このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『密航屋』 | main | おかげさまで600記事 >>

『道の先まで行ってやれ! ― 自転車で、飲んで笑って、涙する旅』

 

 

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、自転車による世界一周旅行記『行かずに死ねるか!』の著者、石田ゆうすけ氏の最新作です。

彼は、世界一周を終えてから数年もの間、自転車の旅をしていなかったそうなのですが、雑誌に旅行記を連載する仕事が決まったのを機に、チャリダー(自転車で旅する人)としての旅を再開しました。

この本に収められた旅は、いずれも数日間と短いのですが、沖縄の離島から北海道まで、彼の興味の赴くまま、日本各地を自由に旅するバラエティ豊かなもので、ロマンティストで、うまい食事ときれいなお姉さんには目がない彼が、笑いあり涙ありの、ユニークで中身の濃い旅を展開しています。

数年のブランクのせいもあるのか、冒頭の数回の旅は、何となく様子見というか、慣らし運転をしているようなところがあって、石田氏の関心の向けどころにしても、旅の展開にしても、ちょっとありきたりな印象を受けてしまうのですが、旅を重ねるうちに、やがて彼は熟練した旅人の感覚をしっかり取り戻したようで、後半ではその本領を発揮し、彼らしい、生き生きとした旅を見せてくれます。

それにしても、彼は、旅先でちょっと目に留まった変わった店や、地元の人とのふとした会話など、ささやかなきっかけをとらえて、それを面白い体験に発展させていくのが本当にうまいと思います。

こういうのは、ただ当てずっぽうにやってもうまくいかないことが多いのですが、彼の場合は、豊富な旅の経験に照らし合わせながら、旅で鍛えた直感や、内面の微妙な感情に素直に従うことで、おいしい展開になりそうな芽を、逃さずにつかまえることができるのでしょう。

そしてそれは、結局のところ、石田氏が、この世界のいたるところにポジティブなものを見出し、面白がることのできる才能があるということなのだと思います。

この本を読んでいると、自分のペースで旅を組み立てられ、あちこち自在に動き回れて、地元の人とも心理的に近づくことのできる自転車旅行の面白さがしっかりと伝わってきます。

誰もが石田氏のように旅することはできないのでしょうが、私もいつか、自転車で自由な旅をしてみたいという気持ちになりました。


石田ゆうすけ著 『行かずに死ねるか! ― 世界9万5000km自転車ひとり旅』 の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

 

at 18:27, 浪人, 本の旅〜日本

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:27, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/616