このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『自然の歩き方50 ― ソローの森から雨の屋久島へ』 | main | 『若者はなぜ3年で辞めるのか?  年功序列が奪う日本の未来』 >>

旅の名言 「小学生の頃の夏休みが……」

旅には、目くるめくときめきが待っていた。
 小学生の頃の夏休みが、ずーっとつづいている。
 まぶしい太陽があって、あまいにおいのする森があって、土が濃くにおって、カブトムシがいて、深い闇があって、妖怪がいて、村祭のおはやしに胸をさわがせ、自由で、いくら遊んでも遊びたりない夏休み……
 南の国を長く旅していると、そんな気がする。


『竜(ナーガ)の眠る都』 伊藤 武 大栄出版 より
この本の紹介記事

タイとカンボジアを舞台にした異色の冒険ファンタジー、『竜(ナーガ)の眠る都』からの一節です。

主人公のガンテツは、日本社会をドロップアウトした放浪の旅人です。アルバイトで食いつなぎながら文化人類学を研究し、世界各地を渡り歩くガンテツの姿は、著者の伊藤武氏の分身でもあるようです。

冒頭の引用は、主人公が南の国への旅について語った部分なのですが、その旅の「目くるめくときめき」が、「小学生の頃の夏休み」に喩えられています。

インドや東南アジアを旅するバックパッカーなら、「夏休みが、ずーっとつづいている」というその表現に、大いに共感できるのではないでしょうか。

まぶしい太陽と色彩の洪水、街の喧騒や動物たちのにぎやかな声、花々や香辛料のむせかえるような匂い、辛くてエキゾチックな味覚の世界、そして皮膚にまとわりつく湿った空気……。

南の国では、すべてが五感に強烈に訴えかけてきます。

そしてそこには、なぜか奇妙な懐かしさがあります。

南の国への長い旅は、日常生活に疲れていた大人に、解放感や自由な感覚、子どもの頃のような伸び伸びとした気持ちを思い出させるだけでなく、その頃の生き生きとした五感を鮮やかに甦らせるからなのかもしれません。

まさに、「自由で、いくら遊んでも遊びたりない夏休み」の再現です。

人によっては、その幸福感にいつまでも浸っていたいと思うだろうし、実際、南の国にすっかり腰を落ち着けてしまい、もう日本には戻りたくないと感じる旅人もいるのではないでしょうか。

しかし、永遠に続く夏休みというものが存在しないように、そんな幸福な旅にも、やがて終わりがやってきます。

金がなくなれば、日本で金を稼ぐためにいったん帰国しなければならないし、あるいは将来への不安が頭をもたげてきて、旅を切り上げて日本社会に復帰することを考えざるを得なくなるかもしれません。

南の国での長い「夏休み」を終え、明日は日本に帰らなければならないという日。

その心境は、主人公のガンテツに言わせれば、「目のまえに白紙の夏休み帖をつみあげた八月三一日の気分」なのです……。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:42, 浪人, 旅の名言〜旅の時間

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:42, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/464