このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「裸のおじさん」の危機 | main | 『猫町』 >>

日常の非日常化と非日常の日常化

これまで、このブログの中で、旅とは非日常を味わう行為だ、みたいなことを何度も書いてきましたが、最近、日本でのごく普通の生活こそ、旅をする以上の非日常になりつつあるのかもしれない、と思うようになりました。

ここ20年ほどの、ネットの世界の爆発的な拡大と、加速するテクノロジーの進化が、この世界に新奇なモノやサービスを次々にもたらし、それらが私たちの日常を急速に変えつつあるからです。

ほんの数年前にはこの世界に全く存在しなかったモノが、気がつけば、それなしでは生活が成り立たないほど重要になっていたり、その一方で、数年前までみんなが当たり前のように使っていたモノが、いつの間にか忘れ去られていたりします。

世界に目を向ければ、ヒト・モノ・カネの流動化はとどまることなく進んでいて、かつての途上国は急速な経済発展をとげ、ビジネスの分野でも、国同士の関係も、すべてが大きく変わりつつあって、それが私たちの生活に大きな影響を与えています。

世界や日本の5年先、10年先がどうなるか、誰もはっきりとしたことは言えなくなり、昔のような、何十年も先を見越した「人生設計」など成り立たなくなってしまいました。

先が見えず、身の周りに未知の物事が増殖している環境で、それなりに平穏な生活を維持しようとすれば、こうした変化から目を背けたり拒んだりするよりも、むしろ、世の中の動きにつねに注意を払い、その変化に遅れないよう、何とかついていくしかありません。

今や、カネと手間と時間をかけてわざわざ異国に行かなくても、未知の状況とリスクに満ちた流動的な世界が、日常世界に押し寄せてきているのではないでしょうか。

それを面白いと感じるか、そうでないかは人によりけりだと思いますが、いずれにしても、私たち全員が、異世界に放り出された旅人のような状況におかれ、ふだんの生活こそが、非日常的な環境下でのサバイバルみたいになりつつあるのかもしれません。

その一方で、旅のあり方も、ここ20年ほどの間に大きく変化していて、それは、苦労や困難の中に非日常を味わうような旅から、むしろ日常生活の延長のような気楽さを求めるものになりつつあるような気がします。

今では、ネット上のさまざまなツールやクチコミ情報をうまく使いこなせば、海外への自由旅行も、かなり安全かつ快適にできるようになってきています。また、多くの旅人が、旅先でもSNSのチェックや更新をしていますが、それは、いつもの行動パターンと人間関係を、そのまま旅先に持ち込んでいるといえます。

それに加えて、旅行先で出会う現地の人々についても、私たちと同じような情報端末やアプリを使い、似たようなコンテンツを楽しんでいるし、世界中の大都市には、おなじみのファストフード店や似たようなショッピング・モールがあって、そこでは彼らも私たちも、同じようなものを食べたり、同じようなものを買ったりしています。もちろん、彼らの話す言葉は私たちとは違うし、それぞれの国や地域にはオリジナルの生活文化があるわけですが、現在世界中に浸透しつつある共通のモノやサービスは、そうした文化や生活の違いからくるお互いの心理的な壁を、急速に崩しつつあるように思います。

旅が便利で快適で安全なものになり、かつ、旅先で会う人々が、自分と似たような暮らしをしたり、同じようなことを考えているのなら、たとえ海外に行っても、日本にいる時とあまり変わらない体験が続くだけで、心から衝撃を受けたり、感動するようなことはなくなりつつあるのかもしれません。

もしも、旅人が本当の意味での非日常を味わいたいのなら、それこそ、ネットとの接続を断ち切った上で、人の住めない山奥や荒野にでも分け入ったり、社会秩序の崩壊した紛争地帯に潜入したりするなどして、この地球を覆い尽くす経済的・社会的なシステムの外側に出て行くしかないだろうし、だとすればそれは、普通の人間にとっては、あまりにもハードルが高いのではないでしょうか。

ただ、これらの状況をどうとらえるかは、人それぞれなのだと思います。

本当の非日常は「システム」の外にしかないと考えて、それを味わうために、あえて危険な場所に足を踏み入れていく人もいれば、非日常なんかよりも、便利で快適で安全な旅を楽しめるなら、それで充分だという人もいるでしょう。あるいは、ふだんの生活自体が非日常化しつつあるなら、わざわざ海外に出る必要なんてない、毎日普通に生きるだけで面白いという人もいるかもしれません。

また、物事に対する感受性も人それぞれです。どんなに気楽で安全な旅行だとしても、そこにさまざまな発見や感動の余地を見出せる人はいるだろうし、逆に、日常生活がどんな変化に見舞われようと、周囲の状況に鈍感であれば、何も感じ取ることはできないでしょう。

それに、かつては非日常だったものが日常になり、かつての日常が非日常になりつつあるのだとしても、それは、歳を重ねた人間が、過去と現在とを比較して、相対的な変化を感じているだけの話です。若い人々にとっては、今ここで生きている現実がすべてであって、日常は日常以外の何物でもなく、旅もまた、充分に非日常であり続けているのかもしれません。

そう考えると、日常だ、非日常だとあれこれ考えて、何か結論らしきものを出したところで、それは各人の感覚や価値観や、置かれている立場の違いによってバラバラだろうし、そこには個人的な意味しかないような気もします。

それでも、ついこうした余計なことを考えてしまうのは、世界の変化の激しさや先が見えないことに、私自身が不安を感じていて、目の前の状況に、自分なりの意味を見出したいからなのでしょう。

もしも、このめまぐるしい変化の中に、不安だけでなく、それ以上に、新鮮さや、未来への期待や、尽きない面白さを感じ取ることができるなら、これから先もずっと続く、日常という長い旅を楽しむことができるのかもしれません。


JUGEMテーマ:旅行

at 18:53, 浪人, 地上の旅〜旅全般

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:53, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/789