このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「旅先でちょっとしたトラブルに……」 | main | 旅の名言 「バックパック旅は……」 >>

『放っておいても明日は来る ― 就職しないで生きる9つの方法』

高野 秀行,二村 聡,下関 崇子,井手 裕一,金澤 聖太,モモコモーション,黒田 信一,野々山 富雄,姜 炳赫

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、辺境作家の高野秀行氏が上智大学で行なった「東南アジア文化論」の講義が元になっているのですが、本のタイトルからも明らかなように、内容は全然堅苦しくありません。

高野氏は講義にあたり、小難しい理屈はやめにして、東南アジアを生で体験している人々をゲストに呼んで話を聞く形式をとったのですが、そのゲストは、現地で会社を興したり、組織に属さずフリーで仕事をしているユニークな人たちばかりです。

講義はおのずと、東南アジアの文化を語るというよりは、彼らがそれぞれどんな風に自分の人生を切り開いていったのか、その波乱万丈のストーリーを語る場になってしまったのでした。

ダイエットのつもりでキックボクシングを始めたら、いつの間にかタイでプロのムエタイ選手になっていた女性とか、ミャンマーの辺境ツアーの現地手配会社を立ち上げた男性、バンコクで多国籍バンドを結成した女性や、ラオスで居酒屋を開業した男性……。

この本には、こうしたゲスト8人の話と、最後に高野氏自身の体験談(インドで無一文になった話がすごい!)が収められています。

時には失敗も重ねながら、自分のやりたいことを実現しつつ人生を切り開いてきた彼らの話が、就職活動中の学生を励ますのにピッタリということもあって、本自体も一応そういう体裁でまとめられていますが、もちろん学生に限らず、誰でも笑いながらサラッと読める内容になっています。高野氏が、ゲストから面白いエピソードを巧みに引き出していて、講義というよりはお笑いトークショーといった感じです。

もっとも、彼らの生き方に大いに魅力を感じはしても、いざ自分も同じように一歩を踏み出せるかとなると、なかなか微妙なところです。彼らのような生き方を選んだ場合、失礼ながら、収入は決して多くはないだろうし、仕事は不安定だし、何をどうするか全部自分で決めて行動し、その責任もとらなければなりません。将来の安楽な生活を保証してくれるものは何もないのです。

だから、延々とつづく就職活動に疲れ果てた学生がこの本を読んで、自分にもさまざまな人生の可能性があるのだという事実に心の慰めを感じるとしても、やっぱり何だかんだと言いながら、結局は彼らのほとんどが気を取り直し、再び大手企業への就職を目指すことになるんだろうな、という気はします。

もっとも、たとえ何とか大手企業にもぐり込んだところで、決して安楽な人生が保証されるわけではないのですが……。

高野氏は、この本のゲストの人々を、「やってしまった人たち」と呼んでいます。考えているだけでなく、何かのきっかけで実際に行動に移し、その結果、多くの物事は案外、見かけよりも簡単に実現できるということを、体験を通じて知ってしまったという意味で。しかし、多くの人にとっては、あとさきのことを考えず、思い切ってその最初の一歩を踏み出すことこそが、一番難しいのかもしれません。

やはり人間、土壇場まで追い詰められるか、それとも、何がなんでもやらずにはいられないような、熱い思いに引きずられでもしないかぎり、自分の思考が作り上げている自分の限界をなかなか超えられないのではないでしょうか。

それにしても、この本に登場するゲストのハチャメチャな生き方と、彼らの多くが東南アジアを仕事の舞台にしていることとは、単なる偶然のつながりではない気がします。

行き当たりばったりに見える行動をしていながら、ときには大きな失敗もしながら、それでも彼らの前にそれなりの活路が開けていくのは、そういう行動を受け止めることのできるアジア的ないいかげんさというか、包容力みたいなものが、そこにあるからなのかもしれません。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 19:12, 浪人, 本の旅〜人間と社会

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:12, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/653