このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「どこへ行くにも……」 | main | 『〈からだ〉の声を聞きなさい - あなたの中のスピリチュアルな友人』 >>

カビキラー衝動

グーグルマップなど、無料の衛星写真サービスが普及したことで、世界各地の上空からの映像を好きな縮尺で楽しめるようになりました。

ヒマな時、今までに行ったことのある国や、昔住んでいた街などを自由に眺めていると、「上から見るとこうなっていたのか!」という新たな発見があったりします。

また、日本全体とか、関東地方全体が収まるような縮尺で眺めると、地図を見ているだけでは想像に過ぎなかった大都市の広がりなどもまざまざと分かり、「ずいぶん都市化が進んでるんだな……」という実感が湧いてきます。

しかし一方で、そういう大都市を上から見ていると、「何か汚らしいなあ」という感じがするのも事実です。周縁部に緑がチラホラ見えるほかは、全体が灰色に埋め尽くされていて、まるで大きなカサブタが貼りついているというか、ビッシリとカビが生えているような感じです。

カビのような大都市を見ていると、ついカビキラーを思い出します。風呂掃除の時などにものすごい威力を発揮するアレです。

タイルの目地や、壁のすみに浮かんでいる黒カビに向かってカビキラーをシュッと吹きつけると、一瞬にして真っ白になります。とにかく面白いように白くなるので、掃除するのが快感になってしまうほどです。

黒カビからしてみれば、同じ生きものには違いないのに、人間に嫌われてしまったために何とも災難な話です。

そして、フト思うのですが、もしも我々人類よりもはるかに文明のすすんだ宇宙人がいて、地球を遠くから観察しているとしたら、彼らの眼にも、人間の大都市はやっぱりカビみたいに汚く見えたりするのではないでしょうか?

彼らが人間みたいに潔癖だったら、つい地球を「掃除」したくなり、「宇宙カビキラー」みたいな超強力な兵器を、いきなりシュッとひと吹きするかもしれません。

そもそも宇宙人などというものが存在するのかどうか、私は知りません。ただ、もしいるとしたら、彼らが我々ほど無慈悲ではないことを祈りたいと思います……。

at 19:00, 浪人, つれづれの記

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:00, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/170