このブログ内を検索
新しい記事
記事のカテゴリー
                
smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
過去の記事
プロフィール
            
コメント
トラックバック
sponsored links
携帯
qrcode
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 「機械の目」で見る社会 | main | 日本人のフリ >>

地球特派員たちのレポート

先日、「Astronaut.io」という、ちょっと変わったサイトがあるのを知りました。

 

「閲覧数ゼロのYouTube動画」と「宇宙」の織りなすファンタジー WIRED

 

衛星軌道から見た地球の風景をバックに、YouTube から集められた地味な映像が、次々に切り替わりながら延々と流れ続けるというものです。

 

サイトの製作者は、あえて人目をひかないような映像を選び出す工夫をしているようで、実際に見てみると、そのほとんどは、子供の発表会や何かのセレモニーの記録とか、どこにでもいそうな普通のペットの動画とか、殺風景な部屋の中での自撮りみたいな、部外者にとっては面白みのないものばかりです。

 

それに、撮影された国も、話されている言語も千差万別で、しかも10秒もしないうちにどんどん次の映像に移っていくので、そもそも何を撮っているのかさえ分からないものもけっこうあります。

 

最初のうちは、見知らぬ人の私生活を覗いてしまったような落ち着かない気持ちになりますが、そのまま映像をボーっと眺め続けていると、そういう感覚はしだいに薄れ、そのうちに、何だか切ないような、不思議な感情がじわじわと湧いてくる感じがします。

 

そしてそれは、異国でローカルバスに乗り、窓の外を流れていく路上の風景をぼんやり眺めているときの感覚に似ています。

 

ただ、サイトの製作者は、そういう漠然とした旅情みたいなものよりも、宇宙飛行士が宇宙から地球を見渡すことで、ローカルな価値観に囚われた自分をはるかに超えて、地球全体や人類に対する強い慈しみの気持ちを抱いたり、争いの虚しさに気づき、その後の意識や行動に変化が生まれるという、いわゆる「概観効果(オーバービュー・エフェクト)」のようなものを生み出すことを狙っているようです。

 

果たして、それが成功しているかどうかは、私も宇宙に行ったことがないのでよく分かりませんが……。

 

それはともかく、「Astronaut.io」を見ているうちに、ふと、それらの映像を撮影した人たちは、いや、それらに限らず、YouTube や他の動画共有サイトにアップロードされたすべての映像を撮った人たちはみな、どこからか地球に派遣された特派員で、それぞれの映像は、業務の一環として、彼らが報告すべきと感じた出来事をまとめたレポートなのかも……という妄想が浮かんできました。

 

というか、私たち人類は全員、はるかかなたのどこかの星から送り込まれたレポーターで、何らかの理由で、自分が生まれた星のことも、仕事をする上でのさまざまな知識も、レポートを上手くまとめるテクニックもすっかり忘れてしまっているものの、なぜか、気になったことを誰かに報告しなければならないという義務感だけは、ぼんやり覚えているのかもしれません。

 

そして、自分がこの地球という星の上でなんとかサバイバルし、日々の生活の中で心を惹かれたこと、記録せずにはいられなかった出来事をまとめて、どこにいるのか、誰なのかも分からない自分たちの「ボス」に向けて、自分なりのレポートを提出しようとしているのかもしれません。

 

この地球がどんな星で、この星の上で生きるとはどんな感じなのかを……。

 

そんな妄想上の設定をふまえて、あらためてネットの世界を見てみると、YouTube とか Twitter のようなサイトには、そんなレポートが絶え間なく提出され続けているわけで、自分が今、そうした膨大な報告のごくごく一部を眺めているにすぎないと思うと、何だか気が遠くなるような感じがするし、日々せっせと何かをレポートせずにはいられない私の「同僚」の特派員たちに、温かい思いが湧いてくるような気がします。

 

もっとも、特派員たちは、自分が何のためにそれをやっているのか、本当の目的が分かっているわけではないし、中には、使命を忘れるどころか、混乱のあまり、この星のあちこちで、仲間同士で命がけのケンカをしたり、レポートの内容をめぐって炎上騒ぎを起こしたりする「同僚」たちもいるわけですが……。

 

 


ところで、話は変わりますが、2006年にこのブログを始めてから、今月で11年になりました。

 

これまで、記事を読んでくださった皆様に、心よりお礼申しあげます。

 

どうもありがとうございました。

 

これからも、このブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

JUGEMテーマ:インターネット

at 19:14, 浪人, ネットの旅

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:14, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://ronin.jugem.jp/trackback/804