このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 何か言いたいような、でも言えないような | main | 『野宿入門 ― ちょっと自由になる生き方』 >>

旅の名言 「放浪の旅で待ち受けている……」

 放浪の旅で待ち受けている冒険や挑戦の中で最もむずかしいのは、家に帰ることかもしれない。
 帰郷することは、楽しかった旅の喜び、自由、思いがけない出来事との出会いがもう終りになるということであり、残念なことだと思うだろう。しかし、海外で生き生きとした経験をして家に帰ると、ただただ変な感じがして落ち着かなく感じられることもある。すべては自分が旅に出る前となんら変わりないかのように見えるのに、まったく違うもののように感じられるのだ。
 この家に帰るという体験をうまく言葉で表すために、T・S・エリオットの『小さな眩暈』がよく引用される。

  すべての探険の最後に待っているのは
  出発した場所に戻ることだ
  そしてその場所をはじめて知ることになるのだ

 示唆に富んだ言葉ではあるが、自分の故郷をはじめて「知る」というのは、本来なじみ深いはずの場所で自分をよそ者のように感じるということだ。

 
『旅に出ろ! ― ヴァガボンディング・ガイド 』 ロルフ・ポッツ ヴィレッジブックス より
この本の紹介記事

これから放浪(ヴァガボンディング)の旅に出ようとする人のために、その心構えと実際を説いた入門書、『旅に出ろ!』からの引用です。

旅に出る人は、これから旅先で出会うだろう新奇なものごとや、未知の人々との交流への期待に胸をふくらませることはあっても、さらにその先、自分の旅が終わった後に何が起こるかまでは考えていないのがふつうです。まして、長い旅ともなると、そもそもいつ旅が終わるのかさえ分かっていないかもしれません。

しかし、以前にこのブログでも何度か触れましたが、長い旅を終えて久々に帰郷すると、人によっては、激しい「逆カルチャーショック」に襲われることがあります。
旅の名言 「旅に出ても……」

旅人は、勝手知ったる土地に戻る以上、また昔と同じ生活が始まるだけだと思いがちですが、数カ月ぶり、あるいは数年ぶりに帰国して、見慣れた懐かしい風景を目にし、親しい人々と再び言葉を交わしてみると、「すべては自分が旅に出る前となんら変わりないかのように見えるのに、まったく違うもののように感じられる」のです。

もちろん、流れた歳月によっては、そこに多少の外見上の変化はあるでしょうし、世の中の流行もすっかり移り変わってはいるでしょうが、ここで言う「まったく違うもののよう」とは、そうした外面的な違い以上に、生まれたときから何の不思議もなく受け入れてきた、自分の国や社会のすべてのものごとに対して、内面的に感じる、何ともいえない違和感を意味しています。

旅人は、旅を通じて自分の内面が劇的に変わってしまっていたことに、たぶん、旅が終わるまでほとんど気づかずにいます。鏡なしには自分の姿が見られないように、自分の変化は、何か自分自身を正確に映し出してくれるものを通してしか、感じとることができないからです。

彼らは、かつて見慣れた世界、旅をする前の自分が何の違和感もなく適応していた世界に再び投げ込まれることをきっかけに、そこに何ともいえない大きなズレを感じ、自分がどれだけ違う人間になってしまっていたか、激しいショックとともに自覚することになるのです。

しかも、多くの旅人は、逆カルチャーショックについての予備知識などなく、そういうことが起きること自体を知らないか、旅仲間から事前にそういう話を聞かされていても、それが大変な体験になるかもしれないなどとは思ってもみないでしょう。

帰国した瞬間から感じ始めた違和感は、むしろ時間が経つほどに強くなっていきます。その変な感覚をどうにもうまく説明できなくて、自分が精神的におかしくなってしまったのだと勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

まあ、こうした帰国ショックがどのようなものになるかは、旅人の性格とかこれまでの人生経験などによっても大きく違うだろうし、もちろん、ふつうは特に何の対処もしなくても、時間が解決してくれます。違和感は自然に克服され、いつの間にか、再び周りの世界に融け込めるようになるでしょう。

ただ、どれだけ世の中にうまく再適応できたとしても、敏感な人なら、そのときの違和感がいつまでも心の奥底に残り続けていること、そして、もう二度と、その違和感から逃れることはできないことに気がつくのではないでしょうか。

旅を通じて訪れた国々が、かつての自分にとっては「外」の世界であったとするならば、自分が生まれ育った国や社会は「内」なる世界であり、生まれたときから、自然に自分と一体化していたはずです。

それが、自分にとって違和感のある世界に感じられ、まるでその世界を「はじめて知る」かのように、いちいち心に引っかかるというのは、そこもまた、自分にとっての「外」側になったということ、つまり、自分にはこれまで「内」側として感じられていた親密な世界が、もはやそうではなくなってしまったということです。

長い旅を終えた旅人は、帰郷して、自分がすでに「故郷」を失ってしまっていたことに気づくのです。

そして、一度失われたものが、再び戻ってくることはありません。

そう考えると、たしかに、「放浪の旅で待ち受けている冒険や挑戦の中で最もむずかしいのは、家に帰ること」なのかもしれません。

もちろん、旅人の心の中で、故郷に対する違和感が消え去ることはないとしても、たぶん、自分の国や土地に対する思い入れの深さが変わることはないだろうし、生まれた場所というのは、本人にとって死ぬまで特別な場所のひとつであり続けるのでしょう。

それでも旅人は、たとえ自分の国で暮らしていても、そこがもはや、なじみ深い身内の世界ではなく、他の国々と本質的には変わらない、一つの滞在先に過ぎなくなってしまったことも、心の片隅で感じ続けることになるのです。

それは、何とも切なく、哀しいことであるのかもしれません。

しかし同時に、そうした「よそ者」になることによってはじめて、旅人は、自分がその中で生まれ育った小さな世界を、これまでとは全く別の新鮮な目で見つめることができるし、それによって、これまで当たり前すぎて意識することもなかった、その小さな世界の美しさに、改めて気づかされるのかもしれません。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:59, 浪人, 旅の名言〜旅の終わり・帰還

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:59, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/711