このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 九龍城「探険」 | main | お金を盗られた話 >>

『印度放浪』

印度放浪
印度放浪
藤原 新也

評価 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です

「インドもの」では、もはや古典となった感もある作品です。

私がこの本に出会ったのは高校生の頃、ざらざらの紙の触感と匂い、写真の美しさに惹かれて思わず購入しました。

読んでみると、まさに異世界のようなインドの光景が広がっていました。死、老、病、貧、混沌が、あからさまに映し出されていて、おぞましいのですが、なぜか奇妙にもそこに美しさが感じられます。この妖しい魅力は何なのか、何とも言いようのない読後感でした。

後に、自分もインドを訪れることになり、著者が写真と文章で切り取って見せたインドの断片は、インドの現実の全てではないことがわかりました。

よく考えてみれば当たり前のことなのですが、インドは完全な異世界ではなく、程度の差はあっても我々の住む世界と同じようなルールで成り立っていて、同じようなモノがあり、それなりにその日を生きている普通の人々によって成り立つ世界でもありました。

現在のインドが、著者が旅した頃とは違ってきていることを割り引いたとしても、著者が、インドの見せたある一面にこだわってそれを拡大し、この本の中で「藤原ワールド」ともいうべき、緊張感のある異世界を作り上げていたことは明らかだと思います。

しかし、そうだとしても、やはり「藤原ワールド」には妖しい吸引力があります。それは、我々の住む現代の社会が必死で隠し、視界から消すことで忘れ去ろうとしている重大な何かを、思い出させようとするのです。

インドは、その何かをあえて隠そうとはしません。というより、隠したくても隠しようがないのです。私もインドで、著者が執拗に追い続けたそれを、同じように追っていた気がします。そういう意味では、私がこの本や、藤原氏の他の著作から受けた影響は大きいと思います。

そもそも、このブログのタイトル「浪人巡礼」からして、影響受けまくってます。

本の内容に対する評価としては、ちょっと甘くなっているかもしれませんが、この本が、理屈ではなく、感覚を通して心の深いところに働きかけてくること、若い頃に衝撃を受けた本ということで判断させていただきました。



本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 19:38, 浪人, 本の旅〜インド・南アジア

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:38, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/10