このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『エグザイルス・ギャング』 | main | 旅の名言 「旅人の相手をしてくれるのは……」 >>

『読み替えられた日本神話』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

ウィキペディアによれば、神話とは、「物の起源や意義を伝承的・象徴的に述べる説話的物語」です。「日本神話」というと誰もが『古事記』『日本書紀』を思い浮かべますが、そこには、日本という国の成り立ちに関する古代の人々の思考の跡が、当時の姿のままで残されているといえます。

しかし、日本神話というと、どうしても戦前の国家神道の記憶と結びついてしまうし、近代科学における宇宙観・世界観と比較して、古代人の神話的思考を非科学的として低く評価する傾向もあって、学問の世界では、さまざまな先入観なしには扱いづらい分野であり続けているようです。

本書の著者、斎藤英喜氏は、そうした日本神話をめぐる閉塞状態を脱け出すためには、「中世日本紀」と呼ばれる中世の神話世界の研究がカギになるとしています。

 近代的なイデオロギーに封印された日本神話の不幸は、いかに脱却できるのか。その実践的な方法は、読み替えられた日本神話の現場、中世神話を起点とした神話変奏のダイナミズムに身を置くことにある。


私は本書によって、「中世日本紀」の世界を初めて知ったのですが、その「自由奔放な神話世界」は、現代の「トンデモ本」も顔負けです。

 中世日本紀の世界。そこには『記』『紀』神話に伝わっていない、イザナギ・イザナミの両親から棄てられたヒルコのその後の運命、あるいは源平合戦のさなかに失われた三種の神器のひとつ、草薙の剣のその後の行方、あるいは伊勢神宮でアマテラスの食事担当の神だったトヨウケ大神が、天地開闢の始元神、アメノミナカヌシへと変貌していく様子、さらには第六天魔王とか牛頭天王といった、古代神話には登場しない異国の神々さえも活躍していく。もはや仏教とか神道とかいった区別さえも通用しないような世界が繰り広げられていくのだ。
 そしてそのとき、古代神話の最高の主人公にして、天皇家の祖神アマテラスさえも、日本神話の読み替えのなかで、驚くべき姿にメタモルフォーゼしていく。太陽の女神たるアマテラスは女神の身体を脱ぎ捨て、さらにその身は銀色に輝く鱗をもつ蛇体の神へと変貌していくのだ。また太陽神の姿は「虚空」「無相」のメタファーへと読み替えられていく。


ちなみに、「中世日本紀」といっても、そういう名称の特定の書物が存在するわけではなく、中世の人々が、「日本紀」からの引用という形式を使って、元の神話の内容を改竄してしまったり、新たな神話をつけ加えてしまうという、「中世における神話創造のムーブメント」全体を指しています。

従来の学問の世界では、こうした神話世界は、荒唐無稽とか牽強付会と判断されて黙殺されるか、あるいは一部の好事家によって興味本位に取り上げられるだけでした。

しかし、先入観を離れ、そのムーブメント自体を丁寧に研究していくと、そこには、物事の根源を突き詰めていく、中世の人々の信仰と思考実験の現場、あるいは、異質なものが次第に混淆していく状況の中で、新しいビジョンにもとづいて、自由奔放で豊かな神話を生み出していくプロセスが浮かび上がってきます。

そして、そうした神話の「読み替え」という観点に立って、改めて日本の歴史を振り返ってみたのが本書です。古代から現代に至る、「日本列島のうえに延々と続いた神話変奏のプロセス」をたどっていくと、日本神話が、古代の時点で固まってしまった不変のものではなく、絶えず新しい意味をつけ加えられ、新しいビジョンのもとに甦りながら、物事の根源を語る神話としての役割を果たし続けるとともに、時代を超えてイマジネーションの源泉でもあり続けてきたことがわかります。

日本神話への新しい視点を与えてくれる、とても興味深い一冊です。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 19:05, 浪人, 本の旅〜ことばの世界

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:05, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/336