このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM

旅の名言 「放浪の旅で待ち受けている……」

 放浪の旅で待ち受けている冒険や挑戦の中で最もむずかしいのは、家に帰ることかもしれない。
 帰郷することは、楽しかった旅の喜び、自由、思いがけない出来事との出会いがもう終りになるということであり、残念なことだと思うだろう。しかし、海外で生き生きとした経験をして家に帰ると、ただただ変な感じがして落ち着かなく感じられることもある。すべては自分が旅に出る前となんら変わりないかのように見えるのに、まったく違うもののように感じられるのだ。
 この家に帰るという体験をうまく言葉で表すために、T・S・エリオットの『小さな眩暈』がよく引用される。

  すべての探険の最後に待っているのは
  出発した場所に戻ることだ
  そしてその場所をはじめて知ることになるのだ

 示唆に富んだ言葉ではあるが、自分の故郷をはじめて「知る」というのは、本来なじみ深いはずの場所で自分をよそ者のように感じるということだ。

 
『旅に出ろ! ― ヴァガボンディング・ガイド 』 ロルフ・ポッツ ヴィレッジブックス より
この本の紹介記事

これから放浪(ヴァガボンディング)の旅に出ようとする人のために、その心構えと実際を説いた入門書、『旅に出ろ!』からの引用です。

旅に出る人は、これから旅先で出会うだろう新奇なものごとや、未知の人々との交流への期待に胸をふくらませることはあっても、さらにその先、自分の旅が終わった後に何が起こるかまでは考えていないのがふつうです。まして、長い旅ともなると、そもそもいつ旅が終わるのかさえ分かっていないかもしれません。

しかし、以前にこのブログでも何度か触れましたが、長い旅を終えて久々に帰郷すると、人によっては、激しい「逆カルチャーショック」に襲われることがあります。
旅の名言 「旅に出ても……」

旅人は、勝手知ったる土地に戻る以上、また昔と同じ生活が始まるだけだと思いがちですが、数カ月ぶり、あるいは数年ぶりに帰国して、見慣れた懐かしい風景を目にし、親しい人々と再び言葉を交わしてみると、「すべては自分が旅に出る前となんら変わりないかのように見えるのに、まったく違うもののように感じられる」のです。

もちろん、流れた歳月によっては、そこに多少の外見上の変化はあるでしょうし、世の中の流行もすっかり移り変わってはいるでしょうが、ここで言う「まったく違うもののよう」とは、そうした外面的な違い以上に、生まれたときから何の不思議もなく受け入れてきた、自分の国や社会のすべてのものごとに対して、内面的に感じる、何ともいえない違和感を意味しています。

旅人は、旅を通じて自分の内面が劇的に変わってしまっていたことに、たぶん、旅が終わるまでほとんど気づかずにいます。鏡なしには自分の姿が見られないように、自分の変化は、何か自分自身を正確に映し出してくれるものを通してしか、感じとることができないからです。

彼らは、かつて見慣れた世界、旅をする前の自分が何の違和感もなく適応していた世界に再び投げ込まれることをきっかけに、そこに何ともいえない大きなズレを感じ、自分がどれだけ違う人間になってしまっていたか、激しいショックとともに自覚することになるのです。

しかも、多くの旅人は、逆カルチャーショックについての予備知識などなく、そういうことが起きること自体を知らないか、旅仲間から事前にそういう話を聞かされていても、それが大変な体験になるかもしれないなどとは思ってもみないでしょう。

帰国した瞬間から感じ始めた違和感は、むしろ時間が経つほどに強くなっていきます。その変な感覚をどうにもうまく説明できなくて、自分が精神的におかしくなってしまったのだと勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

まあ、こうした帰国ショックがどのようなものになるかは、旅人の性格とかこれまでの人生経験などによっても大きく違うだろうし、もちろん、ふつうは特に何の対処もしなくても、時間が解決してくれます。違和感は自然に克服され、いつの間にか、再び周りの世界に融け込めるようになるでしょう。

ただ、どれだけ世の中にうまく再適応できたとしても、敏感な人なら、そのときの違和感がいつまでも心の奥底に残り続けていること、そして、もう二度と、その違和感から逃れることはできないことに気がつくのではないでしょうか。

旅を通じて訪れた国々が、かつての自分にとっては「外」の世界であったとするならば、自分が生まれ育った国や社会は「内」なる世界であり、生まれたときから、自然に自分と一体化していたはずです。

それが、自分にとって違和感のある世界に感じられ、まるでその世界を「はじめて知る」かのように、いちいち心に引っかかるというのは、そこもまた、自分にとっての「外」側になったということ、つまり、自分にはこれまで「内」側として感じられていた親密な世界が、もはやそうではなくなってしまったということです。

