このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

『孤独な鳥はやさしくうたう』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、作家・翻訳家の田中真知氏による旅のエッセイです。アフリカやヨーロッパの旅を中心に、さまざまなエピソードが収められています。

バックパッカーの間には、「耐えてアフリカ」という有名な言葉があって、アフリカの旅といえば、辛く厳しい旅をまっさきに想像してしまうし、実際にそれをテーマにした本も多いようですが、このエッセイには、そういう、いかにもアフリカの旅らしい話はあまり出てきません。

もちろん、田中氏はアフリカで過酷な経験をくぐり抜けてきたはずで、この本にも、マダガスカルで命にかかわるような事故に遭った体験が描かれています。ただ、このエッセイで中心的なテーマになっているのは、タイトルからも想像できるように、孤独で繊細な旅人の心に深い印象を残していった、旅先での出会いと別れ、ささやかで、決して劇的な展開とはいえないけれど、いつまでも余韻の続くようなエピソードです。

このエッセイに登場する人物の多くは、現地の人も、旅人たちも、どこか芸術家肌で、自分自身の内面に真剣に向き合いすぎるせいか、孤独で、生きるのに不器用なところがあり、それぞれに苦しみを抱えています。ある意味で、今の世の中では居場所を失いかけた人々なのかもしれません。

旅をしていると、特に辺境ではなぜか、そういう人々に出会う確率が高いように思います。移動中の列車やバスの中で、宿のロビーで、あるいは異国の町の道端で彼らと出会い、しばしの時間を共有していると、何かのはずみにふと、彼らの心の中を覗き込んでしまったような、心のどこかがつながり合っているような感覚を覚える瞬間があります。

それは、この本で描かれているように、微妙で、少し奇妙で、言葉で伝えることのとても難しい感覚ですが、長い一人旅のような孤独な旅をしたことのある人なら、具体的な状況こそ違っても、同じような体験をしたことがあるはずで、田中氏の文章に、深い共感を覚えるのではないでしょうか。

ただ、個人的には、「追いかけてバルセロナ」という話が一番印象に残りました。田中氏が、ギリシャで出会った日本人旅行者を好きになってしまい、何としてでももう一度会いたくて、スペインに行ったとしか分からないその女性を、全身全霊を挙げて探し出そうとするドタバタ劇です。

ミもフタもない話ですが、やっぱりバックパッカーはこういう話が大好きなのです。世界を股にかける恋みたいなテーマは、旅人が何人か集まればよく話に出るし、そこでは実話なのか都市伝説なのかも分からないような劇的なストーリーを耳にします。

このエピソードも、実にシンプルでベタな展開ではあるのですが、むしろそこにインパクトがあるし、こういうことってやっぱり本当にあるんだと、ちょっと感動してしまいました。

そして、若いときにそんなドラマチックな旅をした田中氏を、とてもうらやましく思います。旅人というのはみんな、程度の差はあれ、一生に一度くらいは、恋の炎に焼かれて無我夢中で世界を飛び回る体験をしてみたいと夢想しているのではないでしょうか……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:44, 浪人, 本の旅〜アフリカ

comments(0), trackbacks(0)

『幻獣ムベンベを追え』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、謎の怪獣の正体を突き止めるべく、アフリカのジャングル探検に挑んだ早大探検部の遠征「コンゴ・ドラゴン・プロジェクト」の一部始終を記録したもので、「辺境専門のライター」高野秀行氏のデビュー作でもあります。

アフリカ大陸中央部に位置するコンゴのテレ湖に、太古の昔より棲息するといわれる巨大な怪獣モケーレ・ムベンベ、通称コンゴ・ドラゴンは、未確認生物(UMA)の探索を続ける人々の間では、ネス湖のネッシーに並ぶほどの重要ターゲットであるともいわれます。
ウィキペディア 「モケーレ・ムベンベ」

早稲田大学の探検部員だった高野氏は、駒大探検部がムベンベ探しに行ったのを聞きつけると、自らも現地に乗り込んで謎の怪獣をめぐる真実を確かめようと、プロジェクトを立ち上げ、アフリカ遠征のための隊員を募ります。

しかし、当時のコンゴ人民共和国(現在のコンゴ共和国)は社会主義の軍事独裁政権で、外国人が旅行をすることすら容易ではありませんでした。

高野氏は、公用語のフランス語、さらには現地の日常語であるリンガラ語まで学び、予備調査のためにコンゴに飛んで、現地の人々や政府の役人と人間関係を築きます。帰国後、手紙のやりとりによる長い交渉を経て、ようやくコンゴ政府からテレ湖探索の許可をとりつけることに成功します。

準備開始から2年、ついに1988年の春、高野氏をリーダーとして、探検部員9名に社会人2名を加えた11名の遠征隊がコンゴに乗り込みます。そして……。

怪獣+ジャングル+探検隊という、ある意味、脱力してしまうほどベタなその方向性に、これはウケ狙いの探検ゴッコではないかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、彼らは真剣そのものです。

