このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「どこかやっていけそうな気になって……」 | main | 『アジア新聞屋台村』 >>

日本人の激写集団

チベットを旅していたときのことです。

ラサからサムイエに向かう途中に大きな河があるのですが、橋がかかっていないため、そこでは発動機のついた渡し舟を利用することになります。

十分な数の客が集まるまで、渡し舟は出発しないので、そのとき私は船着場で一時間以上もブラブラしながら、舟が出るのを待っていました。

周囲にはこれといって見るべきものもなく、チベットらしい荒涼とした風景が広がっているばかりです。

そこに一台のバスがやってきて、日本人とみられる中高年の一団がゾロゾロと降りてきました。全部で20名以上はいたでしょうか。一見したところ、よくある団体ツアーの観光客のようでしたが、何か少し雰囲気が違います。

彼らの全員が、高級そうな一眼レフを構えていて、持っている機材の量もかなりのものです。中には一人で三台のカメラをぶら下げた人もいます。きっと趣味で写真をやっている者同士が集まり、「秘境チベット撮影ツアー」みたいなことを企画して、ここまでやって来たのでしょう。

一団の人々は、キョロキョロとあたりを見回しながらこちらの方まで歩いてくると、現地のチベット人を見つけて取り囲み、写真を撮り始めました。

その光景は何とも異様でした。

20以上のカメラが一斉にその人物に向けられ、バシャバシャとシャッターが切られ続けます。みな撮影に集中しているのか、ほとんど無言です。まるで政治家や芸能人を追いかけるマスコミのようですが、ここはチベットの田舎です。

ハイテク製品で「武装」した日本人の一団と、チベット人の呆然とした様子、それに周囲の荒涼とした風景があまりにちぐはぐで、私は泥水でも浴びせられたような、何とも言いようのない気分で、彼らの行動をただ遠巻きに眺めていました。

ひととおり撮影が済むと、一団に同行していたガイドが、「1、2元払ってあげてくださぁ〜い!」と呼びかけました。

すると今度は、撮影を終えたオッサンたちの多くがチベット人「モデル」の前に黙って列をつくり、その全員が一人ずつチップを渡していきます。

日本人ツアー客にとっては、一人が払う金額は駄菓子代程度でしかないのかもしれませんが、それでも20人分ともなれば、それなりの金額にはなるし、ましてや現地のチベット人にとっては相当な大金です。

それに、お金を渡すなら、せめて誰かが撮影のお礼を言って、まとめて渡すなりすればいいのに、これでは何だか、「とりあえず渡しとけば文句ないだろ」みたいな乱暴さすら感じます。

彼らはチベットのあちこちで、あるいは世界のあちこちで、こんなことをしながら「撮影ツアー」を続けているのでしょうか? その姿がありありと目に浮かんでくるようで、私はとても暗い気持ちになりました。

もちろん、ツアーに参加しているメンバー一人ひとりの身になって考えてみれば、彼らの行動の理由はそれなりに理解できないわけではありません。

彼らにとっては、憧れの「秘境」チベットにやって来て、見るものすべてが新鮮で珍しく、子供のように高揚していて、何にでもカメラを向けずにはいられないのかもしれないし、そのためにこそ大量のフィルムや機材を用意してきたわけです。それに旅の時間は限られているので、変に躊躇をして、シャッターチャンスを逃すわけにはいかないのかもしれません。

もしかすると、撮影のために現地の人に対して失礼なことをしているかもしれないけれど、どのくらいまでならOKで、どこからがダメなのか、その辺の微妙なことは外国人には分かりません。そもそも、そんなときのためにこそガイドがいるわけで、何か問題が起こりそうになったら、ガイドがきちんとフォローするなり、アドバイスしてくれるはずだと安心しきっているのかもしれません。

それに、観光客が現地の人に一斉にカメラを向けるようなことは、日本人だけに限ったことではなく、他の国のツアー客の行動としても、多かれ少なかれ見受けられることです。

しかしやはり、私にとって、その日の光景は何か特別なインパクトがありました。

彼らが地元の人を取り囲み、まるで草木を撮影するみたいに黙ってシャッターを切り続ける光景は、恐ろしいというか、気味が悪いというか、とにかく同じ日本人としてその場にいることが恥ずかしくなるようなものでした。

