このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「彼らがその道の途中で……」 | main | 『日本の聖地 ― 日本宗教とは何か』 >>

追悼 河合隼雄先生

 臨床心理学の第一人者として心の問題に取り組む一方、教育や宗教など幅広い分野で業績を残した元文化庁長官で京大名誉教授の河合隼雄(かわい・はやお)さんが19日、奈良県天理市内の病院で死去した。79歳だった。 (中略)

 兵庫県出身。京大大学院と米カリフォルニア大で心理学を学んだ後、スイス・チューリヒのユング研究所で心理療法家の資格を得て1965年に帰国、ユングの心理学を日本に初めて紹介したほか、箱庭療法を実践、普及させた。

 75年に京大教授となり、心の病を抱えた患者の治療に現場で取り組む一方で、文学、宗教、科学、教育などの分野で積極的に発言した。国際日本文化研究センター所長、文部科学省顧問なども歴任。2000年に文化功労者に選ばれた。 

 02年1月、民間人として約17年ぶりに文化庁長官に就任。在任期間中、歴史と伝統を持つ関西の文化を活性化しようと、伝統芸、演劇、音楽関連のイベントを関西で集中的に催す「関西元気文化圏構想」を提唱、実現した。

(2007年7月19日 読売新聞)


私はこれまで、河合隼雄氏の講義を受けたこともなければ、直接お会いしたこともありません。そういう意味では「先生」などと勝手にお呼びするのは気がひけるのですが、学生時代に河合氏の著作に出会って以来、心の中では自分の先生のように思ってきました。

先生の著作は心理学に限らず、幅広い分野に及んでいるので、折りにふれて様々な本を読む機会がありました。どの本を読んでも、わかりやすくさりげない表現の奥に底知れない深さが感じられ、読み終わっても、何ともいえない余韻があります。

それは、自分の浅はかさを省みず、人間の心の問題を理屈で簡単に片付けようとしたり、生きることについて何となく分かったつもりになりがちな自分を、やんわりと、しかし実は厳しくたしなめてくれるようでもありました。

もう、河合先生の新しい著作が読めなくなるのは寂しいことですが、これまでに書かれた膨大な著作を、これからも注意深く読み続けていきたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

どうぞ、安らかにお休みください。

at 20:45, 浪人, つれづれの記

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:45, スポンサードリンク, -

-, -

comment
うさねこ, 2007/07/19 11:59 PM

始めまして。今日私も同じ事を感じていたので思わずコメントさせてもらってしまいました。
たまたまなのですが、19日早朝三時半頃就寝前に、最近河合先生どうしたろうか、と思ったので、今さっきリサーチしたところ亡くなられたとの報道。
泣きながら報道関係読みあさりました。
生きていて下さるだけでも励みになる暖かい存在だったので本当に残念です。
私もこれまでの本、読み直そうと思います。

浪人, 2007/07/20 7:23 PM

うさねこさん、コメントありがとうございました。

うさねこさんのおっしゃる通り、私も河合先生の本以上に、先生の存在に安心感を覚え、励まされていたんだなと思い返しました。

先生の書かれたたくさんの本は残されましたが、言葉に表現できない微妙なことや、書き切れなかった膨大な智恵と一緒に、その安心感も、先生と一緒に失われてしまったような気がします。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/325