メンバーのほとんどが学生で、専門知識や機材・資金の面でも万全とはいえず、手作り感あふれる素人の探検隊であるとはいえ、怪獣探査にかける情熱は生半可なものではなく、テレ湖にキャンプを設置して1カ月以上滞在し、その間、3交代で昼夜を問わずムベンベの出現を待ち構えるという徹底ぶりです。

しかも、神聖な湖への立ち入りを快く思わない村人との度重なるもめごとや、執拗な虫の襲撃、マラリアに倒れる隊員、機材の故障、食糧不足など、遠征隊には次から次へとトラブルが襲いかかり、彼らのテレ湖滞在は、探査というより、ほとんどサバイバルの様相を呈し始めます。

それでも、リーダーの高野氏とメンバーたちは、「何とかなると思えば、たいてい何とかなる」という「非論理的な強い信念」で、迫り来る危機にしたたかに対処していくのです。

もちろん、大方の予想どおり、結果的に怪獣を発見することはできないわけですが……。

でも、きっとこの本を読む人は、怪獣が見つかるかどうかなんてことよりも、高野氏の語る生き生きとしたアフリカ冒険物語にワクワクし、また、社会のメインストリームからはバカバカしいとして一蹴されそうなテーマに真剣に打ち込み、青春を賭ける彼らの突き抜けた生き方に、胸のすくような思いをするのではないでしょうか。

日本全体がバブルに舞い上がっていたころ、彼らはアフリカのジャングルで飢えに苦しみながら、現れるかどうかもわからない怪獣を、24時間態勢でひたすら待ち続けていたのです。個人的には、こういうユニークな人たちこそ、現在の日本にとって貴重な人材ではないかとすら思います。

また、この本には、大人数の探検隊の引き起こすドタバタ劇が、高野氏の簡潔でツボを押さえた文章でうまく表現されていて、探検の記録という以上に、エンターテインメントとしても楽しめる内容になっています。

もっとも、私たちが笑いながらこの本を読めるのも、彼ら全員が生きて帰国できたからこそで、現地でマラリアを発病してしまったメンバーへの対応など、グループでのリスクを伴う旅には、それ特有の難しさやジレンマがあるということも、この本を通じて見えてくるのですが……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします


JUGEMテーマ:読書

at 17:48, 浪人, 本の旅〜アフリカ

comments(0), trackbacks(0)

『ゴーゴー・アフリカ〈下〉』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

蔵前仁一氏の一年半に及ぶアフリカの旅の記録、『ゴーゴー・アフリカ』の下巻は、東アフリカ、南アフリカ編です。

ナイロビでの沈没と停滞の日々、スワヒリの文化を育んだ島々(ラム島、ザンジバル島、キルワ)への旅、そしてアパルトヘイト撤廃直後の南アフリカへと、旅は続きます。

そして、日本を出て二年半、ユーラシア大陸を横断し、アフリカ大陸を巡り、日本に帰る直前、最後の休息地として選んだタイのパンガン島で、二人の旅は意外な展開に……。

「アフリカ的なるものの何か」が見出せるのではないかという漠然とした期待をもってアフリカ大陸を旅した蔵前氏は、一年半の旅を通じて、結局そのようなものは見つからなかったと言います。これは、東西南北それぞれに別の顔を見せる広大で多様なアフリカを、実際に旅した人ならではの実感かもしれません。

 このような広大な大陸と島々からなるアフリカの人々や文化、あるいは自然は実に多様なもので、一言でアフリカ的な何かといえるようなものなど、存在しない方が当然のことなのかもしれない。それなのに、僕は何故アフリカという一つの固定したイメージを追い求めたのだろう。
 アフリカは日本からは遥かに遠い。その距離感が乱暴なアフリカ観を生んでいるのではないか。


アフリカを旅したこともなければ知識もない私のような人間にとって、アフリカというのは、一つの漠然としてステレオタイプなイメージの固まりに過ぎません。しかし、実際に旅をしてみれば、地域ごとの気候風土や言語や生活習慣、政治体制の違いや産業化の度合い等々が織りなす、各国の具体的な現実が見えてくるのでしょう。

そして一つの国、一つの街に長く滞在すればするほど、さらなるディテールと人々の暮らしが見えてきます。そこまでクローズ・アップして眺めていると、アフリカ大陸全体を一緒くたにして、漠然としたイメージだけを根拠に議論することは、とても乱暴なことのように思えてくるのかもしれません。

ちなみに、蔵前氏夫婦の二年半の旅の前半部分、ユーラシア大陸横断の旅については、『旅で眠りたい』に詳しく描かれています。興味のある方はそちらも合わせて読んでみてください。

『ゴーゴー・アフリカ〈上〉』の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 18:48, 浪人, 本の旅〜アフリカ

comments(0), trackbacks(1)