このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 中国の夜行寝台バス | main | 『「臨死体験」を超える死後体験』 >>

バックパッカーと為替レート

海外の旅をしていると、日本円と現地通貨の為替レートが気になります。バックパッカーは、国によっては一日当たり数百円から千円前後の予算で旅しているので、為替レートの動きが激しい時は、両替のタイミングによっては一万円を両替するだけで、現地生活費の数日分がボーナスとして転がり込んできたり、その逆になることもあります。

そういうわけで、両替屋の前を通りかかったときには、ついつい最新のレートを確認してしまうのです。

ただ、少なくとも私が旅行している時期に関していえば、日本円は安くなるよりは高くなる場合の方が多く、両替するたびにおいしい思いをさせて頂きました。

日本経済と日本社会にさまざまな問題があることは、ニュースを見ていればよく分かるのですが、問題があるのは日本社会だけの話ではありません。為替レートは各国通貨間の相対的な評価に基づいているので、相手国の通貨が何らかの問題によって、為替市場で日本円よりも低い評価を受けるなら、当然日本円の価値が相対的に高まっていくことになります。

逆に言えば、日本円が高いということは、経済的な側面に限れば、他国よりも相対的に問題が少ないか、経済的な価値を産み出し続ける活力を保っているということになります。

日本は加工貿易国家なので、円高は大問題だとよく言われるのですが、円が高くなるということは、経済的な面で各国から高く評価されているということで、一概に悪いことではないと思います。

バックパッカーが強力な円の恩恵を受けられるのは、日本社会で日本人が日々汗を流して経済的価値を産み出し、それが国際的に評価されているからです。日本人であるというのは、いわばそういう活動をしている「円共同体」の一員であるということでもあります。

もし、日本に生まれていなければ、バックパッカーとして各国を旅する幸せはなかったかもしれません。日本に生まれていても、日本が経済的な大問題を抱えて円安になっていたら、海外に行くどころではなかったかもしれません。そういう意味では、バックパッカーの気楽な旅暮らしも、日本人が日々勤勉に働き続けている努力に依存していることになります。

海外の両替屋も銀行も、私個人を高く評価して良いレートを提示してくれているわけではなく、日本円を持っている私の背後に「円共同体」の巨大な力を見ているのです。

そう考えると、私としては、日本人としての「本業」を放り出してその恩恵だけを独り占めしているような、皆が働いているときに自分だけいい思いをしているような、複雑な気持ちになるのです。幸いなことに、バックパッカーをしている時は海外にいるので、日本で働いている人から直接白い眼で見られることはありませんが……。


at 20:11, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 20:11, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/50