このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「お宝」の行方 | main | 『日本浄土』 >>

旅の名言 「すべてのうんざりするような交渉と災難は……」

 旅には、慣れていた。
 とは言っても、要領よく旅ができるという意味ではない。要領よく旅をすることは、この国ではほとんどできないことを知っている、という意味である。
 たとえおなじところにふたたび行っても、思わぬ事態にめぐりあうというのがインドである。この事情はインド人でも変わらない。すべてのうんざりするような交渉と災難は、インド人であろうと不案内な外国人であろうと、等しくふりかかってくる。だからインド人は、グルグル巻きにした巨大な旅行用フトンを片手に、さまざまな生活必需品をもう一方の手に、旅行の間中、怒鳴りちらしているのだ。

『インドの大道商人』 山田 和 講談社文庫 より
この本の紹介記事


インドで数百人の大道商人に取材し、彼らの日常の姿を写真とともに紹介した、山田和氏の『インドの大道商人』からの一節です。

パッケージツアーではなく、いわゆる個人旅行や自由旅行でインドを旅したことのある人なら、遅れてばかりいる公共交通機関や窓口の混乱、押し寄せる物売り、煩雑な値段交渉といったストレスの波状攻撃に疲労困憊した経験があるのではないでしょうか。また、旅先で思わぬトラブルに巻き込まれたり、とんでもない目に遭って途方に暮れたことも、一度か二度はあるはずです。

これはインドだけでなく、いわゆる開発途上国を旅する人なら誰もが体験することなのかもしれませんが、私自身の経験からいっても、インドの場合は、それが他の国以上に強烈に感じられるようです。

それでも、インドを何度も旅し、インドの人々とも長くつきあってきて、一般的な旅行者よりもはるかにインドに詳しいはずの山田氏のような人物でさえ、インドでは要領よく旅などできないのだと言われると、何だかちょっとホッとするような気がします。

インド人でさえストレスのあまり、「旅行の間中、怒鳴りちらしている」というのは、言われてみれば確かにそのとおりです。旅人は自分の身を守ることで精一杯なので、意外と気がつかなかったりするのですが、「すべてのうんざりするような交渉と災難は、インド人であろうと不案内な外国人であろうと、等しくふりかかって」いるのです。まるで自然災害みたいに……。

それを知ったからといって、別に旅人の置かれた状況が変わるわけでもないのですが、次から次へと襲いかかってくる災難に、何だか自分だけ狙い打ちされているのではないかと思ってしまいがちな外国人旅行者にとっては、フッと肩の力が抜けるような言葉であり、何か少し救われたような気がする人もいるのではないでしょうか。

インド的混沌の中で長く暮らし、勝手知ったるインド人でさえ、インドを旅するのはやっぱり大変なことなのです。一介の外国人旅行者がインドをスマートに旅することなんて無理だし、そんなことができる裏ワザなんていうものも存在しないのです。

だとしたら、「うんざりするような交渉と災難」こそが、避けられない旅の日常であると観念し、上品な旅人を演じようなどとジタバタするのをやめ、旅をするときは自分もインド的混沌の一部になり切るという、一種の開き直りというか、諦めの境地に達するしかないのかもしれません。

ただし、一般的な状況としては、旅の面倒や災難は、インド人に対しても外国人に対しても、雨やあられのように平等に降り注ぐものなのでしょうが、有名観光地や、観光スポットを結ぶ主要ルート上には、やはり不案内な外国人旅行者をカモにする「不良インド人」がいることも確かです。それについては、旅人は、早々と諦めの境地に達する以前に、そういう人々に対する現実的な対処のテクニックを身につける必要があるでしょう。

もっとも、インドを何度も旅し、そういうテクニックを覚える頃には、有名観光地なんかよりもはるかに面白い穴場を、いくつも見つけられるようになっているかもしれません。そして、そういう場所では「不良インド人」密度もずっと低いので、せっかく苦労して身につけたテクニックも必要がなくなってしまうのですが……。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:28, 浪人, 旅の名言〜土地の印象

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:28, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/549