このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「旅行者とは……」 | main | 『旅する力 ― 深夜特急ノート』 >>

BS熱中夜話「一人旅」

11月2日深夜の、NHK「BS熱中夜話」(再放送)を見ました。

今回のテーマは「一人旅(前編)」ということで、世界各地を旅したバックパッカーが一堂に会し、印象深い旅のエピソードなど、旅の体験を語り合うという趣向でした。

あの猿岩石の有吉弘行氏、自転車で世界を一周した『行かずに死ねるか!』の石田ゆうすけ氏、『インドなんて二度と行くか!ボケ!! …でもまた行きたいかも』のさくら剛氏を始め、かなり面白いメンバーが集まっていたと思います。

しかし、45分に満たない番組の枠の中で、何十人もの旅人がひとり旅の魅力を語るというのは、もともと無理な話です。どこへ行ったかとか、旅の面白いエピソードというのは、旅人同士の会話なら最初の名刺交換みたいなもので、本当はそこから先が面白いのですが、番組ではその名刺交換までで時間切れになってしまった感じです。

石田氏やさくら氏も、語るに足るものをいくらでも持っているはずですが、時間に追われるようにちょっと話をしただけでした。

ちなみに、番組の流れとしては、ひととおり旅のエピソードが披露されたあと、インドの話題で盛り上がり、最後は一人旅の初心者向けの場所として、バンコクのカオサン通りなどを紹介して終了という、バックパッカーならおなじみのパターンでした。

海外への自由な一人旅はとても面白いのですが、現代人の旅の主流とは決して言えないし、世間的にはマニアックな趣味の一つに過ぎないのかもしれません。そう考えると、テレビで取り上げる内容としては、まあ、このくらいまでが精一杯なのかもしれませんが、もっとゆっくりと一人ひとりの話を聞きたかったな、という気がしました。

視聴率とかテレビ局側の事情はいっさい無視して、単なる個人的な願望を言わせてもらうなら、半日か、少なくとも3〜4時間くらいの枠を用意してもらって、出演者もスタジオのヒナ壇みたいなところではなく、まったりできるカフェみたいなところにみんなで陣取って、番組としてのまとまりとか時間を気にせず、好き勝手に旅の話に花を咲かせるような形式にすれば、もっと伸び伸びとした楽しい話が聞けたかもしれないと思います。

もっとも、そういうことは、わざわざテレビで見るまでもなく、旅先のカフェや安宿のロビーなど、バックパッカーのたまり場では毎日のように行われているわけですが……。


JUGEMテーマ:今日見たテレビの話 

at 18:38, 浪人, テレビの旅

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:38, スポンサードリンク, -

-, -

comment
旅人, 2009/11/15 3:25 PM

僕もその番組見ました。
っていうか、出演してました(笑)

最後のカオサンロードについて解説をしてた人です(笑)

確かに45分番組では無理がありますね。
でも2時間収録したんですよ・・・。
半分以下にカットされちゃいました(笑)

なので、収録中はそれなりにいろいろな会話が出て面白かったんですけどね。

ただ、パッカー宿での井戸端会議以上に面白い旅の話は、まず無理でしょうね(笑)

浪人, 2009/11/15 8:01 PM

旅人さん、コメントありがとうございました。

――というか、番組に出演された方から直々にコメントをいただき、たいへん恐縮です(笑)。

あの番組は、2時間の収録を編集したものだったんですね。

何かあわただしい進行だなあとは思っていたけれど、他の番組と同じようにかなり編集されていたとはうかつにも気がつきませんでした。

旅先では、見知らぬ旅仲間とのエンドレスな会話が楽しみの一つですが、秒刻みのシビアな編集が入るテレビでは、さすがにあのグダグダで楽しい会話の雰囲気は再現できないですね。

もっとも、それをテレビ上で再現してしまったら、バックパッカーに対する世間の風当たりがますます強くなりそうですが……。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/604