長い旅を終えた旅人は、帰郷して、自分がすでに「故郷」を失ってしまっていたことに気づくのです。

そして、一度失われたものが、再び戻ってくることはありません。

そう考えると、たしかに、「放浪の旅で待ち受けている冒険や挑戦の中で最もむずかしいのは、家に帰ること」なのかもしれません。

もちろん、旅人の心の中で、故郷に対する違和感が消え去ることはないとしても、たぶん、自分の国や土地に対する思い入れの深さが変わることはないだろうし、生まれた場所というのは、本人にとって死ぬまで特別な場所のひとつであり続けるのでしょう。

それでも旅人は、たとえ自分の国で暮らしていても、そこがもはや、なじみ深い身内の世界ではなく、他の国々と本質的には変わらない、一つの滞在先に過ぎなくなってしまったことも、心の片隅で感じ続けることになるのです。

それは、何とも切なく、哀しいことであるのかもしれません。

しかし同時に、そうした「よそ者」になることによってはじめて、旅人は、自分がその中で生まれ育った小さな世界を、これまでとは全く別の新鮮な目で見つめることができるし、それによって、これまで当たり前すぎて意識することもなかった、その小さな世界の美しさに、改めて気づかされるのかもしれません。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:59, 浪人, 旅の名言〜旅の終わり・帰還

comments(0), trackbacks(0)

旅の名言 「旅それぞれに寿命が……」

旅それぞれに寿命が異なっていて、予想もつかないように思えるのだ。旅人が帰宅する前に寿命が尽きて終わってしまう旅があることは、きっと誰もが知っているのではないだろうか? 逆もまた真なりだ。足を止め、時が過ぎた後になっても長く続く旅がたくさんある。

『チャーリーとの旅』 ジョン スタインベック ポプラ社 より
この本の紹介記事

ノーベル賞作家のスタインベック氏が、愛犬チャーリーとキャンピングカーでアメリカを一周する旅を描いた、『チャーリーとの旅』からの一節です。

旅というのは、常識的には、家を出てどこか別の場所に向かい、再び家に帰ってくるまでのことだと考えられているし、実際そう考えることで、ふつうは何の不都合もないはずです。

しかし、スタインベック氏によれば、旅には寿命というものがあって、その長さは旅によって異なり、家を出て再び家に帰りつくまでの期間とは必ずしも一致しないことがあるというのです。

もちろん、毎日の通勤通学とか、近所への買い物とか、ちょっとした週末の小旅行くらいでは、そういうズレが起きることはないでしょう。

しかし、旅人にとって深い意味をもつ旅や、非常に長い旅、あるいは、旅での思いがけない出来事が、旅人の生き方に大きなインパクトを与えるような場合には、旅の物理的な時間と心理的・内面的な旅のプロセスとの間に、大きなギャップを感じることがあるのかもしれません。

例えば、スタインベック氏は、この本で描かれているアメリカ一周の旅が、自分の中では、自宅に帰りつく前にすでに終わってしまっていたことを告白しています。

 私自身の旅はというと、出発よりずっと前に始まり、帰宅する前に終わった。
 旅が終わった場所も時間もしっかり覚えている。ヴァージニア州アビンドン近くの急カーブで、風の強かった日の午後四時だ。前触れもなく別れの挨拶もキスもなく、旅は私から去っていってしまった。私は家から離れた場所で取り残されてしまったのだ。
 私は旅を呼び戻して捕まえようとしたが――愚かで無駄なことだった。旅が終わり、もう戻ってこないのは明らかだったのだ。道は延々と続く石の連なりとなり、丘は障害物となり、木々は緑色の霞となった。人々はただの動く影となり、頭はついていても顔はないのと同然だった。道沿いの食べ物はどれもスープのような味しかしなかったし、実際にスープだって構わなかった。

そして、彼にとっては、アビンドン以降の道のりは「時間も出来事もない灰色のトンネルのようなもの」で、その道中の記憶が何も出てこないのだといいます。

このように、実際の時間よりも短命な旅があれば、その反対に、寿命の長い旅というのもあるはずで、それについて、彼はこんな例を挙げています。

 私はサリーナスにいた男のことを覚えている。彼は中年時代にホノルルに旅行に行ってきたのだが、その旅は彼の生涯にわたって続いたのだ。玄関先のポーチで揺り椅子に座っている彼をよく見かけたが、目を細めて半ば閉じたまま、永遠にホノルルを旅しているようだった。

まあ、いずれにしても、旅人の心の中で旅が終わったかどうかは、あくまで当人の主観で判断することであって、極端な話、どうとでも言えてしまうわけですが、実際には、旅の外面的・内面的なプロセスの間に大きなギャップが生じて、本人でさえ驚いてしまうようなことがたびたび起きるのでしょう。

