このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「そこでなんか僕の頭のチャンネルが……」 | main | 旅の名言 「この罰当たりな世界の……」 >>

『インド人の頭ん中』

 

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、ふとしたきっかけでインドのデリーに移り住み、そこで4年間一人暮らしをした女性が、日々遭遇した仰天するような出来事と激しいカルチャーショックの数々を、ユーモラスに描いたエッセイです。

著者の冬野花氏は、住む部屋を自分一人で探すことから始まって、次から次へと果てしなく襲いかかる生活上のトラブルに対処していくのですが、それはまさにインドとの闘いでした。

夏のインドの猛烈な暑さはいうまでもなく、日常的な停電・断水、日本食はおろか牛肉・豚肉・酒類さえなかなか手に入らない食生活、日本的な気配り・繊細さ・時間の正確さとは正反対のインド的スタンダード、カースト制度のしがらみから生み出される信じられないようなインド人の思考・行動パターン、さらには、女性だというだけで差別的な扱いを受けたり行動の自由を奪われてしまう現状……。

それでも、彼女はヒンディー語を覚え、カルチャーショックを乗り越えて、自分のささやかな暮らしを確立していきます。

ちなみに、似たような困難は、インドに赴任する日本企業の駐在員もみな経験しています。その詳細は、以前にこのブログでも紹介した、山田和氏の『21世紀のインド人』に描かれているのですが、駐在員については、会社から物心両面のサポートを受けられるだけまだマシかもしれません。

冬野氏の場合は、インドに関する予備知識もなければ何のツテもなく、女性の一人暮らしであるうえに、あのデリーです。インドを個人旅行した方ならご存知でしょうが、デリーは旅人にとっては鬼門ともいえる街で、バックパッカーが巻き込まれるトラブルの多さと街の印象の悪さではかなり有名なところです。私も、よほどの必要にでも迫られない限り、デリーに長居をしようとは思いません。

彼女がそれを知った上で、あえてデリーを選んだのかどうかは分かりませんが、いずれにしても、そこで長期間生活をするというのは、それだけで、日本人にとって最高難度のチャレンジの一つなのではないかという気がします。

それでも、冬野氏は必要以上にシリアスになることもなく、また、インドの歴史とか政治・経済の小難しい話などは一切なしに、あくまで一人の生活者の具体的な体験を例に挙げながら、ドタバタ劇には事欠かないインドの生活と、ツッコミどころ満載のインド人の不思議な生態を、歯切れよくユーモラスに描いています。

ただ、ときどきあまりにも言葉の選び方が率直すぎて、読んでいてハラハラするところもありますが……。

私は旅人としてインドを回っただけですが、この本には、私自身がインドで感じたり考えたりしたことと重なる部分があちこちにあって、深く共感を覚えました。

インドのユニークな生活文化の話を始めとして、値段交渉の話や、交通機関の話、さらにはインド人に対する怒りについてなど、インドに住んだり旅したりしたことのある人なら、けっこうおなじみのテーマも多く、また、インド人に対する著者のツッコミの数々に、大いに溜飲を下げる方もおられるのではないでしょうか。もちろん、インドに行ったことのない人でも気軽に楽しめる内容になっています。

それにしても、このエッセイは、一見したところ思いつきで書かれているようでいて、インドの社会やインド人について、けっこう鋭く本質を突いているように思われるところもあります。

これは、冬野氏の才能というべきなのでしょうか、それとも、インドで何度も何度も痛い目に遭い、度重なる怒りに耐え続けた人間は、誰もが精神をすっかり鍛えられ、哲学的になり、インドに対する深い理解に到達するということなのでしょうか……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

 

at 18:36, 浪人, 本の旅〜インド・南アジア

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:36, スポンサードリンク, -

-, -

comment
独善竜, 2011/02/12 6:12 PM

『インド人の頭ん中』はしばらく前に私も読みました。確かに、著者が思ったことをそのまま書いている印象の文で気楽に読めて楽しかったです。
貯めた雨水が熱湯になって出てくるところなど吃驚で、暑さの苦手な私はとてもインドに出かける気にはなれませんでしたけど・・
それにしても、浪人さんのblogは内容がとても良いのに、コメントが少ないことに驚きです。
本来ならば人気爆発が当然の気がするのに・・
皆の目がフシアナさんなのか、それとも私の眼力が優れているのか・・
ここは一つ私の眼力が優れていることにさせていただきたく思います。

浪人, 2011/02/13 7:17 PM

独善竜さん、コメントありがとうございました。

私もこの本を含め、旅行記や生活記など「インドもの」の本はずいぶんいろいろ読んできましたが、どれを読んでも楽しめるし、新しい驚きがあります。

それが、インドの奥深さからくるのか、インドについて本を書くような人が相当ユニークだからなのか、それとも単に私がインド好きだからなのかはよく分かりませんが……。

ただ、実際に何度か旅をした経験からしても、住めばいろいろ辛いことが多そうで、さすがにインドに長く暮らしたいとまでは思わないです。

だから逆に、理由が何であれ、インドに何年も住んでいる日本人は、それだけで尊敬してしまいます。

それはともかく、旅と人生について、独房の牢名主がくどくど独り言をつぶやいているようなこのブログをいつも読んで頂き、本当にありがとうございます。

今後も、何かお気づきの点などあれば是非教えていただきたく、よろしくお願いいたします。










trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/680