれません。

 

もっとも、そうした企業は、さらなる利益の追求を可能にする自由なフロンティアとして宇宙を目指すことはあっても、そこにわざわざ国家を建設し、多数の国民を食わせていく義務や不自由を抱え込もうなどとは考えないだろうという気はしますが……。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

at 19:04, 浪人, ニュースの旅

comments(0), trackbacks(0)