このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『なみのひとなみのいとなみ』 | main | 「お宝」の行方 >>

『サバイバル! ― 人はズルなしで生きられるのか』

Kindle版はこちら

文庫増補版(2016年)はこちら

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、「サバイバル登山」というユニークな登山スタイルの実践で話題を呼んだ、服部文祥氏のデビュー作『サバイバル登山家』の続編に当たります。

 

 サバイバル登山とは、食料や装備をできるだけ持たずに道なき道を歩く長期登山のことをいう。持ち込む食料は調味料と少々の米だけ。電池で動くもの(ライト、ラジオ、時計)や機械仕掛け(コンロ)、そしてテントも燃料も持って行かない。登山道や山小屋はできるだけ避けて通る。そうやって長く山登りを続けていく。
制約の多い窮屈な登山と思われるかもしれないが、禁止事項を並べているのは、説明するのにてっとり早いためだ。ひらたく言えば「自分の力で山に登る」ことを突き詰めた登山である。こうでもしないと現代では、文明品をはじめとする「他人の力」に頼ることになってしまい、自分の力で山に登ることなどできないのだ。

今回は一般読者向けの新書ということもあり、登山や釣り関係の用語についても丁寧なフォローが加えられるなど、山登りになじみのない人でも読み進められるような配慮がなされています。

本の前半には、日本海に面した青梅から上高地まで、北アルプスの山中を12日間かけて単独で縦断したサバイバル登山の様子が詳しく描かれています。それを読めば、服部氏の山登りのスタイルがどのようなものであるか、具体的に理解できると思います。

また、後半では、携行する装備のリストや解説に加えて、食料となる岩魚を釣る方法や焚き火のテクニックなど、サバイバルの方法の具体的な説明もあります。また、サバイバル登山の意味について、彼が何年もの実践を通じて培ってきた考え方も示されています。
 
 私には自由の明確なイメージがある。
原始の環境にたった一人で存在すること。それが私の自由だ。
天候によって快適と不快が左右され、われわれが日頃手にできるような食べ物は何もない。外敵におののき、害虫にも悩まされる。どこにいくにも時間がかかり、病気になっても頼るものはない。なんとも不自由な生活だ。しかし、それらすべての制約、強制は自然環境そのものから発している。
義務もルールも法律も、妻の小言や社会的責任も、予定も約束もいっさいなく、モンゴロイドのオス、身長一七五センチ、体重六三キロに立ち返ったそのうえで、自分の身体能力とこれまでの経験を駆使して、ただ感じるままに生きる。
そこには死ぬかもしれない自由まで含まれている。
サバイバル登山とはその「自由」を具現化するための方法に他ならない。物理的に日常の生活圏から遠のき、もろもろの力強い装備も街に置いていく。人間社会との関係を断ち切って、現代文明のディフェンス力圏外に身をおく。私という存在そのままになれる瞬間、これが私の究極の自由なのだ。
そんな状態で自分が何を考えるのか、何を感じるのかを私は知りたい。日常的にズルい生活を続けているので、せめてそこから離れたらどんな気がするのか感じたいのだ。
もしアクシデントがあっても誰も助けに来てくれない。人知れず死んで消えていく。そこまでして自由を求めるのは、「ありのままの自分」を求めているからだと思う。

もっとも、服部氏は原始時代に戻れと言っているわけでも、文明や便利な道具をすべて否定しているわけでもありません。ただ、山に入るときには、そうした要素を自らの登山から可能な限り削ぎ落とし、厳しい自然に直接向き合うことで、体力・技術・知識・判断力などを含めた自分の本当の力を試してみたいということなのだと思います。

そして、時には生と死がせめぎ合うようなギリギリの状況にあえて自らを追い込むことで、自分の中に浮かび上がってくる、「生きたい」というシンプルで純粋な意志を確認しようとしているのだと思います。

とはいえ、サバイバルの実践は生易しいものではないし、安心・安全・快適を求める世の中の風潮とも逆行しています。サバイバル登山というプロセスの価値も、あくまで個々人が内面的に見出していくもので、周囲の人々からの称讃や評価を期待できるようなものではありません。

この本の中でも、何を持っていくかという装備の選択や、実際にどこまで自分の理想を貫くかについて、現在も迷いや試行錯誤があることが正直に書かれています。例えば、蚊の猛烈な襲撃に耐えかねて蚊取り線香を持参したり、携行する食料に関して以前より自己規制が甘くなったり、山行の途中で避難小屋のデポ食料のカップラーメンに手をつけてしまったり……。

それにしても、この本は一見したところサバイバル登山の実践マニュアルのような体裁にはなっていますが、正直なところ、そのリスクや困難のレベルを考えると、この本に刺激されてそれを実行してみようという登山者は、たぶんごく少数にとどまるだろうという気がします。私も、登山すらほとんどしたことがないので、とてもマネをしようとは思いません。

むしろ、国立公園内で焚き火をしたり山菜を採ったりする彼の行為に対して、一般的な登山者のマナーという観点から批判的にとらえる人の方が多いかもしれません。アマゾンの書評を見ても、この本に関しては評価が両極端に分かれているようです。彼の直截で挑発的ともとれる文章が、読者を刺激してしまうということもあるのかもしれませんが……。

それでも、私個人としては、命懸けで一つのスタイルを追求し続ける服部氏の生き方には敬意を表したいと思うし、彼の立ち位置は、安心・安全・快適に向かってひたすら進み続ける私たちの社会のあり方に批判的に光を当てる一つの極として、今後も大きな意味を持ち続けるだろうと思います。


服部文祥著 『狩猟サバイバル』 の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

at 18:55, 浪人, 本の旅〜日本

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:55, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/547