このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 100万年の壁と二つの世界 | main | 『大震災の後で人生について語るということ』 >>

旅の名言 「わざわざ苦労して……」

人跡未踏の空白の五マイルに下り立ったといっても、私がやっていることといえば、延々と続く急斜面で苦行のようなヤブこぎをしているだけだった。なぜ過去に多くの探検家がこの場所を目指して挫折したのか私にはよく分かった。わざわざ苦労してこんな地の果てのような場所に来ても、楽しいことなど何ひとつないのだ。シャクナゲやマツの発するさわやかなはずの緑の香りが、これ以上ないほど不愉快だった。自然が人間にやさしいのは、遠くから離れて見た時だけに限られる。長期間その中に入り込んでみると、自然は情け容赦のない本質をさらけ出し、癒しやなごみ、一体感や快楽といった、多幸感とはほど遠いところにいることが分かる。

『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』 角幡 唯介 集英社 より
この本の紹介記事

チベットのツアンポー峡谷に魅せられ、その探検に青春を賭けた日本人の壮絶な探検記、『空白の五マイル』からの名言です。

著者の角幡唯介氏は、2002年から2003年にかけての単独行で、過去の名だたる探検家ですら行く手を阻まれたツアンポー峡谷の「空白の五マイル」を、ほとんど踏破することに成功します。

記録に残るかぎり、その地を踏みしめたのは彼が世界初ということになるわけですが、そのロマンチックな響きとは裏腹に、実際の探検は、ダニに全身を喰われながら、薄暗くじめじめとしたヤブをひたすらかき分け、滑落の危険を冒して急斜面を登り降りする作業の繰り返しでした。それに、何か重大なアクシデントが起きても、助けてくれる人間はどこにもいません。

単独行とはそういうものだと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、不快きわまりない環境や不十分な食事に耐え、神経をすり減らして危険に対処し、しかも常に注意を怠らず、緊張感を保っていなければ、生還は期しがたいでしょう。

「わざわざ苦労してこんな地の果てのような場所に来ても、楽しいことなど何ひとつない」のです。そんな日々を休むことなく何十日も続けるのは、旅というより、まさに「苦行」そのものです。

かつて、地球上の未知の土地を探検した人々は、そうした苦行と引き換えに、栄光と名声を得ることができました。

しかし、人跡未踏の地がほとんどなくなり、探検に人々の注目が集まらなくなった今、探検家が受ける社会的な評価は、その命がけの苦しみの報酬としては、到底見合わないのが現状かもしれません。

それでも彼らは何かに駆られるように、「情け容赦のない」自然の中へと何度も踏み込んでいくのです。「楽しいことなど何ひとつない」と、骨身に沁みて分かっているにもかかわらず……。

そうした探検家の「業」のようなものについて、角幡氏は、次のように書いています。

 リスクがあるからこそ、冒険という行為の中には、生きている意味を感じさせてくれる瞬間が存在している。 (中略) その死のリスクを覚悟してわざわざ危険な行為をしている冒険者は、命がすり切れそうなその瞬間の中にこそ生きることの象徴的な意味があることを嗅ぎ取っている。冒険は生きることの全人類的な意味を説明しうる、極限的に単純化された図式なのではないだろうか。
 とはいえ究極の部分は誰も答えることはできない。冒険の瞬間に存在する何が、そうした意味をもたらしてくれるのか。なぜ命の危険を冒してツアンポー峡谷を目指したのか、その問いに対して万人に納得してもらえる答えを、私自身まだ用意することはできない。そこはまだ空白のまま残っている。しかしツアンポー峡谷における単独行が、生と死のはざまにおいて、私に生きている意味をささやきかけたことは事実だ。
 冒険は生きることの意味をささやきかける。だがささやくだけだ。答えまでは教えてくれない。


生きるか死ぬかという極限のリスクにさらされた瞬間に、他の何にも代えがたい、「生きている意味」につながる何かをかいま見られると思うからこそ、彼らは無謀とも思えるような、ギリギリの探検に自らを追い込んでいくのかもしれません。

私はまだ、そうした探検の魔力のようなものに触れたことがないし、だから旅をするといっても、いつも、ほどほどのところでお茶を濁してしまいます。しかし、そうしているかぎり、冒険家や探検家が人知れず味わう生の喜びについて、身をもって知ることはないのでしょう。

それは、不幸なことなのでしょうか、それとも、幸せなことなのでしょうか……。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:29, 浪人, 旅の名言〜土地の印象

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:29, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/732