このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『狩猟サバイバル』 | main | 『いつも旅のなか』 >>

旅の名言 「まだそのときじゃないのかな……」

 旅立つときはいつもそうだが、もう全面的に面倒くさい。
 毎回、もっと気力充実してから出発したいと思うけれども、そうやって待っていても気力はとくに充実しないのであって、まだそのときじゃないのかな、と思ったときが実は潮時である。条件が整い、気力が高まってから行動しようと思っていたら、いつまでたっても人生何も起こらないのだ。それよりとにかく何でもいいから出発してしまって、それから決心を固めていくほうが早い。

『スットコランド日記』 宮田 珠己 本の雑誌社 より
この本の紹介記事

紀行エッセイストの宮田珠己氏が、自らの日常を独特の文体で綴った脱力エッセイ、『スットコランド日記』からの引用です。

宮田氏は、新しい紀行エッセイを書くために四国遍路に行こうと思い立つのですが、それがどんなエッセイになりそうか、旅に出る前の時点では何の見通しも立たず、旅の間の天気や旅費のことも心配になり、さらには荷造りも面倒になって、何となく旅を先延ばしにしようという雰囲気になりかけていました。

この日記を読むと、宮田氏が本当に旅好きだということがよく分かるのですが、そういう人物であっても、やはりそれなりの旅に出るとなると、「もう全面的に面倒くさい」と感じてしまうのが面白いところです。

それでも、彼はとにかく思い切ってフェリーに乗り、徳島へ向かいます。「条件が整い、気力が高まってから行動しようと思っていたら、いつまでたっても人生何も起こらない」ということを知っているからです。

もしかすると、よく旅をする人と、そうでない人の違いを生んでいるのは、こういう風に、旅立ちに対する抵抗感というか、面倒臭さや不安みたいなものをうまく乗り越えるコツを身につけているかどうかなのかもしれません。

旅に行かない人でも、長い人生の中で、たまには旅に出てみたいと思う瞬間があるのではないかと思います。

ただ、それを心に思うのと、実際に数々の面倒を乗り越え、不安を克服して、それを実現させることとの間には、かなりの壁が存在しています。せっかく旅に行きたいと思っても、現実のさまざまな壁にぶつかった時点で、旅をあきらめてしまう人は多いのかもしれません。

旅によく行く人でも、実は、現実の壁が同じように存在しています。しかし彼らは、その壁を乗り越えるコツ、あるいは、壁そのものを低く越えやすいものにうまく変えていくコツを、経験を通じて、意識的・無意識的に身につけているのではないでしょうか。

たとえば、宮田氏の場合は、旅への決心がゆるぎなく固まるのを待たずに、とりあえずさっさと動き出してしまうことで、旅立ちへの抵抗を、うまくかわしています。

旅に限らず、誰でも、何か新しいことを始めようとする瞬間には、周囲の条件が整い、自分自身の気力も最高潮であってほしいと思うものですが、彼の言うように、パーフェクトなタイミングが訪れるのを待っていたら、「いつまでたっても人生何も起こらない」のです。

何かを起こすためには、見通しが立たないとか、現実的な不安がいろいろあるとか、完璧を期するためとか、手続きが面倒だからとか、そうしたさまざまな口実を見つけては現状維持を図ろうとする自分の心を、うまく出し抜く工夫も必要なのでしょう。

「まだそのときじゃないのかな、と思ったときが実は潮時である」というのは、旅に限らず、人生のいろいろな場面で応用できそうな名言と言えるかもしれません。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:47, 浪人, 旅の名言〜旅の予感・旅立ち

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:47, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/658