このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「そうか、人間、こうやっても……」 | main | 旅の名言 「ある日、旅先のベッドに……」 >>

『ホームワーク』

評価 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です

この本は、「自分の手で自分の家をつくる」というテーマに沿って、アメリカ各地や世界中に建てられた手づくりの家を、膨大な写真と資料で紹介するユニークな写真集です。

本書は、以前にこのブログで紹介した『シェルター』の続編ともいえるものです。著者のロイド・カーン氏は、これまで自ら取材・撮影してきた建物のほか、『シェルター』の読者から寄せられた資料も示しながら、「住む」という、人間にとって根源的な行為の様々な側面と可能性を見せてくれます。

 家づくりを学ぶことと平行して、わたしはいろいろな建物の写真を撮ってきた。旅に出るときには必ずカメラとノートをもち、小さな建物を記録して歩いた。するとわたしが吸い寄せられるのは、いつでも決まって自分で家を建てる人たちがいるところだった。わたしが探し、わたしの目が引きつけられたものとは何であったのか? それは手づくりの建物で、以下の特徴をひとつでも備えているものである。

・ 優れた技術が発揮されている
・ 実用的で、シンプルで、費用をかけず、役に立っている
・ 資源を有効に使っている
・ 周囲のランドスケープになじんでいる
・ 美的感興にあふれ、いい雰囲気を発散している
・ 設計と施工が破綻なく組み合わされている
・ (さらには、あるいは) 型破りな創造力を発揮している


こうした条件に合う手づくりの家は、大規模なマンションやニュータウンの建売住宅の中には見出せないものです。もちろん、自分で住む家を自分で建てるという「生き方」はアメリカでも少数派で、カーン氏の立場も1960年代以降のカウンター・カルチャーの流れを色濃く反映しているのですが、そうした背景を抜きにして、個性あふれる小さな家々の写真を眺めているだけでもインスピレーションが掻き立てられ、自分でも何か造ってみたいという気持ちが湧いてきます。

この本には、自由な発想による家づくりの可能性がたくさん詰め込まれています。ホーム・ビルダーたちのユニークな生き方、様々な天然素材(泥とワラの家、土嚢積みの家、竹の家など)へのこだわり、世界各地のエスニックな家屋、アーティストによる破天荒な家(ガラス瓶の家、軽量コンクリートによる自由な造形、ツリーハウスなど)、移動する家(ジプシーワゴン、ハウストラックなど)等々、常識を超える実例が次から次へと出てきて、眩暈がするほどです。

もちろん、それらの試みは完成形ではないし、快適さや安楽さの犠牲の上に成り立っている部分もあります。それでも、勇気をもって一歩踏み出し、実践を始めた人々の事例を眺めていると、「こんな風にしてもいいんだ」「これでも生きていけるんだ」という驚きとともに、家というものは何十年も働いて得た金でようやく手に入るものだという常識から、少しずつ解き放たれていくような気がします。

高価な本ですが、「自分で住む家を自分で建てる自由を生きる」というテーマに興味のある人はもちろん、普通の住まいに飽き足らないものを感じている人なら一度は目を通してみる価値があると思います。

ロイド・カーン著『シェルター』の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 19:32, 浪人, 本の旅〜住まい

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:32, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/247