このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< この不機嫌な世界で | main | 旅の名言 「デリーにいると……」 >>

『13歳からの反社会学』

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、謎のイタリア人戯作者パオロ・マッツァリーノ氏が、これからオトナになる若い世代に向けて、データの見かた、情報の集めかた、解釈のしかたの基本をレクチャーするという内容です。

本文には、「パオロさん」と中学生の男女という3人のキャラが登場するのですが、3人の掛け合いでバラエティ豊かなネタを楽しみながら、社会や情報をおもしろく見るためのヒントや方法を学べるようになっています。

ちなみに、『13歳からの反社会学』というタイトルは、宮台真司氏の『14歳からの社会学』(私は未読ですが)のパロディです。「反社会学」という、どこか過激な言葉の響きともあいまって、この本に、ちょっとブラックな笑いを想像してしまう人もいるかもしれません。

実際、マッツァリーノ氏の最初の作品『反社会学講座』は、データを駆使した社会学的研究という「科学的」な装いをまとわせることで、自分の個人的な偏見を人々に押しつけようとする俗流社会学者への痛烈な批判に満ちていました。この本でも、その精神は健在だし、本文の随所には、子供向けにしてはかなりひねりの効いた笑いが仕込んであります。

ただ、この本のメインテーマは、社会学や統計データをめぐるそうしたウラ事情を伝えることよりも、巷にあふれる情報を鵜呑みにせず、自分の力で調べ、考え、それを行動につなげていくための具体的なノウハウを伝えることにあるようです。そして、読み通してみると、マッツァリーノ氏が若い人々に向けた、むしろまっとうで人間味のあふれるメッセージが伝わってきます。

単なる知識の詰め込みは、決して人生を豊かにはしてくれません。彼によれば、世の中に出て本当に必要とされるのは、興味をもったものごとを自分で調べる能力と、問題を解決まで導ける思考力と行動力です。一方で、彼は、情報を集めたり、データを検証したりするのは、何か絶対的な正しさとか正義に至るための方法ではないことも強調しています。

そして、世の中には、完璧な正しさも100パーセントの正義も存在しないこと、オトナになるとは、中途半端に正しい現実と、勇気を持って向きあえるようになることなのだと喝破しています。

文章は、中学生でも読めるくらいに、かなり噛み砕いて書かれているのですが、私自身が中学生の頃はどうだったかと考えてみると、こういう本を自分から手にとるほど、社会への現実的な関心をもっていたとはいえないし、この本のような、ひねりの効いた味わい深い文章を楽しめるほど、社会経験も積んでいなかったような気がします。

まあ、今の若い人たちはそうでもないのかもしれませんが……。

個人的には、この本は、むしろオトナの方が楽しめるし、勉強にもなるのではと思いました。

オトナといえど、自分が興味をもったテーマについて、ふだんから図書館やネットの情報を深く掘り下げ、自ら考え続けるという作業をしている人は、けっして多くないのではないかという気がします。本文中で紹介されている読書術や図書館活用法などは、ごくシンプルで基本的なものなので、学校を出て以来、調べもののたぐいにすっかり縁がなくなっていたオトナでも、この本が、改めてそうした作業を始めるきっかけになるかもしれません。

ところで、マッツァリーノ氏は、ネット上のレビューというものについて、かなり批判的です。

彼によれば、レビューの星印は、批評する人の気分をあらわしているだけのことが多いし、作家になれるほどの才能も、なろうと努力する気もないけれど、自分の知性と感性にちょっと自信のある人が、あまり努力しなくても書けるレビューで「プチ自慢」しているのだといいます。

また、サイトによっては、星の数の合計をみんなの頭数で割って平均値を出していますが、人によって意見や好みが違うからこそ、レビューの意味があるはずなのに、平均値にしてしまったら個人の意見がないがしろにされることになるし、その数字に統計学的な意味もないと言っています。

これまで、自分が読んだ本について、主観的判断だけで偉そうに星印をつけてきた私には、とても耳の痛い指摘です。たしかに、全身全霊をあげて生み出した作品を、気分次第で評価されるプロの人たちにしてみれば、たまらないだろうなと思います。

でも、素人のこういう主観的な評価とか感想も、見る人によってはそれなりに参考になることもないわけではないのではないか……と、あくまで自分に好意的に考えることにして、これからも、星印を使った本の評価は続けたいと思います。

マッツァリーノ氏には申し訳ありませんが……。


パオロ・マッツァリーノ著 『反社会学講座』 の紹介記事


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

 

at 18:41, 浪人, 本の旅〜人間と社会

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:41, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/700