このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「旅に出ても、……」 | main | おかげさまで50,000アクセス >>

『ほとんど食べずに生きる人 ― 引き算の生き方革命』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください


以前から私は、「不食」という不思議な現象に興味がありました。

世界のあちこちに、何も食べずに生きている(と自称する)人々がいて、彼らの話題がときどき新聞・テレビの片隅をにぎわすことがあるのですが、そのたびに眉にツバをつけながらも、仮にそれが本当だったら、自分もそんな仙人みたいな身分になりたいものだと多少の憧れを感じていたのです。

先日、あるブログを読んでいて、「不食」ではないが、「微食」を実践している人々が日本にいることを知りました。彼らは、何も食べないわけではないけれど、常識では考えられないような低カロリー食だけで、長いあいだ健康な生活をしているというのです。

「不食」はさすがに信じがたいけれど、「微食」ならもしかするとあり得るかもしれないし、ひょっとしたら自分にもマネできたりするのでは……。そんな思いもあって、今回、「微食」生活を送っている柴田年彦氏の本を読んでみました。

柴田氏は、自らの身体を実験台にして、2007年の春から1年間、摂取カロリーを大幅に減らし、その間に心身に起きたさまざまな変化を記録しました。

ふつう、成人男性なら1日当たり2,500キロカロリー、女性なら2,000キロカロリーほど摂取しないと健康を維持できないと言われているそうですが、彼は玄米菜食を基本に、ゆっくりと時間をかけながら、「少食(800〜1,500キロカロリー)」から「微食(100〜500キロカロリー)」へと、摂取カロリーを減らしていきました。

本の前半は、食事や運動の量、体重や体脂肪率の変化などのデータを中心に、実験中に感じた自覚症状や身体の変化、あるいは精神的な変化について詳細にまとめたレポートになっています。

彼は低カロリー状態に慣れるまでの数カ月間、空腹感に悩まされただけでなく、脱力感やひどい物忘れ、体の冷えなどさまざまな体の不調も感じるのですが、実験が5カ月目を過ぎたあたりから体調が改善しはじめ、やがて睡眠時間が減り、脳が活性化し、五感が鋭くなり、寒さに強くなり、ヤル気が満ちてきたといいます。「微食」生活によって、むしろこれまでの持病が消えて健康が増進し、心身が若返ったというのです。

後半は、栄養学者と免疫学者へのインタビュー、そして、同じことを試してみようと思う人のために、体質によるメニューの調整や、実践する上でのコツなど、具体的なアドバイスが「柴田メソッド」としてまとめられています。

ただ、この本の実験で明らかになったのは、柴田氏個人が低カロリー食に適応し、そこから大いに恩恵を受けたという事実だけであって、「微食」がすべての人に有効だと証明されたわけではありません。

体質は人によって違うので、「微食」を続けると栄養失調に陥る人もいるかもしれません。この本の中で、栄養学者の原正俊氏が、日本人とアメリカ先住民の一部には、飢餓に耐えうる「節約倹約遺伝子」があると述べていますが、もしそうならば、「微食」は、遺伝的に一部の人間だけに可能な、一種の特殊能力だという可能性もあります。

そう考えると、どのくらいの一般性があるか分からない段階で、それをいきなり「メソッド」として広めてしまうのは時期尚早ではないかという気がします。

それに、この本を一読した限りでは、超低カロリー食の実践がけっこう簡単そうに見えてしまうのですが、実際には、超えなければならないハードルは数多くあるはずです。

まず、柴田氏が実験に成功した理由の一つとして、それ以前の段階で、長年にわたって玄米菜食を実践しており、食生活や食材に関してかなりの知識と経験を蓄えていたということが考えられます。

逆に、自分がふだん何を食べているかほとんど意識したこともなく、食べたいものを腹いっぱい食べ、酒やタバコをたしなみ、玄米など見たこともないような人なら、「微食」以前の問題として、まずは自分の食生活に意識を向け、さらにベジタリアン系のメニューにも慣れないと、その先には進めません。

一般人にとっては、食べる量を減らすこと以上に、食事に対する意識を根本的に改め、これまで食べつけていないような食材やメニューに慣れる方が、よほどハードルが高いのではないかという気がします。

それに、超低カロリー食というのは、実践するのにふさわしい年齢というのがあるかもしれません。本文中で免疫学者の安保徹氏が触れているように、体内の代謝システムや必要カロリーはずっと一定ではなく、年齢によって変化していると考えられます。著者の柴田氏は実験開始時点ですでに60代でしたが、若い人よりも、ある程度年齢を重ねている人の方が、もともと少食ぎみになっていることもあって、「微食」に移行しやすいという可能性はあります。

さらに、歳を重ねた人は、これまでの生活習慣からくる何らかの症状や病気を抱えているケースが多く、健康のありがたみを強く実感しているはずです。彼らには、再び健康と元気を取り戻すためなら、これまでの食事や生活のパターンをある程度犠牲にしてもかまわないと思うだけの動機があるかもしれませんが、若い人だとそこまでの思いはなかなか持てないのではないでしょうか。

最後に、柴田氏でさえ、空腹感を克服するのに半年を要しているし、体が超低カロリー状態に慣れるまで、さまざまな不快な症状にも耐えています。それに加えて、自分の心身が未知の状態へと変化していくことに対する不安もあったでしょう。これらは、気軽に乗り越えられるほど生易しい問題ではないと思います。

このように、この本の実験は非常にユニークなのですが、これを誰にでも通用するメソッドとして一般化するにはまだ無理があるように思います。当面は、先鋭的な人々が自らリスクを負って実践し、「微食」の可能性がどれほどのものか、いくつもの事例を集めて検討する作業が必要なのではないでしょうか。

それでも、「微食」という方法自体については、とても新鮮で面白いと思います。さすがに、「不食」というのでは誰もまともに取り合ってはくれないだろうし、腹八分目といった程度の「少食」では、ありがちな生活の知恵として、軽く聞き流されてしまうと思うので……。

この本を読んで、私も今すぐやってみようとまでは思いませんでしたが、もう少し歳月を経て、食生活のあり方についての意識を高め、こうした方法について自分なりに納得するに至れば、実際に試してみることになるかもしれません。

それにしても、この本を読んでいると、いろいろと考えさせられるものがあります。

人間が、食べたものの消化吸収自体に多大なエネルギーを費やしていて、ときにはそれが身体への負担となり、やがて機能障害を起こしてしまうというのは、実はかなり重要な問題でありながら、ふだんは見落とされがちです。そして、似たようなパターンは、食生活以外のさまざまな面においても見受けられるのではないでしょうか。

例えば、次から次へと買ったモノで溢れかえって、すっかり狭苦しくなった部屋がそうだし、朝からずっと情報の洪水を浴び続け、新しい出来事を追いかけるだけで、いつの間にか日が暮れてしまうような生活も同じ構図です。

人間は、モノにせよ情報にせよ人間関係にせよ、いいと思うものは可能な限り自分の側に取り込みたいと思いがちなものですが、そうやっていったん取り込んだものは、どんなものであれ、自分に対してそれなりのコストを求めてくることを、常に意識しておく必要があるのかもしれません……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書 

 

at 18:56, 浪人, 本の旅〜身体技法

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:56, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/674