このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「ドカ買い」の裏側 | main | 「海外ニート」という発想 >>

旅の名言 「勘に従って……」

 この、勘、というやつを私はかなり信用している。何気なく通りをぶらついていて、食べもの屋の前を通った瞬間、勘が体内でわめきたてることが、旅をしていると多々ある。混んでいるとかいないとか、安そうだとか高そうだとか、いっさい関係ない。実際、勘がどんなにわめき立てようと、入りにくい店というのは歴然としてある。自分は薄汚れた短パン姿なのに、真っ白いクロスがまぶしい高級店には入りづらいし、地元の酔っぱらいでぎゅうぎゅうに混んでいる店も、入るにはかなり勇気が要る。勘なんてあてにならないや、と言い訳するように、勘のいっさい働かない別の店で食事をすると、やっぱりあまりおいしくない。「ほーらごらん」と勘があざ笑う。勘に従って勇気を奮い起こし「えいやっ」と店に入る。不思議なことに、こういう店で供される料理はじつにうまい。はずれたことがない。

『いつも旅のなか』 角田光代 角川文庫 より
この本の紹介記事

人気作家、角田光代氏の旅のエッセイ 『いつも旅のなか』からの引用です。

見知らぬ国を旅していると、朝・昼・晩に、どこで何を食べるかというのはけっこう重要な問題です。

ふだんの生活なら、おいしいものがどこで手に入るか知っているので、その日の気分や予算に応じて、近所の食堂に入るなり、スーパーで食材を買うなりすればいいのですが、異国の地では往々にして、目の前の食べ物を口にするまで、それがどんな味なのかすら分からなかったりします。

それは、好奇心旺盛な旅人なら、期待とスリルに満ちた素晴らしい体験だろうし、まさにそのために旅に出る人もいるのでしょうが、逆に、そういう状況が旅の間ずっと続くことに、ストレスを感じる人もいるでしょう。

しかし、どう思うにせよ、人は誰でも腹が減るようにできています。旅人は、面倒だろうが不安だろうが、一日に何度か知らない街に繰り出して、店を選び、料理を選び、それを実際に口にしてみるしかありません。

そして、そんなときのためにこそ、ガイドブックがあります。そこには高い店から安い店まで、地元の名物からおなじみのファストフード・チェーン店まで、旅人の予算や事情に合わせたさまざまな店の情報が載っています。

また、バックパッカーでにぎわう安宿街なら、欧米風の料理を出す店がいくつもあるので、とりあえずそうした店に行けば、それほど美味くはなくても、そこそこ予想の範囲内のものを食べられるでしょう。

せっかくの旅で、嫌な思いをしたくないという人は、多少カネはかかっても、ガイドブックが勧める有名どころのレストランを選ぶことになるだろうし、疲れたバックパッカーなら、宿の近くのツーリスト・カフェとか、英語メニューのある安食堂など、他の旅行者が行きそうなところで適当に手を打ちたいと思うのではないでしょうか。

そしてもちろん、そうすることに何も問題はありません。

ただ、もしも旅人が、何か新鮮な体験を求めていて、気力・体力にもそれなりの余裕があるのなら、角田氏のように、勘、つまり自分の直感的な判断力を信頼し、それに従ってみることで、自分では予想もしなかったような、感動的な味にめぐり会えるかもしれません。

同じことは、食事だけでなく、宿の選択とか旅先での行動、旅の目的地など、他のあらゆることについても言えるのだと思います。

もっとも、すべての旅人が、最初から彼女のようにうまくいくとは限らない、ということは知っておいた方がいいかもしれません。

角田氏の勘は、「体内でわめきたてる」というくらい、はっきりと感じられるようだし、その勘が外れることもないようですが、そこに至るまでには、長年にわたる経験を通じて、自分の勘との信頼関係を築き上げてきたのだろうと思います。

子供の頃からずっと直感に従ってきた人ならともかく、他人のアドバイスとか、ガイドブックやインターネットの情報に頼ったり、安心・安全を優先することに慣れてしまった人には、自分の直感が、そもそもどんな風に感じられるかもおぼつかないだろうし、慣れないうちは、思考・妄想と直感をとり違える、文字どおりの「勘違い」をすることもあるでしょう。

それに、いくら勘に従うといっても、角田氏が書いているように、「入りにくい店」にあえて入るのには、ちょっとした勇気も必要です。

まあ、このあたりは、外国人なら多少場違いなことをしても許されると開き直り、時には大失敗などしでかしつつ、自分の勘とその結果を検証するサイクルを繰り返すことで、勘とのつき合い方のコツを、少しずつ学んでいくしかないのでしょう。

ところで、私はといえば、食事に関して、人並み以上の勘は持ち合わせていません。

それは、旅先でおいしいものを食べたい、という気持ちがそれほど強くないからではないかという気がします。

たしかに、とんでもなくマズイとか、体に悪そうなものを食べるのは嫌ですが、腹が減っていれば、そこそこの食事で満足できてしまうので、食べることに関して、勘を磨く機会がなかったということでしょうか。

食事にしても、他のどんな分野にしても、そこにどれだけ強い欲求があるかというのが、勘を研ぎ澄ますための重要なカギなのかもしれません……。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:36, 浪人, 旅の名言〜危機と直感

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:36, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/739