このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 岡田JAPAN、残念……でもありがとう!! | main | 『ショットガンと女』 >>

『スットコランド日記』

文庫版はこちら

Kindle版はこちら

 

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

 

この本は、紀行エッセイストの宮田珠己氏が、2008年4月から「WEB本の雑誌」上で連載した日記のうち、最初の1年分をまとめたものです。

彼の作品を読んだことのある方ならおなじみの、どこまでが本気で、どこからが冗談か分からないような独特の文体で、「いつも前向きに後ろ向き」な彼の日常がユーモラスに綴られています。

日記を読むと、宮田氏はさすがに旅行作家らしく、日本各地へ頻繁に取材の旅に出ているのですが、その帰りには寄り道をして別の場所を旅し、さらにプライベートでも家族を連れて、あるいは一人で、しょっちゅうあちこちに出かけています。それどころか、仕事場で原稿を書いているときも、天気がいいと机に向かっていられなくなり、ついふらふらと外出してしまうほどです。

ここまでくると本人も書いているように、まさに「外出依存症」で、宮田氏の旅好きは筋金入りです。

それにしても、読んでいてうらやましいのは、彼が、フリーならではの時間的な自由を享受しながら、さまざまな分野に好奇心のアンテナを張りめぐらし、自分自身の興味関心の方向性にも忠実に従って、自分にとって未知な風景・未体験の世界を探求し続けていることです。

仕事をきちんと仕上げ、家族を養い、子供たちともしっかり遊びつつ、そういう生き方を貫くのはかなり大変なはずで、実際、この日記からは経済的・精神的な厳しさも垣間見えますが、それでも何とか生活が成り立っていて、その生活ぶりをユーモラスに語る余裕があるというのは、やはり宮田氏の才能なのでしょう。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:33, 浪人, 本の旅〜日本

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:33, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/645