考えてみれば、映画や本などでも、最初の30分くらいですっかり飽きてうんざりしたり、先が全部見通せてしまい、すでに気持ちの上では終わっているのに、何となく義務感や惰性に引きずられて、最後まで見たり読んだりしてしまうということはあります。また逆に、作品の印象が強烈で、鑑賞し終わってから何時間も何日も、場合によっては何年ものあいだ、その作品が心から離れないということもあるでしょう。

旅に関しても、似たようなことが言えるのかもしれません。

ある旅は、いつまでも醒めない夢のように、旅人を生涯にわたって魅惑し続けるだろうし、別の旅は、途中で突然幕が下りてしまい、旅人をとまどわせることになるのでしょう。そしてそうした旅の寿命は、人生と同じく、事前には「予想もつかない」もので、実際に旅に出て、それを全うしてみないことには何とも言えないのです。

もっとも、それぞれの旅の寿命というのは、旅する本人にとっては重要でも、結局は非常に個人的な問題であって、旅の武勇伝とかみやげ話ならともかく、他人にとってみれば、まあ、どうでもいい話ではあるのですが……。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:54, 浪人, 旅の名言〜旅の終わり・帰還

comments(0), trackbacks(0)

旅の名言 「私はもう、……」

もはや見るものも聞くものもないとばかりに、私はひたすら車を走らせてきた。私はもう、見聞して吸収する限界を越えてしまったのだ。満腹した後になってもひたすら食べ物を詰め込み続ける男のようなものである。
 目に入ってくるものがみんな同じように見え、戸惑いを覚えていた。どの丘も、みんな一度通ったように見えるのだ。マドリード のプラド美術館で百枚もの絵画を見た後にもこんな風に感じた。――視覚が満腹したどうしようもない状態で、これ以上見ることはできそうもなかった。


『チャーリーとの旅』 ジョン スタインベック ポプラ社 より
この本の紹介記事

ノーベル賞作家のスタインベック氏によるアメリカ旅行記、『チャーリーとの旅』からの引用です。

彼はキャンピングカーに愛犬チャーリーを乗せて東海岸を出発し、反時計回りにアメリカをぐるりと一周する長い旅に出るのですが、西海岸に達して再び東をめざし、南西部の大分水嶺に至って、旅もいよいよ大詰めにさしかかろうというところで、ついに彼の好奇心はすり切れてしまいます。

美術館で膨大な絵画を見ているうちに感覚が麻痺して、せっかくの名画がどうでもよくなってしまうように、彼の視覚は飽和状態になって、車窓から眺めるものすべてが同じに見えてしまうのです。

旅が一度こんな状態になってしまうと、あとはただ機械的に移動を続けているだけで、そこにはもう、新鮮な驚きや喜びはありません。スタインベック氏は、旅の感動を失った状態で、ただひたすらゴールに向かって車を進めるしかありませんでした。

そして、これは彼だけが体験した特別な状態ではなく、状況次第でどんな旅人にも起こり得ることです。特に、何か月、あるいは何年という長い旅をしたことのある人なら、その多くが、似たような経験をしているのではないでしょうか。

旅への倦怠というか、精神の飽和状態というか、こういう無感動状態は、旅先の風景に対してだけでなく、旅のあらゆる体験を不毛なものにしてしまいます。旅に出た当初なら間違いなく感動したはずの素晴らしい景色や、面白い人物に出会っても、以前にどこかで同じ経験をしたような感覚が、旅人をしらけさせてしまうのです。

こんなとき、失われた感受性を取り戻そうとして、さまざまな試みをする旅人もいます。目先を変えるために、気候や風土の異なる別の国や地方に足を向けてみるとか、新しい旅のテーマを探すとか、あるいは逆に、ひとつの場所に腰を落ち着けてアルバイトでもしながら、旅への好奇心が再び高まってくるのを待つとか……。

そして、それでもどうにもならないとき、旅人に残された道は、スタインベック氏のように、ただひたすら家路へと急ぎ、旅を早く終わらせることだけです。

ひとつの旅で人間が受け入れることのできる経験に一定の限界があるのだとすれば、それが、旅の終わりを決める一つの要因になるのかもしれません。

もっとも、新鮮な感受性が失われたからといって、必ずしも旅をやめる必要はないかもしれません。旅人にとってあまり現実的な判断ではありませんが、理屈のうえでは、感受性をすり切らしたまま、あえて苦しい旅を続け、そういう状態を突き抜けた先に何が見えてくるか、自分の目で確かめてみる、という道もあります。

しかし、さすがに私も、そこまで無理して旅を続けた経験はありません。だから、その先に何が起こるのかについては何ともコメントしようがないし、他の旅人にそれを勧めようとも思いません。

そして実際、その先には何もなく、どこまでも不毛な旅が続くばかりで、それはきっと、単なる孤独な我慢大会になってしまうような気がします……。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:53, 浪人, 旅の名言〜旅の終わり・帰還

comments(0), trackbacks(0)