このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『竜(ナーガ)の眠る都』 | main | 旅の名言 「インドに一週間くらいいると……」 >>

『セルフビルド ― 家をつくる自由』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

自分の住む家を、自分の手で建てることができたら……。

日本各地に、そんな夢を実現した人たちがいます。「家をつくる自由」がテーマのこの本には、そうしたセルフビルド、またはハーフビルドの住宅が30例近く、豊富なカラー写真で紹介されています。

この本を出している「旅行人」は、バックパッカー向けの旅行雑誌や旅に関する本を扱っている出版社で、著者も編者も、みな世界各地を旅したことのある人たちです。

長い旅の経験を通じて培われたまなざしが、日本での住まいや暮らしに向けられるとき、これまでとは違った、もっと自由でのびのびとした生き方を模索するようになるのは、当然の成り行きなのかもしれません。

しかし、持ち家といえば建売の一戸建てかマンションを想像してしまう多くの人々にとって、自分の家を自分でつくるという行為への心理的なハードルはかなり高いのではないでしょうか。

それでも、この本に紹介された数多くの具体的な事例を見ていくことで、実際のところ、セルフビルドはそれほど難しくはなく、むしろ楽しい作業なのかもしれないと思ったり、あるいは、すぐに自分もやってみようとまでは思わないにしても、少なくとも家づくりについての常識を見直すきっかけになるかもしれません。

この本を読むと、初心者にはなじみのない、建築関係の用語や道具の名称がたくさん出てきますが、そうした用語や、家づくり関係の法律については、巻末に用語集や解説がつけ加えられるなど、細やかな気配りもされています。

ただ、この本に載っている事例をまとめて見ていくと、そこには一定の傾向のようなものがあることも確かです。

田舎の広い敷地に大きな家、広いリビングに吹き抜け、薪ストーブというパターンが多いし、紹介されているビルダーも、陶芸家など、アーティスト系の人が多いようです。

これは、取材先の家やビルダーがたまたまそうだったのか、それとも一般的な傾向なのかどうかは分かりません。もちろん、会社勤めのかたわら、週末に現場に通い、何年もかけてコツコツと家を建てたという事例もいくつかあるので、自由業でなければセルフビルドができないというわけではありません。

しかし、法律の問題もあって、都会の狭い敷地に自由に家を建てるのはむずかしいし、田舎に家を建てるとなれば、家づくりだけでなく、仕事をどうするかという問題も出てきます。やはり田舎でそれなりに暮らしていけて、時間も比較的自由になる仕事でないと、セルフビルドは難しいのかな、という印象を受けるのも確かです。

それから、セルフビルドとは思えないほど本格的で、細部まで目の行き届いた家を建てているケースが多いという感じもしました。こういうこだわりは日本人の特性なのかもしれません。

ただ、個人的には、細部に多少の難はあっても、奇抜なアイデアに基づいた独創的な家づくりをしている事例をもっと見てみたかった気がします。

例えば、南伊豆の平太氏のバンブーハウスなど、身近で手に入る素材を利用し、少々(かなり?)ワイルドで自由につくられた感じは、私のイメージするセルフビルドの感覚にピッタリでした。

もっとも、見ていてワクワクする家かどうかということと、それが暮らしやすい家かどうかということは、全く別の問題なんだろうと思いますが……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:35, 浪人, 本の旅〜住まい

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:35, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/449