このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 今さらですが、尖閣ビデオ流出事件に思うこと | main | 『ほとんど食べずに生きる人 ― 引き算の生き方革命』 >>

旅の名言 「旅に出ても、……」

「旅に出ても、日本の毒が抜けるのに一年はかかる」という。が、それを超えると、こんどは社会復帰が困難になるらしい。あの、精神的無重量状態の甘美な味を知れば、それも当然かと思われた。

『ぼくは都会のロビンソン ― ある「ビンボー主義者」の生活術』 久島 弘 東海教育研究所 より
この本の紹介記事

一人のフリーライターが、ビンボー暮らしのノウハウと生活哲学を語るユニークなエッセイ、『ぼくは都会のロビンソン』からの一節です。

著者の久島氏は、かつて世界を放浪していた時期があり、このエッセイの中でも、旅先でのさまざまなエピソードや、旅についての考察が披露されています。上に挙げたのはその一つですが、これだけの短い文章の中に、彼が海外でどんな旅をしていたか、旅先でどんな人々と交流していたかが垣間見える気がします。

多くの旅行者にとって、バックパックを背負った貧乏旅行といっても、それは長くて二、三カ月の旅で、一年以上続ける人はめったにいないと思います。

一年以上となると、学生なら、退学もしくは休学をしなければならないし、会社員なら、当然会社を辞めることになります。また、住んでいる場所は引き払う必要があるし、これまでに築いた人間関係の多くを失う可能性もあります。

長い旅に出ようとすれば、私たちの日常を支える多くのモノを犠牲にしなければなりませんが、一方で、それだけのものを捨てて日本を飛び出し、放浪の日々に身を任せることで初めて、今までとは全く違う世界に身をおくことが可能になるのでしょう。

私たちには、日本で生まれ育ち、そこで長く生活することで、その心身に染みついた独自の習慣や傾向があります。あるいは、日本に限らず、いわゆる「先進国」という高度消費社会に暮らす中で刷り込まれた、強固な思い込みのようなものもありますが、「開発途上国」のような別世界を長く旅しているうちに、それがはっきりと見えてくることがあります。

そして、そうしたさまざまな傾向や思い込みをネガティブにとらえたとき、「日本の毒」という表現になるのだと思います。

「旅に出ても、日本の毒が抜けるのに一年はかかる」という旅の猛者のつぶやきには、そういう長旅を通じて、自分が常人には想像もつかない境地に達したと言わんばかりの強い自負が感じられ、それが鼻につくという方もおられるでしょうが、それはそれで、長く旅を続けた人間にしか吐けない名言でもあるのだと思います。

それはともかく、世界各地の安宿街など、放浪者の集う場所を転々としながら、シンプルで自由気ままな旅を続けていると、故郷での生活スタイルや価値観の影響が薄れていき、次第に無国籍風のバックパッカー・カルチャーみたいなものに染まっていきます。旅の計画も将来の見通しもなく、行き先は風に任せ、旅人同士の一期一会の交流を楽しみ、家財道具はバックパック一つ分だけ……。そして、周りは似たようなスタイルの旅人ばかりで、そうした生き方を批判する人間もいません。

一年、二年と旅を続けるうちに、やがて旅人は、そんな「精神的無重量状態の甘美な味」から逃れられなくなっていきます。

それはたしかに、「日本の毒が抜ける」ということなのですが、逆に言えば、日本社会との物理的・精神的な接点を少しずつ失っていくことでもあります。今までに身につけたさまざまな習慣を脱ぎ捨てれば、そのときは身軽で自由に感じられますが、一方で、そうした習慣を身につけていないと、社会でうまく立ち回れないのも事実です。

しかし、旅の日々を満喫している最中の旅人が、こういう内面の変化に自覚的であり続けることはめったにないし、その日々の先にどういう心理的衝撃が待ち構えているか、あらかじめ考えて用意をしておくことなど、なおさら難しいでしょう。旅の先輩たちから、日本を出て長くなりすぎるとヤバいらしい、という漠然としたアドバイスを聞かされることはあっても、帰国して一体どんなことになるのか、正確に予想できる人はほとんどいないのではないでしょうか。

長旅を終えた旅人は、多くの場合、帰国した瞬間に、久しぶりに目にする日本の社会に違和感を覚えます。それは確かに見慣れた懐かしい風景だし、日本語も問題なく通じるのですが、何か、自分が異邦人になったみたいに感じられるのです。

やがて、違和感は生活全体にじわじわと広がっていきます。そして、そのとき初めて、自分がいつの間にか日本の生活習慣を脱ぎ捨ててしまっていたこと、日本のパスポートを持っていながら、自分がもはや実質的に日本人ではなくなり、無国籍の放浪者と化していたことに気づいて愕然とするのです。

さらに、逆カルチャーショックですっかり醒めた旅人の目には、自分が再び「日本の毒」にどっぷりと漬かっていく様子もはっきり見えるはずです。人によっては、それは、せっかく手にした自由や身軽さの感覚が次第に失われ、何かに絡め取られていくような、まるで悪夢のような息苦しさとして感じられるかもしれません。

もっとも、こうした激しいショックは、旅人に限らず、異国で長く暮らした駐在員や留学生にも起きる可能性はあります。

ただ、周囲に日本人の知り合いもなく、日本語を話す機会もないような環境で、現地の文化に浸り切って暮らす、途上国への留学生や援助関係者ならともかく、企業の駐在員なら、ほとんどの場合、常に日本を向いて仕事をしているので、海外にいても「日本の毒」が抜けてしまう心配はないのかもしれません。

やはり、長い時間にわたって、風の向くまま、ふわふわと漂うように流れ暮らした旅人の方が、いわゆる先進国の社会的現実に戻ったときのギャップが大きく、帰国した瞬間に激しいショックを受けることになるのではないでしょうか。まあ、「社会復帰が困難になる」ほどのものかどうかは分かりませんが……。

バックパッカー向けの雑誌『旅行人』を主宰する蔵前仁一氏は、『旅ときどき沈没』という本の中で、「一年くらい旅をすることなど、暇がある人にとっては (金の問題を別にすれば) 何の問題も特別な技もないのである」と書いていますが、そして、それは確かにそうなのですが、旅を終えた後に待っている逆カルチャーショックのことも含めて考えると、やはりそこには、それなりに大きな困難があると言わざるを得ないのかもしれません……。
旅の名言 「一年くらい旅を……」


JUGEMテーマ:旅行

at 19:05, 浪人, 旅の名言〜旅人

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:05, スポンサードリンク, -

-, -

comment
独善竜, 2010/12/02 12:30 AM

モノスゴ・・久しぶりです。
私自身は旅という言葉に特別思い入れはないのですが、自宅以外に宿泊することを、旅と見なしています。
先日初めてテントで宿泊中に雨に降られましたが、不安感こそが、旅の醍醐味かと感じましたよ♪
後日、狭い上に植木だらけのベランダに工夫してテントを干すことに成功したときに、何だか一人前のライダーになった気がしました。^^

浪人, 2010/12/02 7:06 PM

独善竜さん、ごぶさたしてます。コメントありがとうございました。

私はバイクの旅というのはこれまで経験がないのですが、バイク+テントというのは、旅のコストや労力は最少にしつつ、一方で、行動半径や旅の自由を最大にするための最強の組み合わせかもしれないですね。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/671