このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 群集に溶け込む仕事 | main | 本と便意の微妙な関係 >>

『アジア無銭旅行』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

この本は、詩人の金子光晴氏が戦前のアジア・ヨーロッパ放浪の旅を回想した晩年の三部作、『どくろ杯』『ねむれ巴里』『西ひがし』から、往路・復路のアジアの部分を抜粋し、アジアを題材にしたいくつかの詩を加えてまとめたものです。

1928年、日本での暮らしに精神的に行き詰まった金子氏は、子どもを親戚に預け、十分な旅費も先の見通しもないまま、妻を連れて逃げるように日本を発ち、パリをめざします。

最初に向かったのは、当時、「ながれものの落ちてあつまるところ」だった上海でした。彼らは現地で何とか旅費を工面し、南へと船を乗り継いでいきます。

政治的混乱の続く中国、欧米諸国の植民地東南アジア、そして時は世界大恐慌の前後。金子氏は、陰鬱な現実と、世界をあてどなくさまよう自分自身の行状とその内面を、ひたすら見つめ続けます。

彼は、旅先で出会う日本人たちが、人を民族で分け隔て、一等国の人間としてふるまおうとする姿に内心反発を覚えながらも、結局はそういう人々の情けと人的ネットワークにすがり、得意ではない絵を彼らに売りつけてまで旅費を稼がなければならない立場でした。また、彼自身も、決して清貧の旅人だったわけではありません。今の時代はともかく、当時なら公にすれば物議を醸しただろうエピソードも、作品の中で赤裸々に描かれています。

「よくよくの愚劣な男でなければやらない道をよくもあるいてきたものだ」と自ら言うように、それは何度もダークサイドに転げ落ちそうになりながら、ギリギリのところで踏みとどまるような危うい旅でした。

しかし、いくら先へと進んでも、旅の解放感や高揚を味わえるどころか、二人の前には、常に金策に追われ、どこまでも堕ちていくような出口のない日々が続くだけで、その先に、何かわかりやすい希望の光が差し込むわけでもありません。

あれさびれた眺望、希望のない水のうえを、灼熱の苦難、
唾と、尿と、西瓜の殻のあいだを、東から南へ、南から西南へ、俺はつくづく放浪にあきはてながら、
 あゝ。俺。俺はなぜ放浪をつづけるのか。


実際にこういう旅をする人というのは、昔も今も、圧倒的な少数派なのだろうし、彼らと同じような旅をしたいと思う人も、あまりいないでしょう。

それでも、この本を読んでいると、元の三部作を全部通して読みたくなってきます。アジアのエピソードは、彼らの4年にわたる旅の一部にすぎないし、金子氏の独特の文章にはけっこう中毒性があるようで、波乱に満ちた旅の物語を、もっと読みたい気持ちにさせられてしまうのかもしれません。

ちなみに金子氏には、同じ時期の東南アジアの旅を描いた名作、『マレー蘭印紀行』がありますが、この本は、その舞台裏として読むこともできると思います。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:29, 浪人, 本の旅〜東南アジア

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:29, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/723