このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< バックパッカーは「時代錯誤」? | main | ラジャ・ヒンドゥスタニ >>

『夢の劇場 ― 明晰夢の世界』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

「明晰夢」とは、「眠っている者が夢を見ていることをはっきりと意識するようになる状態のこと」です。いわば、夢の中にいながら目覚めている状態です。

そのとき、夢は非常に鮮明でリアルに感じられ、しかもその夢の内容を、見ている本人が自由にコントロールできるようになると言われています。

もちろん、こうした夢が自然に起こるのは極めて稀なことですが、著者のマルコム・ゴドウィン氏は、明晰夢を見ようと決意して忍耐強く努力すれば、ほとんどの人がこうした夢を経験することが可能なのだといいます。

夢の中で、何でも思いどおりのことができるというのは、ある意味では最高のエンターテインメントかもしれません。それが誰にでも可能だということになれば、人の好奇心と欲求を大いにくすぐるのではないかと思いますが、明晰夢という現象は、それだけにはとどまらない重大な意味をもっています。

明晰夢の迫真のリアリティを一度でも体験した人は、夜の夢はおぼろげで儚いもので、昼に体験している日常こそ堅固な現実なのだという固定観念に修復不能なヒビが入り、夢が現実のように、現実が夢のように感じられてくるのです。

そしてそれは体験者を、現実とは何か、意識とは何か、自己とは何かという根源的な問いへと強く導いていきます。

ゴドウィン氏はOSHOの弟子だった人で、この本では明晰夢を霊的な目覚めへのプロセスの一つとして位置づけ、実践家としてのアドバイスや具体的なテクニックの紹介を織り交ぜながら、明晰夢に関してさまざまな視点からの考察を試みています。

ちなみに本書では、いわゆる臨死体験や体外離脱体験、あるいはシャーマンの脱魂なども、広い意味での明晰夢として扱われています。

読んでいると、自分もすぐに試してみたいという衝動にかられますが、実際に明晰夢を見られるようになるまでには、かなりの時間と根気が必要のようです。チャレンジする価値は大いにありそうですが、生半可な好奇心だけでは歯が立たないでしょう。

また、この本の中でも触れられていますが、明晰夢の中ではすべてが迫真のリアリティをもってしまうので、そこで起こりうる危険とその対処法についても、あらかじめ知っておく必要があると思います。

それから、この本の特徴として、シュルレアリスムの絵画をはじめとする数多くのカラー図版が収められていて、夢の世界の超現実的で謎めいた雰囲気をうまく醸し出しています。

ただ、一般にあまりなじみのない内容を扱っていることと、翻訳という性質上、初心者には少し意味がとりづらいところもあると思います。それに、けっこうな価格なので、明晰夢に本気で取り組みたい人以外は、購入を躊躇してしまうかもしれません……。


スティーヴン・ラバージ著 『明晰夢 ― 夢見の技法』 の紹介記事

チャールズ・マックフィー著 『みたい夢をみる方法 ― 明晰夢の技術』 の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 19:00, 浪人, 本の旅〜魂の旅

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:00, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/476