このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ラジャ・ヒンドゥスタニ | main | 旅の名言 「カオサンは……」 >>

『ウェブ時代をゆく ─ いかに働き、いかに学ぶか 』

Kindle版はこちら

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、ベストセラーになった『ウェブ進化論』の姉妹篇ともいうべき本です。
『ウェブ進化論』の紹介記事

『ウェブ進化論』は、「リアル世界」とは別の法則で動く「ネット世界」の出現がもたらす大変化の本質について洞察した本でしたが、今まさにその変化の只中に生きている私たちにとって、より重要な問題は、私たち自身がこの大変化をどうサバイバルするのか(どうやって飯を食い続けていくのか)、これからの時代をどういう心構えで生きていけばいいのかという問題でしょう。

本書はまさにそれをテーマとしています。「もうひとつの地球」であるネット世界が、時間と距離の制約を越えて世界中の人々を結びつけ、「志」を持つ「個」をエンパワーするインフラとして急速に整備されつつある中で、その素晴らしいインフラを最大限に活用することを前提に、私たちがどのように学び、どのような働き方を目指していくべきかについて、この本には数多くの前向きなアイデアが詰め込まれています。

『ウェブ進化論』同様、この本もオプティミズムに貫かれていますが、そこには、インターネットの特性に対する深い理解に加えて、ネット利用者自身の積極的な貢献を通じて、大きな可能性と同時に危険にも満ちたネット世界を、より良いものに変えていきたいという狙いがあるのでしょう。

私個人としては、ネット進化がもたらす新しい職業の可能性や、新しい社会のあり方について、梅田氏の提示するビジョンに強い共感を覚えます。

 

 バーチャル経済圏や境界領域の発展とともに、日本社会にも新しい職業環境が多様に花開く方向性を信じたいと思う。学歴より「いま何ができるか」が問われ、組織を出たり入ったりも自由、再挑戦はいつでも可能で、「個」が多様な生き方を追求できる社会。プロスポーツ選手のように若いときに一生分稼ぐビジネス世界の可能性も開かれる一方、オープンソース的に参加できる職業コミュニティも増える。専門性や趣味の周囲でそれほど大きくはないけれどお金が回り、そこそこ飯が食えるチャンスが広がり、社会貢献も個性に応じてできる。そういう新しい職業環境が大いに拡がっていくイメージを、未来のビジョンとして持ちたいと思うのである(第七章)。


こうした新たな社会の萌芽ともいえるオープンソースの世界においては、自分の「志向性」をはっきりと見いだし、「好きを貫く」ためにハードワークも厭わない人間が大きな成果と見返りを得ています。金銭的な報酬や組織の強制力によって働いている人間は、そうした人々に太刀打ちできないでしょう。

だとすれば、私たちにとっては、どこにより多くのお金が回っているかを気にする以上に、どうやって自分の志向性を見い出していくかがより重要な課題となるのではないでしょうか。しかもこれは、各人による主体的で内面的なプロセスであり、誰かから指示してもらったり、学校のカリキュラムを通じて学べるようなものではありません。

そういう意味で、私がこの本の中で最も興味深かったのは、自らの志向性を発見する手段としての「ロールモデル思考法」の解説です。

 

 ロールモデル思考法とは、ただ「誰かみたいになりたい」「こんな職業につきたい」という単純な願望から一歩進み、自分の志向性をより細かく定義していくプロセスである。
 世に溢れる「人の生き方」や「時間の流れ方」に興味を持ち、それを自分の問題として考える。外界の膨大な情報の無限性を恐れず、自分の志向性と波長の合う信号を高速でサーチし続け、自分という有限性へマッピングする。波長の合う信号をキャッチできたら、「時間の使い方」の優先順位を変えてコミットして、行動する。身勝手な仮説でもいいから、これだと思うロールモデルにのめりこんでみる。行動することによって新しい情報が生まれ、新しい人々と結びつき、また新しいロールモデルを発見することになる。ロールモデルを発端に行動し、さまざまな試行錯誤をする中で、意欲や希望の核が生まれ、世界は広がっていくだろう。「好き」な対象さえはっきりすれば、ネットはそれを増幅してくれもする。個の成長とともに、ロールモデルはどんどん消費し新しくしていけばいい。どんな偉大な人物であろうと、自分のために消費してしまえばいい。探し、試し、客観視し、必要なら卒業し、動く。人生の局面に応じたたくさんのロールモデルの引き出しを持ちながら、それを灯台代わりに生きていくのである。
 いちばん重要な判断を、直感に基づくロールモデル思考法で行い、その後のサバイバルには緻密な戦略を立ててこつこつと執行するのである。


もちろんこれだけではピンとこないかもしれませんが、この本には梅田氏が自らの志向性を発見してきたプロセスも具体的に語られていて、非常に参考になります。

漠然とした「自分探し」の域をはるかに超えて、すさまじいまでに真剣で緻密なそのプロセスには驚かされますが、もしかするとこれからの時代には、それだけ真摯に自分と向き合う覚悟が多くの人に必要とされるようになるのかもしれません。

ネット進化の今後については、まだまだ分からないことの方が多いし、この本で提示されたビジョンについても、まだ確実に実現するとは言えない状況ですが、私たちの多くがこれから先何十年も生きていくことを考えれば、そうしたビジョンやさまざまなアイデアについて、自分自身の生き方と重ねて深く考えてみる価値は十分にあると思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

 

 

JUGEMテーマ:読書

 

at 20:11, 浪人, 本の旅〜インターネット

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:11, スポンサードリンク, -

-, -

comment
ちゅうた, 2008/07/13 2:44 AM

いつもブログを拝見させていただいています、ちゅうたといいます。
僕もこれから先、どんな職についてどのように生きていくか、その舵とりを一生懸命考えているところで、非常にこの本の内容に興味を惹かれました。

コンピュータの技術系の雑誌で
wed進化論という本の名前は知っていて、読んでみたいなぁと思っていたので、あわせてこちらも合わせて読んでみようと思います。

浪人, 2008/07/13 7:25 PM

ちゅうたさん、コメントありがとうございました。

梅田氏の『ウェブ進化論』と『ウェブ時代をゆく』については、評価する人もあれば批判的な人もいると思いますが、いずれの立場をとるにせよ、読んでおく価値はあると思います。

インターネットというインフラは、たとえどれだけ進化しても、全てを解決してくれる万能の存在にはなりえないと思いますが、少なくともそれを最大限に活用しつつ、自分の進むべき方向を見い出していく一つの方法として、梅田氏の提示しているアイデアは非常に参考になると思います。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/478