このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『日本の聖地 ― 日本宗教とは何か』 | main | 旅の名言 「僕の旅は本質的に……」 >>

『ゴーゴー・アフリカ〈上〉』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、バックパッカー向けの雑誌『旅行人』を主宰する蔵前仁一氏が、1990年から1992年までの一年半、夫婦でアフリカ大陸を旅した記録です。上巻は北アフリカ・西アフリカ編で、1987年のエジプト、モロッコへの旅のエピソードも合わせて収録されています。

本書のハイライトは、アルジェリアのタマンラセットからニジェールのアルリットまで約600キロ、サハラ砂漠の道なき道を縦断する場面でしょう。

蔵前氏夫婦は、ニジェールで売るための中古車を運転してサハラ越えをするフランス人に同行させてもらえることになりますが、例によってその旅のドタバタが、イラストや写真を添えてユーモラスに描かれています。

この他、タッシリ・ナジェールの岩絵(アルジェリア)を見るトレッキング・ツアーに参加したり、ドゴン族の村(マリ)を訪れたりと、二人は観光的な見どころも押さえた旅を続けているのですが、本書全体を通してそれ以上に感じられるのは、西アフリカの旅の苛酷さです。

役人の堕落ぶりや度重なる政変、マラリアなどの病気の恐怖、移動のしんどさ、物価の高さ、食事の単調さ……。バックパッカーの名言に「耐えてアフリカ」というフレーズがありますが、まさにそんな感じがピッタリの旅が描かれています。

しかし、そんな環境でも、二人が無理をせずスローな旅を続け、深刻さを滲ませるどころか、ひょうひょうとした感じさえ漂わせているのは、いつものことながらさすがとしか言いようがありません。

本文を読んでいる限りでは気がつきにくいのですが、二人はこの北アフリカから西アフリカへの旅だけで半年もかけています。その長い旅の間には、この本に載せきれないエピソードが、他にもたくさんあったに違いありません。

ただ、本書は15年以上前のアフリカの旅を描いたものなので、現在では状況が変わっているところも少なくないと思います。今現在のアフリカがどうなっているか、最新の情報にも目を通してみたくなりました。

『ゴーゴー・アフリカ〈下〉』の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 19:10, 浪人, 本の旅〜アフリカ

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:10, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/326