このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「ヒマでヒマでしょうがなくて……」 | main | 群集に溶け込む仕事 >>

『銀河ヒッチハイク・ガイド』

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

このところ、現実世界では暗いニュースばかりが続き、なかなか明るく前向きな気持ちになれないので、少しでも気分を変えようと、昔から名前だけは聞いていたSFコメディの名作、『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読んでみることにしました。

この作品については、ウィキペディアに(ネタバレを含む)かなり詳しい紹介があります。興味のある方はそちらを見ていただきたいのですが、物語の冒頭でいきなり地球が破壊されてしまい、ただ一人生き残った平凡なイギリス人が、「銀河ヒッチハイク・ガイド」現地調査員の宇宙人と一緒に銀河系を放浪するという、とんでもないストーリーです。
ウィキペディア 「銀河ヒッチハイク・ガイド」

最初は単なるドタバタ劇かと思ったのですが、SFらしくスケールの大きな仕掛けや予想外の展開に驚かされ、ブラックな笑いや宇宙的ナンセンスに脱力し、そして妙に人間くさい宇宙人たちのキャラクターを楽しんでいるうちに、独特の世界に引き込まれていました。

原書は1979年の刊行で、もう30年以上も前の作品ですが、新しい翻訳のおかげもあってか、今読んでも古さを感じません。

それにしても、やっぱりコメディはいいなあと思います。

鋭い皮肉も、残酷なまでのナンセンスも、強引な物語の進行も、ユーモラスで飄々とした語り口のおかげで抵抗なく受け入れられるし、ヘタをすれば虚無的になってしまいそうな内容が、笑いのおかげでうまく中和されている気がします。

私はSFというものをほとんど読んだことがないので、膨大なSFの作品群の中で、この本がどのような位置を占めるのかよく分からないのですが、他にも名作と呼ばれる作品を、いろいろ読んでみたいという気持ちになりました。

できれば、あまりシリアスなものではなく、少しでも笑える作品を……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

 

at 19:10, 浪人, 本の旅〜旅の物語

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:10, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/721