このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 旅の名言 「わざわざ苦労して……」 | main | 「がんばる」という言葉への違和感 >>

『大震災の後で人生について語るということ』

文庫版(『日本人というリスク』に改題)はこちら(Kindle版もあります)

 

評価 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります

この本は、いま日本社会を覆っている大きな不安の正体を、「人生設計のリスク」という観点から説明しようとするものです。

人生設計といっても、人によって、その意味するところはさまざまでしょうが、著者の橘玲氏は、人生の意味とか精神的な心構えといった抽象的な議論には踏み込まず、その経済的な側面にしぼって語っています。

本の前半では、戦後の日本人の人生設計を四つの神話が支配してきたこと、それに基づいた投資のポートフォリオが潜在的に大きなリスクをはらむものであったこと、そして、20年以上前のバブル崩壊以来、そうしたリスクが顕在化しつつあることが示されます。

四つの神話とは、

1.不動産神話 : 持ち家は賃貸より得だ
2.会社神話 : 大きな会社に就職して定年まで勤める
3.円神話 : 日本人なら円資産を保有するのが安心だ
4.国家神話 : 定年後は年金で暮らせばいい

といった考え方のことですが、日本人の多くがこうした思考パターンに基づいて、自らの人的資本はひとつの会社だけに、金融資本はマイホームという不動産に集中投資してきました。これは、たしかに戦後の高度成長期には最も確実な投資戦略だったかもしれませんが、現状はもはやそうではありません。

 

 リスクを回避し、安定した人生を送るために、私たちは偏差値の高い大学に入って大きな会社に就職することを目指し、住宅ローンを組んでマイホームを買い、株や外貨には手を出さずひたすら円を貯め込み、老後の生活は国に頼ることを選んできたのです。しかし皮肉なことに、こうしたリスクを避ける選択がすべて、いまではリスクを極大化することになってしまいました。
この事態は九七年の金融危機(あるいは九〇年のバブル崩壊)からはじまっていたのですが、多くの日本人は“不都合な真実”に顔をそむけ、3・11によってはじめて自らのリスクを目の前に突きつけられたのです。

そして橘氏は、97年のグローバルな経済危機以降、日本で中高年男性の自殺者が急増していることを指摘し、累計で10万人以上の死者を出すこの「見えない大災害」が起きたのは、戦後の経済成長に最適化された人生設計のリスクがあらわになったからだとしています。

彼の話はとてもシンプルで分かりやすく、私たちがいま感じている不安の正体について、ひとつの明解な解釈を与えてくれているように思います。そして、とても分かりやすいだけに、いま目の前にある問題の大きさと深刻さが見えてきて、戦慄を覚えずにはいられません。

本の後半では、以上を踏まえ、神話なきこの世界で、国家や会社のリスクから個人のリスクを少しでも切り離すための、いくつかのヒントが示されます。

橘氏は、人的資本に関しては、日本の大企業のような閉じられた「伽藍の世界」に適応しようとするよりも、自分の専門性を磨き、社外で通用するような汎用的な知識や技術を蓄積し、開かれた「バザールの世界」で通用する「評判」を獲得していくべきだとし、金融資本については、「経済的独立」とはいかないまでも、それを国家の経済的リスク(金利上昇・インフレ・円安)からできるだけ切り離すための、いくつかの具体的なアイデアを提示しています。

もっとも、幸か不幸か、私の場合は、必死で守るほどの資産など持ち合わせていないので、後半の内容を頭に入れても、それを生かせる機会はないのですが……。

ところで、この本に書かれているのは、個人の家計を支える経済的な基盤についての現状認識と、それを守るためのノウハウ、つまり、人生の経済的な側面についてだけです。

言うまでもなく、人生には他にも大切なことはいろいろあります。しかし、一方で、ある程度の経済的な裏づけがあって初めて、そうした大切なことを考える余裕も生まれてくるのだし、また、社会全体が経済的なリスクを極大化する方向に向かっているとするなら、せめて自分とその家族の生活だけでも守れるように、なんとか知恵をしぼりたいという気持ちはとてもよく分かります。

ただ、人生設計のポートフォリオをリスク分散型に組み換えるといっても、橘氏自身も、それがほとんどの日本人にとっては、たんなる「絵空事」にすぎないだろうということを認めています。

それに、そうしたリスク分散のおかげで、かりに一部の日本人が、近い将来襲ってくるかもしれない「想定外」の事態をうまくやり過ごすことができたとしても、それ以外のはるかに大勢の人間が深刻なダメージを受けるのだとしたら、自らの幸運を単純に喜ぶ気持ちにはなれないのではないでしょうか。

たしかに、この世界は残酷なのかもしれないし、そこで生きることに伴う避けようのないリスクを、各人がバラバラに引き受けるという選択肢もあるのでしょうが、社会全体として巨大なリスクに耐えうる仕組みが用意できるのなら、それに越したことはありません。

橘氏も、この本の最後の部分で、政治の側から取り組むべき点について、雇用の流動化など、いくつかの提言をしていますが、その実現の可能性については悲観的なようです。

私はやはり、各自が必死でサバイバルを模索するよりも、多くの人が知恵を出し合い、社会全体で困難を乗り切れるような方法を見出せないかと思うのですが、現実の政治を遠くから眺めているかぎりでは、それがあまりにも甘い考えだと言われても仕方がないのかもしれません……。


本の評価基準

 以下の基準を目安に、私の主観で判断しています。

 ★★★★★ 座右の書として、何度も読み返したい本です
 ★★★★☆ 一度は読んでおきたい、素晴らしい本です
 ★★★☆☆ 読むだけの価値はあります
 ★★☆☆☆ よかったら暇な時に読んでみてください
 ★☆☆☆☆ 人によっては得るところがあるかも?
 ☆☆☆☆☆ ここでは紹介しないことにします



JUGEMテーマ:読書

at 18:38, 浪人, 本の旅〜人間と社会

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:38, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/733