このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 読書と冷房 | main | おかげさまで3周年 >>

『シッダールタ』

 

評価 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です

この物語の舞台は、何千年も前、ブッダが生きていたころのインドです。

バラモンの家に生まれた、美しく賢い少年シッダールタ。両親はもちろん、周囲のすべての人々からも愛されて育ちますが、やがて青年になった彼は、究極の自己である真我を求め、それを自ら体現することを目指し、彼の友ゴーヴィンダとともに家を捨てて沙門の生活に入ります。

それから数年、二人は森の沙門たちのもとで、自我を滅却するための苦行に打ち込むのですが、シッダールタの心の渇きはつのるばかりでした。

やがて、ブッダの名声を聞きつけた二人は、森を出て舎衛城のブッダのもとを訪れます。ゴーヴィンダはただちにブッダに帰依しますが、シッダールタは、あらゆる師や教えに従うことを拒んで、「自分自身への道」を歩もうとします。

彼はブッダともゴーヴィンダとも別れ、絶対的な孤独を感じながら、ただ一人遍歴を続けます。そして、ある町へたどり着いたとき、シッダールタは、美しく賢い遊女カマーラに出会います……。

わずか百数十ページの短い物語ですが、人生における究極の問題とその解決というテーマが、美しく、シンプルに、ストレートに描かれていて、とても中身の濃い一冊です。

私は、たしか高校生のころにこの本に出会ったのですが、それ以来、機会あるごとに何度か読み返してきました。

初めて読んだときには、悟りについて語られるやや理屈っぽい部分はもちろんのこと、ブッダと別れ、わざわざ享楽と権勢の世界に溺れていくシッダールタの歩みについてもよく理解できませんでした。

それでも、歳をとって、私もそれなりに人生経験を積んだおかげか、一見無駄な苦しみにも思われる彼の遍歴に託された意味の深さが、少しずつ分かるようになってきた気がします。

ところで、この本の『シッダールタ』というタイトルを見て、仏教の開祖ゴータマ・シッダールタの生涯そのものを描いた作品かと思われた方は多いと思うし、私も最初に読む前にはそう思っていました。

しかし、作者のヘルマン・ヘッセ氏は、物語の中に聖者としてブッダ自身を登場させてはいますが、主人公シッダールタを、ブッダとは別の道を歩む一人の求道者として描いています。そして、訳者の高橋健二氏によれば、シッダールタの波乱に富んだ魂の旅の描写は、「ヘッセ自身の宗教的体験の告白」(あとがきより)でもあるといいます。

もともと、悟りがいかなるものであるかは、言葉で表現し尽くせるものではないのですが、この作品からは、あえてそれを物語のテーマとして取り上げ、真正面からその表現に挑戦したヘッセ氏の、作家としての真剣さ、真面目さが伝わってくるようで、読んでいて背筋が伸びる思いでした。

私がアジアの国々を旅していたころ、バックパッカーの集まる安宿街の本屋の店先で、この本の英語版をよく見かけたものです。この物語自体は、すでに90年近くも前に書かれたものですが、スピリチュアル系のバックパッカーや放浪の旅人の間では、今でもけっこう人気があるのかもしれません。

日本では、この本はもう絶版になったのかと思っていましたが、今回調べてみたら、まだそのまま新潮文庫のラインナップに残っているようで、ちょっとホッとしました。

それにしても、こういう本が、世界各地の書店の本棚の隅にさりげなく並んでいるのだと思うと、何だかワクワクしてきます。こうした素晴らしい本との出会いがあるからこそ、読書はやめられません。

もっとも、そうやって活字の世界に溺れるのもまた、煩悩の一つなのでしょうが……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

 

at 18:55, 浪人, 本の旅〜旅の物語

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:55, スポンサードリンク, -

-, -

comment
独善竜, 2009/04/09 11:31 PM

ここ数日、貴ブログの過去の記事を拝読しており、明晰夢やカスタネダに
ついての記述を確認しました。
前回コメント時には、読書人たる浪人様はカスタネダについても、
一応の認識はお持ちであろうと言うくらいの軽い気持ちでの投稿でしたが、
恐らくは私よりも遙かに深くご存じだったようで失礼いたしました。
仏教についても、自分なりに興味がありまして、去年観音巡礼などして
みたのですが、信仰というよりもお寺の社会見学になってしまいました。
それはそれで面白かったのですが・・
ご紹介の山田和氏の古本を取り寄せて読んでいますが、
シッダールタ (新潮文庫) も探してみようと考えています。

浪人, 2009/04/10 7:38 PM

独善竜さん、コメントありがとうございました。

カスタネダ氏の本については、私も一通り読んだことがあるだけで、その内容を事実として受け止め、その世界観も理解できるかと言えば、正直なところ、私にも何とも言えないところがあります。

あの本を、一種のエンターテインメント小説とみなして楽しむだけなら気が楽なのですが……。

それに、あの本を読んで、いろいろな意味で困惑してしまう人も多いと思うので、誰にでも自信をもってオススメできる本かという点では微妙なところです。

きっと、カスタネダ氏の「ドン・ファン」シリーズは、今後も一般には、知る人ぞ知る奇書みたいな扱いをされ続けるんだろうな、という気がします。

『シッダールタ』の方も、今の世の中の風潮からすれば、やはりメジャーにはならない本だと思いますが、カスタネダ氏の本よりははるかに「まとも」だし、物語としてもまとまっているので、こちらの方は(仏教的なものに興味のある方なら特に)オススメできます。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/557