このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「外国人に食べ物を……」 | main | 本の選択とタイミング >>

『ぼくは都会のロビンソン ― ある「ビンボー主義者」の生活術』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本の著者、フリーライターの久島弘氏は、若い頃にアジアや南米などを放浪し、帰国後は、物質的な豊かさを求める世間の風潮からは距離を置いて、六畳一間、風呂なしのアパートに30年間住み続けてきました。冷暖房もない部屋に寝起きし、カセットコンロで自炊をするその生活は、いわゆるビンボー暮らしそのものです。

しかし彼は、生きていくのに最低限必要なモノは何かを見極め、そこから最大限の満足を得るべく試行錯誤を続けながら、ユニークな生活スタイルを創り上げてきました。それはまるで、無人島で手に入るわずかなモノだけを頼りに、自らの知恵と努力で生き延びた、あのロビンソン・クルーソーのサバイバル生活のようです。

この本では、そんな彼の衣食住にわたる具体的なアイデアの数々が、イラストつきで紹介されています。例えば、鍋や調理法へのこだわりや、さまざまなパッキングのテクニック、水をほとんど使わない食器の後片付け法、風呂や洗濯について、暑さ・寒さ・害虫との闘い、等々……。

そしてそこには、「最少から最大を」、「洗練された解答ほど、よりシンプルな形で現れる」、「(用が済めば)即座に現状回復できること」などといった、彼なりの生活哲学が込められています。

また、アパートの自分の部屋を一泊12ドルのゲストハウスに見立てたり、いつ、どこででも生きられるよう、外出時には必ずサバイバル・グッズ一式(計約9キロ)を持ち歩くというスタイルには、バックパッカー的な生活観が色濃く反映しているのを感じます。

実際、洗濯の工夫とか、身近で安価な素材で作るアイデアグッズなど、この本に収められたノウハウの多くは、バックパッカーとして旅する際に、そのまま応用できそうです。

それにしても、放浪生活の長かった旅人が、帰国後、日本社会に激しい違和感を感じ、世の中から一定の距離を置いて、シンプルな暮らしを守り続けようとする気持ちは、とてもよく分かる気がします。

 バックパッカーとして長旅をしたあと、若ければそのまま社会復帰して、普通に会社に就職するという人も多いでしょうが、一方では、そう簡単には割り切れないという人もいるわけです。久島氏の場合は後者のケースに当たるのでしょうが、その生き方は、放浪の旅人の、帰国後の一つの道を示しているといえます。

ただ、彼の生活スタイルをそのまま見習いたいかというと、私自身もかなり微妙なところです。彼の語る生活哲学を理屈としてはそれなりに理解できても、自分はちょっと……と思う人の方がずっと多いのではないでしょうか。ロビンソン・クルーソーの物語にワクワクする人は大勢いても、実際にそのマネをして無人島に住む人はほとんどいないように、やはり人間、特に年を重ねるにつれて、快適な生活への甘えの気持ちが強くなってきてしまうようです……。

ところで、この本の表紙のイラストを見る限りでは、久島氏はガランとした部屋の中で、キャンプして暮らしているような印象を受けると思いますが、実際はそうではありません。現在の彼は、本文中のイラストによれば、六畳間をいっぱいに満たした本やモノの山の中で暮らしているようです。

彼は、食品の包装など、何かに再利用できそうなものがどうしても捨てられないため、モノがどんどん溜まってしまうようです。たしかに、あのロビンソン・クルーソーも、食糧や利用価値のありそうなモノを、要塞のようなベースキャンプに大事にしまい込んでいました。

ただ、やはり現代の都市に住んでいる以上、ビンボー暮らしといっても、モノが流入してくるペースは無人島の比ではありません。モノに埋もれることで失われる自由や快適さというものがあることを思えば、モノの有効利用だけでなく、モノを思い切って捨てる技術というのも必要ではないかという気がします……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:44, 浪人, 本の旅〜住まい

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:44, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/651