このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 招待所の絶叫カラオケ | main | フローレス島で「道路工事」 >>

『心と脳の正体に迫る』

心と脳の正体に迫る 成長・進化する意識、遍在する知性
心と脳の正体に迫る 成長・進化する意識、遍在する知性
天外 伺朗, 瀬名 秀明

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、「心と脳」をテーマに、ソニーの技術者である天外伺朗氏と作家の瀬名秀明氏が対談したものですが、読んでみると期待通りというか、意外というか、なかなか異色な内容になっています。

心といえば心理学、脳といえば脳科学の常識的な話を想像しがちですが、この対談では学問の垣根や「科学的常識」の壁を飛び越えて、知的フロンティアの領域を自由に語る趣向になっています。

語られる領域は、脳科学や神経生理学、哲学、量子力学、トランスパーソナル心理学と広く、語られるテーマとしては、植物の「意識」、人間の意識の変容と進化、臨死体験や宇宙人によるアブダクション(誘拐)、シンクロニシティ、「気」、コンピューターと意識の問題、量子コンピューターなど、非常に多岐にわたります。

その多くが、現在の科学では解明が難しかったり、科学者が手をつけないまま残されているようなテーマで、ある意味では仮説と想像ばかりの「いかがわしい」世界でもあります。人によっては、「ハッキリ決着のついていないことをあれこれ議論した本を読んでも意味がない」と思うかもしれませんが、こういう「世界の謎」にむしろワクワクする人も多いのではないでしょうか。

対談の背景に流れているのは、天外氏の著作ではおなじみの、「この世」と「あの世」に関する仮説です。これは物理学者デイビッド・ボームが提唱する「ホログラフィー宇宙論」の「目に見える物質的な宇宙(明在系)」と、それと一対一に対応する「目に見えない宇宙(暗在系)」の概念や、般若心経の「色」と「空」にも対応するもので、この仮説をとりあえず受け入れて対談を読んでいくと、この本の中で取り上げられている一見雑多なテーマが、うまくつながってきます。

これらはあくまで仮説のレベルであり、検証も不可能であるか、現在の科学・技術では非常に難しいのですが、とりあえずその問題はカッコに入れて、試しにこれらの仮説を前提に物事を見てみると、今までどこから手をつけたらいいのか分からなかった様々な謎に関して、いろいろ腑に落ちる点がある、というのは大きな魅力です。

天外氏、瀬名氏とも文系的な側面と理系的な側面をうまくバランスさせながら、社会的に活躍されている方々なので、この本も「トンデモ本」すれすれの内容ながら、安心して読むことができます。テーマが多岐にわたるため、一つ一つのテーマがじっくりと語られていない感じもしますが、こうした分野をもっと勉強したい人のためのガイダンスや、知的フロンティアの地図として役に立つのではないかと思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします

at 19:24, 浪人, 本の旅〜脳と意識

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 19:24, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/68
心理学ってすごい?, 2007/10/01 10:59 AM

トランスパーソナル心理学トランスパーソナル心理学とは、人間性心理学における自己超越の概念をさらに発展させた学問。人間の究極的な目的とは、自己を越えた何ものかに統合されると考え、そのための精神統合の手法を開発した。臨床では一定の効果が認められるが、宗教