このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「インドで出会う旅人は……」 | main | 本に旅をさせる試み >>

『雨天炎天 ― ギリシャ・トルコ辺境紀行』

Kindle版はこちら

 

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、作家の村上春樹氏が1988年の秋に、ギリシャのアトス山(アトス自治修道士共和国)とトルコを旅した記録です。

アトス山はギリシャ正教の聖地で、ギリシャの中にある独立国のような変わった地域です。古くから女人禁制となっており、男の修道士だけが神への祈りに明け暮れる、「こちらがわの世界とはまったく違った原則によって機能している世界」です。

村上氏の一行は三泊四日の入域許可を取り、アトス半島の修道院を徒歩でめぐることになるのですが、そこにはさまざまな種類のトラブルが待ち構えていました。

それが何であったかは、実際に本文を読んでいただきたいのですが、彼らの味わった、数日間の旅とは思えないほどの濃密な体験の連続は、異世界への旅というものの面白さを改めて感じさせます。

本書の後半は、パジェロを運転し、三週間かけて時計回りにトルコを一周した旅の記録です。

かつて短時間だけ訪れたトルコの「空気の質のようなもの」に惹かれ、それ以来トルコに強い興味を抱くようになった村上氏は、運転免許をとり、初歩的なトルコ語も習い、トルコについての本もいろいろと読んだりと、周到な準備を重ねた上でトルコに乗り込みます。

村上氏の一行は、紛争地帯である東部アナトリアでかなり危険な目にも遭うのですが、そんな深刻なトラブルの数々を、ユーモアも交えながらサラッと描いているのは、さすが文章のプロという感じがします。

ところで、村上氏がこのタフな旅をしていた頃、日本はバブル景気に酔いしれていました。また、旅の1年前、1987年に出版された『ノルウェイの森』は、空前のベストセラーになっています。

当時のそうした状況を考えると、この時期にあえて修道士たちの世界をかいま見、旅行者が立ち寄らないような辺境を旅していたというのは、いかにも村上氏らしいという気がするのですが、逆に言えば、売れっ子作家らしくない、リスクの高い、苛酷な旅をしていたとも言えるかもしれません。

ちなみに、村上氏がトルコのどこか一つの地域を選んでもう一度行くとすれば、黒海沿岸なのだそうです。そこに何か珍しいものがあったからではなく、そこは穏やかで静かで、そして何もないところで、いちばんのんびりと寛いで時間を過ごせたからだそうです。

この本に、有名な観光地は出てこないし、目をみはるようなエピソードが満載というわけでもないので、人によっては地味な印象を受けるかもしれませんが、村上氏の旅に対する姿勢や、実際の旅のスタイルを知ることができる興味深い一冊だと思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

 

 

 

at 19:35, 浪人, 本の旅〜ヨーロッパ・中東

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:35, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/435