このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 『いつも旅のなか』 | main | 『漂流記の魅力』 >>

旅の名言 「二〇代の旅は……」

 日本で生まれた日本人だからといって、なにも一生日本に住んでいなければいけない義理はないのだと気がついたのは、二〇歳前後だったかもしれない。だからといって、どこかに移住したいと思ったわけではない。将来どういう生活をしたいのか自分でもよくわかっていなかったから、たとえばフランスで絵の勉強をしたいとか、ニューヨークで毎日映画を見ていたいといった具体的な夢などなかった。
 ただ、旅をしたかった。旅をして、気に入った土地があればそこに住みついてもいいと思っていた。ちょっと大げさに言えば、二〇代の旅は、ある面で、住む場所を探す旅であったのかもしれないと思うことがある。日本が大嫌いで一日も早く脱出したいと思っていたわけではなく、できるだけ早く定住地を探そうとしていたわけでもない。住みたくなる土地があれば、いずれ住んでみようと思っていたにすぎない。旅に飽き、日本にも飽きて、外国で住んでみたい街を見つけたら、飽きるまで住んでもいいという程度のことだった。
 幸か不幸か、旅をやめさせるような運命的出会いや、衝撃的事件などなにもなかった。神の啓示を受けて宗教生活に入るとか、女に惚れぬいてどんな仕事でもかまわないからその地に住みたいとか、ある音楽に魅せられてその地で研究生活に入るといった、人生を変える出会いなどまったくなかった。
 旅行で訪れる街はそれなりにおもしろかったが、何年も住んでみたいと思った土地はない。ましてや永住の地にふさわしい所は見つからなかった。

『アジア・旅の五十音』 前川健一 講談社文庫 より
この本の紹介記事

アジアの旅にまつわる短い文章を50音順に並べたユニークなエッセイ、前川健一氏の『アジア・旅の五十音』の、「住む」の項からの引用です。

若い頃に世界各地を旅してみたものの、自分が何年も住みたいと思う土地を見出すことができなかったという彼のことばに、何となくネガティブな印象を受ける人もいるかもしれません。ただ、私は、上の文章を初めて目にしたとき、ああ、自分と同じだと、大いに共感を覚えました。

私が旅というものを意識し始めたのは、たしか中学生の頃、どういうきっかけからだったかはよく思い出せないのですが、ヨーロッパを始め、いろいろな国々について書かれた本や、さまざまな旅行記を好んで読むようになりました。

この世界には、自分の想像もできないような異なる文化と人々の暮らしがあることを知るにつけ、それを実際にこの目で見てみたいという気持ちがふくらむと同時に、どうして自分は日本に生まれてきたのだろうとも思うようになりました。そして何となく、自分が将来も、このまま日本で暮らし続けていく姿が想像できないような気がしていました。

もっとも、そうした思いは、前川氏と同様、何か具体的な夢と結びついていたわけではないし、どうしても海外に出たいという強烈な欲求を感じていたわけでもありません。それに、学生時代の自分には、カネもなければ、国外に一人で飛び出していく勇気もありませんでした。

結局、はっきりとした自分の未来を思い描けないまま、20代の後半を迎えたとき、やっと決心がついて長い旅に出ることになったのですが、その旅についても、特に目的地といえる場所があったわけではないし、旅のあいだに何かを勉強したり、身につけるといったような、はっきりとした目的意識もありませんでした。

前川氏のように、私も「ただ、旅をしたかった」のです。その当時、私の頭の中には、自分が世界のあちこちを放浪しているイメージだけがあり、その先の展望は全くありませんでしたが、それ以上のことはあえて何も考えずに、とりあえず日本を出ました。

それでも心の奥には、世界のどこかで居心地のよさそうな街を見つけたら、そこにずっと暮らすのもいいかもしれないな、という漠然とした思いがあったように思います。そういう意味では、20代の私の旅も、大げさにいえば「住む場所を探す旅」だったのかもしれません。

そして、私の場合も、「幸か不幸か、旅をやめさせるような運命的出会いや、衝撃的事件などなにもな」く、また、「永住の地にふさわしい所」も見つかりませんでした。もっとも、私の場合は、広く世界をまわったわけではなく、アジアという狭い地域のなかを、ちょこちょこと見て歩いただけなのですが……。

もちろん、旅人としてそれなりに居心地のいい土地には、旅の中で何度も出会ったし、そこで楽しく「沈没」したこともありました。それでも、同じ場所に留まるのは、やはり長くて数カ月が限度という感じで、ずっと腰を落ち着けたいと思えるような場所には出会いませんでした。

旅をして分かったのは、当たり前のことではありますが、人が住むような場所なら、どんな土地にもそれなりの魅力というものがあるし、同時に、どうしようもない、さまざまな欠点も抱えているのだということです。より多くの魅力があり、たくさんの人を惹きつける土地もあれば、ほとんど誰も住みたがらない土地というのもありますが、どんなに魅力的な土地であっても、そこに長居をしている人には、見たくないものもおのずと見えてきてしまいます。

そして当然、日本についても同じことが当てはまります。

これはあくまで私個人の(当面の)結論でしかないのですが、結局のところ、どの国のどの土地にも、そういう意味での本質的な違いなどなく、そこには、あえて自分の意思で一つを選びたいと思うほどの差は感じられなかったのです。

旅人の中には、旅先で気に入った土地にそのまま住み続けたり、ある国やその文化が気に入って、それに関わる仕事をずっと続ける人もいるようですが、少なくとも私の場合は、そういうことは起こりませんでした。

旅行記などを読んでいると、ある土地や、そこに住む人々への深い思い入れを感じることが多いので、旅をしていれば、誰でもそういう場所なり人々なりに巡り会えるような気がしてしまうのですが、まあ、人生それぞれで、そういうことのある人もいれば、ない人もいるということなのでしょう。

ところで、前川氏は冒頭で引用した文章のすぐ後につづけて、沖縄には住んでみようという気になりかけたものの、そこでは自分のやりたいライターの仕事ができそうもないと思ったこと、その後、「定点観測」のために頻繁に訪れることになったタイについても、数ヵ月もいると飽きてしまうので、好奇心を保つために、意識的に住まないようにしているとも書いています。

たぶん、彼の場合は、自分にとってベストな場所に住むことよりも、もっとずっと重要に感じられる価値というものが他にあるのでしょう。

それは例えば、つねに自らの内面に新鮮な感受性を保つことであったり、自分の心にかなうものを、文章などで表現する機会だったりするのかもしれません。

それに、考えてみれば、人間、必ずしも自分のホームグラウンドのようなものを決めなければならないわけではなく、その気になれば、どこにも定住せず、永遠に旅人のように動き続けるという生き方も可能です。

これはあくまで私の想像にすぎないのですが、前川氏は、20代の頃の「住む場所を探す旅」を通じて、実はどこかに「住む」ことにこだわる必要などないのだと気づき、土地への強迫観念から解放されたのかもしれません。定住へのこだわりがなくなれば、人は、成り行き次第で住みたいところに住みたいだけ住むという自由な暮らしを楽しむことができます。

私の場合は、そこまでの境地には至っていませんが、旅を通じて、そういう生き方があることを、頭で想像できるくらいにまではなれたような気がします。

まあ、いずれにせよ、何を大事にして生きるかは、人それぞれの価値の優先順位づけの問題で、何がいいとか悪いとかいう問題でないことはもちろんですが……。


JUGEMテーマ:旅行

at 19:18, 浪人, 旅の名言〜旅の理由

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:18, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/661