このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 謹んで新年のごあいさつを申し上げます | main | 21世紀のスナフキン >>

『茶馬古道の旅 中国のティーロードを訪ねて』

評価 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください

茶馬古道とは、おもに中国南部の雲南省とチベットを結び、中国の茶とチベットの馬の通商に用いられた、かつての交易路のことです。

著者の竹田武史氏は、2006年から2007年に、7か月をかけて交易路の跡をたどり、各地の古老を訪ね、さまざまな民族の伝統的な喫茶文化や、馬帮(マーバン)と呼ばれたキャラバンの旅の記憶を取材しました。

この本には、その旅の簡潔なエッセイと、美しい写真の数々が収められています。

個人的には、茶の原産地といわれるシーサンパンナの森の中にたたずむ、樹齢数千年の「茶樹王」の迫力ある写真や、雪の峠からサボテンの群生する「暑い谷」まで、気候がめまぐるしく変化する梅里雪山の巡礼路に、特に興味をそそられました。

取材ルート上の大理、麗江などは、日本人にも名を知られた美しい街だし、チベット文化圏の香格里拉(シャングリラ、2001年以前の旧名は中甸)や徳欽(デチェン)も、今は観光開発が進みつつあるようです。現地で特産のマツタケを腹いっぱい食べたという人もいるかもしれません。

私も写真を眺めながら、雲南省やチベットを旅した頃のことを思い出しましたが、一方で、この本全体から感じる懐かしさのようなものは、そうした個人的な記憶とはまた別のようです。

雲南省を含め、東アジアから南アジアにまで広がる照葉樹の森とともに育まれてきた独特の文化は、日本の生活文化の一つのルーツともいわれているし、さまざまな少数民族の穏やかで慎ましい暮らしぶりのなかに、私たち日本人にとっての原風景のようなものを感じてしまうからでしょうか。
ウィキペディア 「照葉樹林文化論」

もっとも、かつての茶馬古道も、中国の経済発展と急速な開発によって激しい変貌を遂げつつあるし、また、各地のユニークな喫茶文化も、グローバル化の波に洗われ、やがては観光客向けのエンターテインメントとして、辛うじて消滅をまぬがれる運命にあるのかもしれません。

また、ルート上の東チベットは、2008年のチベット騒乱以来、政治的な緊張がさらに高まっており、外国人の立ち入りも厳しく制限されています。

この本から感じる、何ともいえない懐かしさの感覚と、それとは裏腹の厳しい現実。似たようなパターンは、辺境と呼ばれるような場所のあちこちで見られます。

19世紀まで世界の辺境だった日本も、奇跡的な経済発展と開発によって、多くのものを手に入れ、同時に、多くのものを失いました。そうした世界的規模のプロセスは、これからも多くの人々を巻き込みながら、とどまることなく続いていくのでしょう。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:27, 浪人, 本の旅〜中国・東アジア

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:27, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/729