このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
            
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 謹賀新年 2015 | main | 機械が垂らす「クモの糸」 >>

進化するテクノロジーと変われない人間

今年の1月から5回にわたって放映された、『NHKスペシャル NEXT WORLD』を見ました。
NHKスペシャル NEXT WORLD 私たちの未来

番組は、コンピュータによる未来予測、寿命の延長、人体のサイボーグ化、バーチャル・リアリティ、宇宙開発など、さまざまな分野の最新テクノロジーを紹介しつつ、そうした技術がさらに進んだ30年後の未来社会を描き出そうというものです。

紹介されていたテクノロジーに関しては、ネット上のニュースなどで、すでに何度か見聞きしていたものが多く、それほどの驚きはありませんでした。ただ、冷静に考えてみると、それらの技術は、数年前なら夢物語にしか聞こえなかったようなものばかりです。このところ、すごいニュースに接するのが当たり前みたいになっていて、私の感覚がマヒしているのかもしれません。

それはともかく、人工知能にせよ、サイボーグ技術やバーチャル・リアリティにせよ、それらはみな、人間の欲望を刺激し、新たなビッグ・ビジネスに育つ可能性を秘めているだけに、今後ますます多くの人々とカネを巻き込み、その結果、技術の進化はさらに加速していくことでしょう。

一方、番組では、2045年の未来社会の暮らしがミニ・ドラマ(というよりミニ・コント?)で描かれるのですが、そちらには大いに違和感を覚えました。未来世界のはずなのに、みんなぞろぞろ揃って職場に「通勤」するなど、人々の思考や行動のパターンが、妙に古くさいのです。

まあ、これについては、びっくりするようなテクノロジーを続けざまに見せられ、頭がパンクしそうな私たち視聴者に、少しはホッとできるような、ベタな人情ドラマを見せてバランスをとろうという趣向なのかもしれません。

あるいはそれは、今後30年でどれだけ技術が進歩しようと、それを使う人間の側は変わらない、というか、変わりたくてもなかなか変われない、ということなのかもしれません。

例えば、30年前の1985年あたりを振り返って、そのころを基準に現在を見れば、たしかに世界は大きく変わったし、技術革新も進みました。私たちは、インターネットという新しい世界を手に入れ、ケータイやスマホを肌身離さず持ち歩くようになったし、それによって、日常生活のパターンにもかなりの変化がありました。ただ、私たちの世界観や価値観、つまり、この世界をどんな風にとらえ、人生において、どんなことを大事だと考え、何に幸せや喜びを感じるのかという基本的な部分では、ほとんど何も変わっていないような気がします。

そう考えると、これから先の未来に関しても、ある程度は、同じようなことが言えるのではないでしょうか。

今後も、人類の中の非常に優秀な人々が、驚くような発明をし続けるだろうし、それらを新しいビジネスに育てていく人もいるでしょう。また、急速に発展しつつある人工知能やロボット技術などが、そうした動きをさらに加速していくことになるのでしょう。

しかし一方で、世の中の大多数を占めるごく普通の人々は、子供の頃に育った環境とか、学校で学んだことなど、若いころにどんな体験をしてきたかによって、世界観や価値観の大枠が固まってしまっていることが多いし、その枠を自ら乗り越えて変わっていけるような人は、とても少ないのではないかと思います。

30年後の2045年になっても、きっと、昭和生まれの人々が、まだ元気に暮らしているはずです。もしかすると、若返りのテクノロジーによって、現役バリバリで働いているかもしれません。そして、その多くは、自分が若いころに身につけた昭和的な価値観を、しっかりと守り続けているかもしれません。

もちろん、それは決して悪いことではないと思います。伝統的な価値観は、それが古いという理由だけで否定されるべきではないでしょう。

ただ、新しいテクノロジーに幼少の頃から親しみ、それがもたらす新しい可能性につねに心を開き、自らを変えていくことを厭わないような「新しい世代」の人々、その中でも特に、人類のフロンティアをどんどん押し広げ、遺伝子操作やサイボーグ化によって、生命としての人間のかたちそのものすら、どんどん変えていこうとする先鋭的な人々と、「古い世代」の人たちとの意識の断絶は、そのころになると、絶望的なまでに大きくなってしまうのではないでしょうか。

これまでの人間のあり方を、人類全体として守り続けるべきなのか、それとも、個々の人間が、自らの欲望に忠実に、多様な可能性を極限まで追い求めていくべきなのかについては、どちらがいいとか悪いとか、単純に答えを出せる問題ではないし、できることなら、さまざまな世代のあらゆる立場の人々が慎重に考え、議論すべきことなのでしょうが、すでに現時点でも、社会的な合意形成やルールの制定が現状に追いつかなくなりつつあり、いずれは、「新しい世代」の人々をコントロールし切れなくなる気がします。

世の中の多数派である、なかなか「変われない」人々と、ごく少数だけれど、非常に高い能力をもった、「変われる」、もしくは「変えてしまう」人々。その価値観の根本的な相違は、やがて、私たちの「人類」としての一体感すら失わせ、SFやアニメの世界でおなじみの「独立戦争」みたいに、立場や考え方が異なる人々の生活圏を分断して、別々の世界を生み出していくことになるのかもしれません。もしかすると、新たなテクノロジーがこの地球上のどこか、あるいは宇宙のどこかに、人間の住める新しい土地を用意し、かつてのように、狭い土地をめぐって壮絶な殺し合いをすることなく、そうした住み分けを可能にするかもしれません。

いずれにしても、「変われる」人々なら、どんな未来がやってこようと、そこに可能性や面白さを見つけ出し、それなりに楽しくやっていけるのでしょう。しかし、それが難しい人間にとっては、社会のめまぐるしい変化自体がストレスになって、せっかく長生きできても、人生をあまり楽しめないのではないかという気がします。

私も昭和生まれの一人ですが、もし30年後に生き残っていたら、未来社会を心から受け入れることができるでしょうか……。

ただ、第2回の放送で紹介されていた、「脳を柔らかくする」薬(バルプロ酸)のような研究がもっと進んで、年齢を重ねた人でも、学習能力や環境への適応力を高められる方法が見つかれば、テクノロジーの力を借りて、多くの人間が「変われる」ようになるかもしれません。

でもまあ、そのころには、映画の『三丁目の夕日』みたいな古きよき昭和の世界が、バーチャル・リアリティで完璧に再現できるようになっているはずです。時代の流れについていけず、かといって、薬を飲んでまで世の中に適応したくない「古い世代」の人々も、バーチャルな昭和時代に引きこもり、その中で昭和っぽいキャラクターの人工知能と「交流」すれば、それなりにストレスなく生きていけるようになるかもしれません……。


JUGEMテーマ:今日見たテレビの話

at 18:50, 浪人, テレビの旅

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:50, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/778