このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『日本浄土』 | main | 不気味ロボット >>

『21世紀のインド人 ― カーストvs世界経済』

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

1991年の経済改革を機に自由化へと大きく舵を切って十数年、インドは今、新興のIT大国として世界の注目を浴び、将来の超巨大市場への思惑から、外資も競うようにインド市場へと参入しつつあります。

一方で、インドに赴任してインド人の部下や使用人を抱えたり、海千山千のインド商人を相手にビジネス交渉をすることが、実は激烈なカルチャー・ショックを伴う苛酷な体験であることは、実際にそれを経験した本人と、その周囲のごく少数の人にしか知られていなかったりします。

著者の山田和氏は、これまで数十年にわたって何度もインドを旅し、インド人との付き合いも長く、インドの見せる「裏」の姿も身をもって体験してきた人物です。

山田氏はこの本の中で、豊富な実例を挙げながら、表面的なインドブームの影で苦闘を続ける外国人ビジネスマンの姿を伝えるとともに、私たちとは全く異質なインドの社会やインド人について、その「負」の面をも含めた実像を描き出し、異質な文化がぶつかり合うとはどういうものなのか、その一端を私たちに教えてくれます。

欧米や日本を基準に考えれば、ハード面・ソフト面でのインフラの未整備など、インドのビジネス環境が発展途上にあることは言うまでもありません。しかしそれ以前の問題として、インドは1ドルで仕入れたものを100ドルで売るような「シルクロード商法」がいまだにまかり通る世界であり、そこでビジネスをするということは、儲けのためには手段を選ばない、一癖も二癖もあるタフな商売人たちと日々交渉しなければならないことを意味します。    

そして、それに加えて、社会の上から下まで蔓延したリベート(賄賂)文化、強固な一族郎党主義、今でも厳然と存在するカーストに基づいた社員の差別的な採用・処遇、やる気はなく融通もきかないのに権利意識だけは旺盛なインド人社員たち……。

こうした問題は、いわゆる開発途上国でのビジネスにはつきものなのかもしれませんが、インドの場合はその深刻度がケタ外れのようです。

インドは準英語圏の国ということもあって、そこでは一見英米流の発想が通用するように見えるし、インド人も表面的には国際人として振る舞おうとします。しかし実際には、カースト制を始めとするインド社会の論理にどっぷりと浸かった彼らの行動基準は非常に「ドメスティック」で、その表と裏の大きな矛盾の皺寄せは、インドに駐在し、そこで日々彼らと接する外国人ビジネスマンたちの上に耐えがたいストレスとなって降りかかってくるのです。

特に、この本の第四章、「インド駐在員の日常……インド人社員、使用人とどうつき合うか」には、インドに単身赴任した日本人商社マンがインド人の使用人たちと繰り広げた波瀾万丈のバトルとその結末が詳しく描かれていますが、この部分だけでも一読の価値があると思います。

その生々しい体験談は、日本的な感覚からすればあまりにも現実離れしていて、どこかコミカルにすら感じられるほどですが、現実にそうした状況に巻き込まれた人間の方はたまったものではないでしょう。駐在員は、油断も隙もない昼間のビジネスで疲弊するだけでなく、リラックスできるはずの我が家に帰ってもインドの現実から逃れることができず、休暇で別の国にでも脱出しないかぎり心休まることがないのです。

この本には、インドの実状について非常に辛辣なことが書かれているし、実例の方も唖然・仰天するようなものばかりで、読んでいるだけでもため息が出てきます。しかし、山田氏はインドが憎くてこんな本を書いたわけではなく、もちろん、インドのいいところもそれなりにフォローはしています。

何だかんだと言ってみても、やはり山田氏も、インドとインド人を深く愛しているのです。「まず忌憚なく欠点を指摘し、そのあと褒めたり勇気づけたりするのは、困難な論理の国に関わっている立場の人間に必ず見られる愛と苦悩の表現」なのです。

そして、こうした本を書いた理由について、山田氏は次のように述べています。

 インドで苦労し、「負」の実像を知った者こそがインドと真につき合うことができることは自明のことであるのに、インドを知る多くの者は魅力の部分しか語らず、「負」の情報を排除する。日本のマスコミはインドの魅力ばかりを書き立て、どのような文化的差異や困難があるかを語らない。またそれらの分析も載せない。これでは広告紙面と同じで、実際多くのインド特集記事は、インドIT産業の明るい未来とともにインド首相や副首相や商業相や工業相の宣伝的コメントを併載し、あたかもこのような紙面作りが日印の明るい未来を築くと言わんばかりなのには呆れる。新聞は幸福のお手伝いをしているつもりかもしれないが、それは相手の美点ばかりを挙げ、問題点を一切伝えずに縁談を進める仲人の無責任さと同じである。相互にインターナショナルをめざすとすれば、互いに「負」の情報を蓄積し分析し、それがたんなる「負」ではなく異文化であることを知ることが重要であり、今の私たちにはそれが最も必要なことである。


インドを旅した経験があるなど、ある程度インドのことを知る人なら、自分の体験に照らしつつこの本を読めば、いろいろと腑に落ちることがあるだろうし、あるいは今まで知らなかったインドの別の一面に気づかされることもあるのではないでしょうか。

この本が出版されてからすでに数年が経ちました。その間に、インドをめぐる状況も刻々と変化しているはずですが、インド人に限らず、人間の思考パターンや生活習慣というものが一朝一夕には変わらないことを考えれば、この本に書かれている基本的なポイントは、今でもそのまま当てはまるのではないかと思います。

ビジネス等を通じてインドに深く関わる立場にある方、特にこれから駐在員としてインドに赴任する方なら、大いに読む価値があると思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします


JUGEMテーマ:読書 

at 19:11, 浪人, 本の旅〜インド・南アジア

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:11, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/551