もしも、カメラマンが一人か二人だけだったなら、彼らもあんなに大胆な行動には出なかったような気がするのです。彼らの傍若無人さには、何か強力な集団心理みたいなものが働いていたのではないでしょうか。隣の人と同じことをしているんだから、別にいいではないか、というような……。

しかも、撮影に夢中になっていて、他のことを考える余裕がないのか、ガイドに言われたとおりに、みんなが反射的に同じ行動をとっている様子も、まるで羊の群れを見ているようで不気味でした。

当然のことですが、彼らの撮影する美しいチベットの人物像や風景には、カメラを構える20人もの仲間の姿は映り込んでいないはずです。出来上がった写真だけを見せられる人は、チベットで繰り広げられた異様な撮影風景のことなど知ることもないのでしょう。

しかし、こういうことを偉そうに言っている私自身はどうなのでしょうか?

実は、そのとき私も一眼レフを持ち歩いていたのです。さすがにバックパックからカメラを取り出して、一緒に撮影するようなことはありませんでしたが。

それなら、20人で撮影するのはダメで、1人ならいいのでしょうか?

そう突き詰めていくと、旅先にカメラを持ち歩き、現地の人を撮影するとはどういうことなのか、考え込まざるを得ません。

その頃、「写真が撮れない症候群」に陥っていた私は、ときどき建物や風景を撮るほかは、ほとんど人にカメラを向けることができなくなっていましたが、この光景を目の当たりにした衝撃のせいか、ますますカメラのシャッターが切れなくなってしまったのです。

もっとも、今になって思うのですが、当時の私は、旅先で見知らぬ人を撮影するということに関して、ちょっと神経過敏だったのかもしれません。

こういう微妙な罪悪感のようなものは、もしかするとプロのカメラマンも感じることがあるのかもしれませんが、きっと彼らは、仕事をする上での一定のポリシーを守ることで、それを克服しているのでしょう。

また、旅人や観光客でも、常識的なマナーを守ったり、人間としての自然な感覚や感情を大切にし、相手を尊重する気持ちがあれば、撮影すること自体に問題はないのだと思います。また、その国の文化や個人の性格によっては、見知らぬ人に写真を撮られることを気にしないばかりか、むしろ歓迎する人々もいます。

結局、これは撮影する側・される側の人間関係の問題であって、プロであろうとアマチュアであろうと、両者の間に自然で良好な関係が築ければ、現地の人たちを傷つけたり、トラブルになったりすることはないのでしょう。

今考えると、チベットで見た光景に私がショックを受けたのは、一方的に撮影しまくり、お金をばらまいて去っていく人たちの姿からは、両者の間の人間的なつながりのようなものを全く感じることができなかったということなのだと思います。

皆様は、この、「撮影する側・される側の人間関係の問題」について、どのように思われますか? あるいは、旅先で撮影するにあたって、常に心がけているポイントなどはありますか?


JUGEMテーマ:旅行

at 19:53, 浪人, 地上の旅〜チベット

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:53, スポンサードリンク, -

-, -

comment
go-ichi, 2008/09/24 8:07 PM

うーん、そうですねえ。
人を正面から撮るときにはカメラを軽く上に上げてニコッとして、
相手もニコッと笑ってうなずいてくれたら撮るようにしています。
もっとも、そうすると不思議とみんなOKしてくれますが。

先日タイで離島へ行くツアーボートの中で、
中華系のタイ人と思わしき老夫婦が乗っていて、
だんなさんの方が一眼レフでとにかく写真を撮りまくっていました。
それを見ていた白人客がボソッと馬鹿にしたようにジャパニーズ・・・。
タイ語しか話していなかったので間違いなくタイ人だと思いますが、
イメージって怖いですねえ。

浪人, 2008/09/25 8:04 PM

go-ichiさん、コメントありがとうございました。

>> 人を正面から撮るときにはカメラを軽く上に上げてニコッとして、相手もニコッと笑ってうなずいてくれたら撮るようにしています。

そうですね。たぶん、それで十分なんでしょうね。

たとえ言葉が通じない外国人同士でも、相手との呼吸というか、相手を尊重するこちらの気持ちが伝わり、相手がそれに応えてくれれば、それでOKなんだと思います。

もちろん、この方法は20人対1人の状況では使えませんが(笑)。

私は一時期、現地の人を傷つけるのではという思い込みからか、ちょっと神経過敏になっていましたが、1人対1人くらいの状況なら、そういう余計なことは、あまり考えない方がいいのかもしれませんね。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/504