このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< バックパックの現地調達 | main | 「総表現社会」と書評 >>

『旅ときどき沈没』

旅ときどき沈没
旅ときどき沈没
蔵前 仁一

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、個人旅行者向けの専門誌「旅行人」を主宰されている蔵前氏が、自らの旅のエピソードをまとめたものです。

旅の舞台は主にアジアとアフリカで、観光名所の紹介はほとんどなく、長い旅を通じて現地で出会った面白い人々にまつわる話が中心です。

もちろん、旅では面白いことばかり起こるわけではないので、読んでいて結構ギョッとするようなシリアスな話も出てくるのですが、独特のユーモアのある文章とほんわかとしたイラストで、さらっと読めるようになっているのはさすがだと思います。

現在、長期の旅をする人はますます増えていると思いますが、彼らがどんな旅をしているのか、特に「沈没」している時はどんな生活?をしているのか、その舞台裏がかいま見えるユニークな本です。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 20:09, 浪人, 本の旅〜世界各国

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 20:09, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/30
本を読もう!!VIVA読書!, 2006/05/03 8:32 PM

小泉首相がエチオピア・ガーナのアフリカ2国を訪問していますが、やはりマスコミの扱いはかなり冷淡ですね。アメリカ・中国・韓国だけが外国じゃないのに…。ある国際的な調査で、日本は世界中でかなり、どころか最も信頼されている国だと示されました。確か小泉首相